ここから本文です

コミュニケーション「かわら版」

書庫コミュニケーションの秘訣

すべて表示

私たちの心は、考え・感情・行動・生理機能と密接に関係しています。

心が否定的な状態になっていると、身体も元気がなくなります。

否定的な状態がずっと続くと、胃やお腹が痛くなったり、セキが出て止まらなくなったり、皮膚の状態が悪くなったりします。

日本では昔から「心身一如」ということばがあるように、心と体は2つに分かれて存在しているわけではありません。

イメージ 1

失感情症、失体感症という言葉もあります。

感情を感じられない、身体の調子が悪いのに感じない・・・・・・

無意識にそれらを無視してしまうパターンはありませんか?

知識や思考に走りがちな方は要注意です。

例えば「胃」が痛いとき、胃は何と言っているのでしょう?

今の状況が辛いと言っているのかもしれません。

焦りがあるのに、それをそのままにしているのかもしれません。

そんな「こころの声」「からだの声」に注意を向けて、気づきを深めていく方法に「ゲシュタルト療法」というものがあります。

フリッツ・パールズという心理療法家が作って活用していました。

今では、カウンセリングでもよく使われています。

ただ、そのような特別な場面でなくとも、自分自身で「こころの声」「からだの声」を聞くことは可能です。

また、心を静かにする方法として、今は「瞑想」も注目されています。

7月から毎月、平日に1回、土日に1回「神戸ジョイフル瞑想会」を行います。

詳しくは下記URLからご覧ください。
http://www.coapa.jp/semi/joyfull_meditation.html







本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事