ここから本文です

書庫琉球の石畳

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1
比屋根坂(ひやごんびら)石畳道を歩いてみました。
眺めがよさそ〜な丘へ続く道・・
ごきげんに歩いていたら・・
やはり、、やや歩きずらい、わくわくな石畳道〜♪

首里王府時代の北部と中、南部を結ぶ主要道路であった・・歴史の道。
イメージ 3

イメージ 7

イメージ 4
のぼりきったところは ひろびろ〜♪
眺めがとてもいーーぃ・・です。

イメージ 2

イメージ 5
沖縄の冬、も 日傘は欠かせませぬ。

先史時代からの・・遺跡、仲泊遺跡のところにあります。

野嵩石畳道を歩く

そこに道があるから 歩きたい。。
歴史ある石畳、歩きたくなりますね〜
今日もいいお天気で。
イメージ 1
沖縄では、日傘は欠かせません・・・
日焼け止めクリームがあまり使えない身なもので・・・

沖縄でのお散歩も真夏まっさかりにいろいろとまわってて。
日傘あれど もう日焼けしっぱなしで・・
来週 飛行機で内地に行くのが ちょっと気になり・・。
お顔・・・下むいてそう・・
イメージ 3
野嵩石畳道(のだけいしだたみみち)

宜野湾市にあります。
18世紀後半  薩摩藩調整図により確認されてる?
いやいや 500年ほど前にすでにあった・・
ともいわれています。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
意識は時空を超えて・・
楽しめます
イメージ 2


イメージ 1
石畳、足の裏で その歴史を感じるのが好き・・。
まだまだ石畳巡りも続きそうです。
首里城近く、もうひとつの石畳
崎山公園から金城ダムへと
ヒジガービラ(ヒジ川坂)を歩いてみよう。

途中は 道がわからなくなって 
工事現場のおじさんに聞いて
「あそこは 難しいなぁ 歩けるかなぁ・・」
「うん、大丈夫だよ 行ってみる・・」。
「そこまっすぐ行って また途中で聞いてみるといいよ」と。

しばらく歩いてて
近くの商店でまた聞いてみた
「あそこは無理だよ 危ないよ」って。
「えっと あぶない?とは。 こわい人がいる?」
「いや・・道になってないから・・歩けないよ」」
「あっ 足元ね・・それは大丈夫 
いろんな道を歩いてきているから・・
運動靴だし・・・」と強気・・笑
道順教えてもらえた・・
イメージ 2
よかった・・。
いざ 歩きます。
なかなかワイルドな石畳。
雨あがりでなくってホントーによかった。
横ななめに(水平ではない)傾斜する坂道・・
ぼっこぼこになっている石畳・・
まわりの植物が ジャングル化して 
その根っこが 石畳の石を持ち上げてしまっているところもありますね。
つっかからないように・・・転ばないように・・・
イメージ 3
えっと 誰もいない・・すれ違いもしない・・ううむ。
心ぼそーーい・・
まったくの集落はなし・・
森の中の石畳を下り、、歩きつづける・・
まっ 人里離れて?森の生活25年してきてたので・・
その空気感はなれっこですが・・。
なんにも地図持たずにきちゃったから・
この先に何があるのか・・ふあーーーん・・
帰りは?
この急な くだり道をまた元にもどっていくのもたいへーーーん・・。
イメージ 4
向こうに明かりがさしてきた・・。ほっ。
国道に出れました。
道路渡り そこは金城ダムあたり。
イメージ 6

そこから まだまだ続く石畳。
イメージ 5
石畳つづく石のアーチ橋の遺跡↑は 草で埋もれていたけれど・・

その向こうには 識名園があるのでした。
ここからの石畳は 保存のため  土に埋もれているそうです。
「なぜに?」
イメージ 7
首里城から識名園へ通ずる石畳ですね・・
琉球時代に想いを馳せます・・。
金城の石畳と長さ変わらないかと思うけれど 誰にもあわない分
人家もなく ながーく感じます。
長いです。
たのしすぎ。
16世紀頃のものだそうで。
国道に出れて ほっ。
イメージ 8
近くのカフェで おいしいチョコケーキを食べて涼みました。

帰りは 別の通りから 首里駅に向かえました。
もどってきたら・・あの工事のおじさんが まだいました。
「おっ・・無事だったか 行けたのかぁ?」と。。
「うん 金城ダムまで行けた。とーっても楽しかったよ アリガト
楽しい刺激的なお散歩でした。


小禄の石畳

イメージ 1
さぁ 歩きましょう
自宅近くにも!! 
琉球王朝時代からの石畳が残っているのです・・。
昔むか〜し 使われていた道。
港から首里城へと続く、、その一片がここにある・・
まずは・・石畳の記憶を足の裏で感じてから
お散歩開始です
イメージ 2
むむっ 上を見ると なんと マンゴーがなっています・
食べごろかも〜
とってはいけません・・よそのお宅のものですから・・
高価なマンゴーが 道端にある・・
気になる〜
イメージ 3
今回の沖縄見にminiツアーは・・なんと
てくてく歩きツアーでした。
ドライブツアーしていますが・・
今回は 車なし♪

私の住む小禄(おろく)地域には・・
いろいろな史跡、聖地がたくさんあります。
それもほぼ 徒歩圏内にあり 実際に歩いてみると・・
こんなふうに 自宅から眺めると・・
私にとっては 放射状に配置されてて興味深い・・
(今回むかって歩いてみたのは★印 赤丸が自宅)
イメージ 4
そんなお話していたら ぜひ 歩きたいと
テクテクツアーになりました。
朝9.30に出発・・夕方4時までずっと 歩きです♪
★印のところ、全部ご案内〜
歩数では3万歩いきましたヨ。
おもしろかったですね〜・・

とてもいいお天気・・
気温32度ありましたが・
ときおり 吹く風がここちよくて 完走?できました。
飛行機での日帰り来沖でしたので 
ちょっと心配しましたが・
大丈夫だったようです・・ほっ


・・・


首里金城町の石畳

イメージ 1
沖縄の石畳といえば・・首里にある 首里金城町の石畳ですよね。
「きんじょうちょう」と読みます。
私の住んでいるところは 「かなぐすく」といいます。
同じ那覇市内なのに 字が一緒、
「金城・・・」なのですが・おまちがえなく・・
けっこう郵便物も きんじょうちょうに
行ってしまい 迷子になることあったりします〜

日本の道100選に選ばれてます。
昔ながらの赤瓦の家もあり 
とにかく今もきちんと生活の中で使われている集落。
両脇には 家並みが続きます。
イメージ 2
この急坂を行ききしている人々
途中休憩しつつ 登っている日常な人々とすれ違います。
毎日のこと大変です・・と思う・・。
ななめに傾斜している階段のような坂道。
たくさんの人の足跡で つるつるとしている石。
雨が降ると 滑ってとても危険。
今もなお 白く輝く石畳 
こうして保存、保護がきれいにされていることが 
素晴らしいと思います。
16世紀の遺跡です。


・・・

セラピー体験談up
「羅針盤ワーク」
あぁ、、ほんまに・・勉強になりました。

・・・

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事