過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

のし(筋膜の破れ)

のしの話です。

島津先生が手首の痛い人を施術した話の続きです。
島津先生は、手首が痛むという研修参加者に、スジを戻す施術をした後に、手首の甲から上腕にかけて拇指で擦り上げる施術をしていました。

「これ、のしって言うんだよ。」 とおっしゃっていました。

「延し」といって、そばを平ったく伸ばす作業のことなのですが、拇指で擦り上げるのがそばを伸ばす延しににているからそういう名前がついたのだとか。

これは、皮膚の下にある筋膜の破れを、擦り上げることでジップロックするように破れた筋膜を塞いでしまう技だそうです。

ただ、これはやわら療術の奥義のようで、何をアプローチしているのかはこの時は教えてもらえず、傍から見ていた我々は「スジを引き伸ばしているのだろう。」と思っていました。

島津先生は、よく 「口伝一秒と言って、その口伝を受けて技の原理を知れば、一秒で出来ちゃうんだよ。だけどその口伝を受けなければ、いくら見て盗もうったって盗めないんだ。」 とおっしゃっていました。







開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事