あわてんぼママのノンビリ日記

漫画大好きなオタクママが、7歳の娘と一緒に、いろんな場所に遊びに行きます(^^)

今年もハロウィン用の衣裳をCCさくらのコスプレにしたり、ハガレン衣裳を作ったり、充実してました。
珍しい体験ができるワークショップにもいっぱい参加して、写真もたっぷりたまっちゃったよ〜。
これ、1枚1枚プリントアウトして整理するの、大変そう。
そろそろフォトブックとかでまとめちゃうのもイイかもね!!(^▽^)/

https://monipla.jp/bl_rd/iid-7261605405a0d5e7d4e7c0/m-55aa8780f3969/k-0/s-0/

肝付兼太さんのこと ケータイ投稿記事

また偉大な声優さんが一人、この世を後になさいました。
とても優しくて気さくな方でいらっしゃいました。

娘は数年前に『トムとジェリー』にはまっていた時期がありまして、その事をお話ししたら、娘にトムの声でお話ししてくれて、トムのイラストの入った名刺をくださいました。

あの優しい笑顔を、娘にもずっと覚えていて欲しいです。

娘の裏技に驚愕(@_@) ケータイ投稿記事

相変わらず『たまごっち』のおかげで、寝起きの良い娘ですが、母の知らぬ間に、なかなかの裏技を発見しておりました。

日中の8時〜17時まではパパママのお家か公園にあるプレイルームに預けられるので安心なたまごっち。
とはいえ17時以降は寝付くまで面倒を見なければならないので、娘のお風呂タイムなどは、私がお世話を命じられます。
それでふと『たまごっち』の時間を見たりすると、とんでもない時間になってたりすることが。
直しても直してもズレる時間。
もしや故障!?と思いつつも、娘に心当たりがないか尋ねてみると…

娘が時間を狂わせた張本人でありました(^_^;)

遊びに集中したい時にお世話を気にしなくてもいいように、時間をずらしてパパママに預けられるようにしていたそうです。

その手があったか…………(;´д⊂)

そんな知恵ばっかりついてくるのはどうしたもんだか。
その創意工夫する心が良いことに向かうことを願ってやまない母なのでありました。

キラチャレ二次予選 ケータイ投稿記事

チャレンジ好きの娘が、昨日のキラチャレに参加しまして、一次予選を通過しちゃいました( ; ゜Д゜)

キラチャレというのは、avexさんによる新人キッズ発掘オーディションです。
書類審査もなく、誰でも気軽に参加できるので、町内会のカラオケ大会に参加するような感覚で、お気楽にエントリーしちゃってました。
歌部門の他に、エンタメ各種とかダンスとかあり、モデル部門には結構な美少女ちゃんも参加しているので、バズーカなカメラをぶらさげたお兄さんたちもチラホラいらっしゃいました(笑)

そんなこんなで、我が子レベルが、まさか通ると思ってなかったんで、1曲しか考えてなくて、慌ててカラオケ屋さんに行って、歌詞を見なくても歌える曲の確認をしてきました。
ちょっと不安定な所はありますが、娘が楽しんでいるんで、良しとしましょう(笑)

てな訳で、今日も再びオーディション会場に向かうのであります☆

…、しかしウチの子、親バカを差し引いたら、出来が悪いチームに入ってるレベルで、他のお子さんと比べても『特技』と言える物も無いんですが、気が付くと、ちょこちょこ賞をいただいてたりするんで、幸運だけは人より多目に持ってるかも(*´∇`*)
さて、『Tamagotchi m!x』が我が家にきてから1週間になろうとしていますが、娘に意外な効果が表れております。
それは

朝、キチンと起きられるようになった。

なんだ、普通じゃん。と思われるかもしれませんが、ウチの娘は、朝、キチンと起きるのが苦手で、何度呼んでもなかなか布団から出てこない子だったんですね。
そんな子が
「たまごっちのお世話をしなくていいの?」
と一声かけただけで、パッと布団から出てこられるようになったんですよ。
飽きるまでの一過性のものだとは思いますが、これは私にとってはすごい事なんですよ。
朝の忙しい時間に、子供が手間いらずで起きてくれるから、本当に楽になりました。

『Tamagotchi m!x』ありがとう!!!!
なるべく子供が飽きない様に、頑張ってくれ〜〜〜〜〜〜!!!!
コンテスト好きの娘が、またまた応募していたコンテストに入賞しました。
賞品は、なんと『Tamagotchi m!x』。

よく遊ぶお友達が持っていて、通信しあっているのを、以前から羨ましく思っていたようなのですが、母としては、携帯ゲームに夢中になったら、他の事が疎かになるかもと、買い与える事はしませんでした。
まぁ、自分もダンナも趣味にのめり込んじゃうタイプなので、娘にも確実にその血は流れていますからね〜。
キチンと読書をしたり、外遊びをしたり、バランスが良くなって、その上で選択肢の一つにのっけるならいいんですが、まだまだそこだけに夢中になられても困るかナ〜と。

ただ、賞品として、自分の努力で勝ち取るなら、そこには文句は言えないので、頑張りなさいと応援していたら、本当に勝ち取っちゃいましたから、ビックリですね。
娘の執念、恐るべし・・・。

しかし、このゲーム、やってみると手間がかかる!
なんかね、卵から赤ちゃんが生まれて、世話しないと死んじゃうんですよ!ゲームなのに!
しょっちゅうお腹を空かしたり、病気になったり、お漏らししたりして、目が離せない。
流石に子供向けのオモチャなので、8時〜5時までは保育園に預けることができて、その間は他の事をやっていられるし、夜も寝ついてくれれば、朝、目を覚ますまでは放置しておいても問題ないようですが・・・。

娘も、せっかく授かった子供を死なすわけにはいかない、と、必死にお世話しております。
そして今朝の一言。

「母親って大変なんだよ・・・。」

ホントだよ!ようやくわかってくれたか!
っていうか、君の大変さは、ホントの母親の100分の一、千分の一にも満たないけどね

よく「子を持って初めて知る親の恩」なんて言いますが、我が娘も、ゲームでかすかにではありますが、そんな感じを味わいつつあるようです。
最近、玩具でもお菓子でも、やたらに「知育」という言葉を掲げて、意識高い系のママさんたちの購買意欲に訴えかけてるようですが、『Tamagotchi m!x』も立派に「知育玩具」として売り出せますね〜(笑)

[KISS YOU]という、マイナスイオンを発生させて歯垢を剥がす歯ブラシをいただきました〜。
実際使ってみると、ブラシも柔らかくていい感じ。
コンパクトタイプは娘に使わせてます。
こういう歯ブラシって、あんまり子供用は売ってないので、小さいサイズがあるのはいいですね。
我が家は洗面所と浴室が一緒なので、乾電池やコードを使うような電動歯ブラシは使えないので、この「握るとマイナスイオンが発生する」というのは、なんか安心感があっていいですね。
今後も使っていきたいです。
「ダンボール自動販売機を作ろう!考えよう!コンテスト」のアイデアコースで娘ちゃんが入賞しました。やったね。
ウチの娘ちゃんは、絵を描くのもそこそこ好きなので、機会があれば&気が向けば、ちっちゃなコンテストに参加させてます。
この「気が向けば」というのは結構重要ね。
コンテスト用の紙のサイズというのは色々違ったりするので、必要なサイズだったり、投稿用紙だったりを置いておいて、「やりたいな〜」と思ったら、好きに書かせます。
で、その中で、本人が「これは送って」と思う物を提出するようにしてます。
割と参加人数が少ない物や受賞人数が多い物を狙うと、そこそこの確率で受賞できるので、本人も自信がついたり、やる気が出たりするみたいです。
そろそろ作文とかのコンテストにも参加出来るようになるといいんですけど、文章をかくのはまだまだ苦手みたいです。
何事も経験ですから、これからも色々チャレンジさせてあげたいな〜。
『永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート』に行って来ました。
「いやはや南友」「おいら女蛮」「キューティーハニー」「魔女っ子チックル」といった永井豪作品が大好きだったので、先日のAJFでの堀江美都子サマの「魔女っ子チックル」の歌を聞いて、キュンキュンしまくってきたばかりだったのですが、今回は「オーケストラ」ということで、そういうストレートな表現ではない楽しみ方を期待して、ワクワクしておりました。

とはいえ「オーケストラ」。
ちょっと、いつものライヴとは違い、敷居が高い感じですよね。
普段着でいいのかしら。子供連れでもいいかしら・・・。

でも実際のコンサートは、永井先生の作品世界そのものの、おもちゃ箱のような「なんでもあり」な雰囲気で、本当に楽しかったデス。
オーケストラの音を堪能し、キューティハニーに扮するダンサーさん達のダンスに目を奪われ、デビルマンの戦いに息を飲み、そして、最後に圧巻の水木一郎氏によるライヴ。

こんな風にオーケストラを楽しめるのなら、小さなお子さんたちも、そのお母さんにも嬉しいですね。
オーケストラの音楽を身近に感じられた一日でした。
「【フォトブック​体験会】ココアルクイックを体験しよう!」というイベントに参加してきました。
「ココアルクイック」というのは、「一太郎」や「楽々はがき」というソフトなどで有名なジャストシステムさんが開発しているフォトアルバム作成システムの名前です。
以前にも体験をさせていただいて、その使いやすさに感動しつつも、「あれが欲しい」「これが欲しい」」とユーザーからの我儘をいっぱい言わせていただいてまして、今回、その改良版ということで、その進化にビックリしてきました。
ソフトそのものは既に公開されていて、誰でも無料でダウンロードして使えるようになっているんですが、毎月、少しずつ改良を重ねているんだそうです。
これからもっともっと便利になっていくんだと思うと、フォトブックで子供の成長記録を残しておきたいタイプの親としましては、ワクワクしちゃいます。

私もダンナも写真を撮るのが好きで、一緒にお出かけする時でも、お互いにマイカメラ持参で、それぞれがバシャバシャと撮りまくってたりするんです。
娘もカメラ大好きで、もうちょっと小さい頃は、ポラロイド社さんの安いデジカメを持たせていたんですが、画素数とか低いんで、最近はもっぱら私のを使っています。
そんな感じなので、下手すると、1回のお出かけで100枚以上の写真を撮ることもあったりして、すぐにデータがいっぱいになってしまうんで、結構マメにパソコンにコピーして、ファイル名を日付+ナンバリングにして、保存しつつ、DVDにもコピーして、お気に入りはプリントアウトして、整理してるんです。
それとは別に、娘の誕生日なんかにあわせた特別なお出かけの時なんかは、後になって何度も見返せるようにフォトブックにしています。

で、今回体験させていただいた、この「ココアルクイック」は、横幅の広いワイド版と、正方形のスクエア版がありまして、凄いのは、このワイド版!見開きにすると56cmの長さになるので、生まれたばかりの赤ちゃんなら、ほぼ原寸大の写真が印刷できるんですよ。
これ、凄くないですか?
赤ちゃんの手形、足形と一緒に、ゼヒ作りたいアイテムですよね〜〜〜〜〜〜。
より良い写真を自動的にピックアップして、レイアウトも自動的にやってくれちゃうので、写真はいっぱいあるけど、本を作るのは苦手〜、なんていう方にもお薦めです。
もちろん、こだわりで構成したい人間なら一からレイアウトもできますし、「楽々はがき」のジャストシステムさんならではの、豊富なパーツやレタリングなどなど、あれこれ工夫ができて、1冊作るだけでも、すっごく楽しいです。

用意されたレイアウトの中には、40人程度のクラス向けの物なんかも用意されているので、ちょっと小さめの幼稚園の卒園アルバムにも十分使えそうです。
ハードカバーだし、化粧箱も可愛いので、記念品としても、他の会社のフォトアルバムよりかなり豪華な感じがします。

フォトアルバム作り、ハマっちゃいそうです(;^ω^)

詳細はこちら↓

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事