全体表示

[ リスト ]

肘の矯正

肘の矯正の話です。

これも私が、島津兼治師の研修会に参加していた時の話です。
島津先生は、良く研修会の中で、どこそこが痛いよいう参加者に、「どれ、そこに寝てみろ。」とおっしゃって、ちょちょっと治してくださいました。
その実際に身体の歪みがある生徒を、目の前で治療してしまう島津先生の「実演」が一番我々の勉強になりました。
ある参加した研修会で、私の肘が痛かったことをいいことに、「先生、先生、肘が痛いんです。」と、おねだりをしたことがありました。尺骨側の(小指側の)肘がなぜか分からないけど痛かったのです。
「ん〜」
と、面倒くさそうに私の肘を見ると、おもむろに左手で私の上腕を掴み、右手で私の手首を掴み、「グイッ」と肘を引っ張りました。
「んぎゃぁあ」
それで終わりでした。
そうしたら、あら不思議、肘は痛くなくなっていました。
「何でですか?何でですか?」
と尋ねましたら、
「肘のスジがひっかかっていたんだよ。」
とのことでした。
肘は、上腕骨に尖った部分があり、そこに上腕から前腕に通るスジが引っかかるそうです。その引っ掛かりを外すように捻りを加えながら引っ張るのです。
この、上腕骨の尖った部分は橈骨側にも尺骨側にもあり、どちらも引っかかることがあります。それが、「ゴルフ肘」や「テニス肘」になっているようです。






閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事