例年10月、11月頃に出るハタケシメジです。

意外と身近な場所に出たりします。

同じ場所に春にも出ます。



イメージ 1




イメージ 2



イメージ 3



上の3枚とも、ハタケシメジです。

沢山出るときには、3枚目の写真のように

大きな株で出ます。



それから、アズキの原種と言われている

ヤブツルアズキ・・・

自然の中で、ひっそりと実を付けています。

アズキの1/4程度の大きさしかありませんが、

なぜだかミョ〜に惹かれるんですよね(笑)


イメージ 4

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2018.09.21釣行


久しぶりの平日休み、もうそろそろ栗も爆発しているんでは? 

と期待して朝7時半に出発し栗拾い・・・

競合が多いポイントですが、時期ですね〜

それなりの量を確保 

栗は家内もよろこんでくれます 


イメージ 1



時に9時40分。

折角の休日、栗拾いだけではもったいない・・・

今から帰って準備すれば、13時には浮かべるな・・・ということで

アオリイカ一本にしぼり浮かぶことにしました。

風は適度に吹き、シーアンカーで流せばちょうどいい感じです。


肝心のアタリは、爆釣とはいきませんが

ポロッ・・・  ポロッ・・・  と拾い釣り

合わせても、さほど重量感がなく、なかなかビシッ・・・と決まらず

直ぐ浮いてしまうようなアタリが多いものの

たまに多少、比較的型の良いのも混じる感じですが

それなりに楽しめました 


イメージ 2


この記事に

開く コメント(7)

近況ご報告


みなさん、こんにちは〜

本当に、本当にご無沙汰です。
いや〜 実質1年ぶりの投稿になります。

今年のボート釣りは何と1回、約2時間程度 出撃したのみで

最近はロッドの代わりにスコップを握る日々が続いております Σ(-∀-;)


2月の中ごろからごそごそし始め、育苗し
イメージ 1

イメージ 2


最初はじゃがいも(レッドムーン)で畑デビューし、ご近所のじいさんばあさんの仲間入り。

葉物野菜を中心に、ハツカダイコン、中カブ、キャベツ、カーボロネロ、ターツァイ、ツケナ、ホウレンソウ、春菊、ミズナ、トマトを栽培

続いてエダマメ、トウモロコシ、大根、ニンジン、サンチュ、キュウリ、バジル、ルッコラ、ビーツ

更には、モロヘイヤ、甘長トウガラシ、パラペーニョ、金ゴマ、鷹の爪、メロンなど、家のじいさんが作っているものとガチンコしないように栽培してきました。

イメージ 4


チマサンチュ、枝豆(おつな姫)、トマト(ボンジョールノ)、オクラ、赤オクラ
イメージ 5


キューリ (フリーダム)
イメージ 6


あ〜ぁ、畑の写真がほとんどないけど

ま〜ぁ、やればそれなりに出来るもんだね〜 (*゚ω゚)ノ





一通り収穫の終わったものも多数ありますが、現在の状況は・・・

売れ残りのかぼちゃ苗に占拠されたビニールハウス
イメージ 3


抑制栽培のかぼちゃは、炎天下に耐えるため遮光ネット内で育ち
昨日、ネットを外したため弱っち〜です。    (品種は「雪化粧」と「ほっこり133」)
イメージ 7

こちらも瀕死のアズキ (丹波大納言)
イメージ 8


イメージ 9


パラペーニョ
イメージ 10


金ゴマ
イメージ 11


黒大豆
イメージ 25

イメージ 12


食べたメロンから種を撒いた・・・ これも昨日まで遮光ネットの中でヒョロヒョロ
イメージ 13


抑制栽培 第2段のトウモロコシ(ゴールドラッシュ90) 
イメージ 14


抑制栽培 第1段のトウモロコシ(おおもの) 
イメージ 15


モロヘイヤ
イメージ 16


甘長とうがらし (百均で2袋100円の種) ・・・ とっても沢山なります。
イメージ 17


ごぼう (三年子滝の川)
イメージ 18


さつまいも ( 金時 と パープルスイートロード )      ・・・ かなり遅くに植えました。
イメージ 19


その他、敷地の空き地に・・・メロン  これも食べたやつ(笑)
イメージ 20


鷹の爪、トウモロコシ、枝豆、キャベツ(あまうま、ルビーボールSP、超大球)など
イメージ 21


ツルなしインゲンなど
イメージ 22



いよいよ秋作に取り掛からねば・・・



しか〜し、今、興味は野菜から果樹へと心変わりしつつあって

ホームセンターを回る毎日・・・

イメージ 23


イメージ 24

手前から
梅(南高梅、白加賀) 、柿(次郎、禅寺丸)
イチジク(ドーフィン、ヨルダン、バナーネ、ホワイトゼノア、ビオレソリエス)
大実ゆず、デコポン
ぶどう(ピオーネ)

今日もキンカンを追加してしまった(爆)

まだまだ、レモン、スダチ、プルーンなどなど・・・欲しいものがいっぱい ( ゚ ω ゚ ) ! !


もう一月もすると栗拾いが始まるし・・・

何時、釣りに行けるやら?

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

再掲載

私の鯛カブラの作り方などを書いてみます。
 
皆さん綺麗に作られているので公開するほどのものではないんですが、私と同様に市販の鯛カブラを買うのに
ちょっと躊躇してしまう金欠病のあなたの為に公開します(笑)
 
◆今回用意したもの
 
イメージ 1
 
 ①鯛玉オモリ20号 14ヶ入り        760円
 ②ゴムスカート                 252円
 ③パワーフレックス組糸(90LB) 5M    567円
 ④針 真鯛王 銀 13号 (10本入)   237円  
 
 その他   ・あゆ・チヌ用 セキ糸
         ・アロンアルファ
 
◆フック部分
 
 まず、5mある組糸を21cm程度で切ります。 これで24個分は取れます。
  ※初めて作る場合は、もう少し長い方が作り易いです。
 
イメージ 9
 
続いて、これを約半分に折り、輪の部分が3.5cm程度になるように一度結びます。
※追記、輪の部分が3.5㎝と当時は書いていますが、もう少し長めの方が作り易いです。
 この輪の部分を長くしようとすれば、その分、長さが必要になります。

※組糸の長さ及び輪の長さも、オモリ20号を基準にしていますので、オモリの号数に応じて調整が必要です。
この時、針の位置に段差をつけたい場合は、その分を考慮しておきます。
 
イメージ 10
 
ここからはアシストフックを作る時の要領でやります。
結びに全く自信がないので、こんな感じて組糸に針を通し、セキ糸でグルグル巻きにします。
 
イメージ 11
 
セキ糸で締め付けながら巻いた後、瞬間接着剤で止めます。
出来るとこんな感じ
 
イメージ 12
 
◆ネクタイ部分
 
市販のゴムスカートを広げるとこんな感じ
イメージ 2
これを二本ずつ、切り分けていきます。
一つのカブラを作るのに、この二本組を3つ使用します。 この1枚で6個分は取れます。
 
イメージ 3
切り分けたゴムスカート3つを綺麗に重ね合わせて、不要な部分を切っていきます。
まず、頭の部分を切ります。
 
イメージ 4
 
続いて、ネクタイの安定をよくするために、スペード型に切ります。
この先端がオモリの穴に入ります。
 
イメージ 5
 
◆組み立て
 
先に作ったフックの輪をまたぐように、これを通します。
 
イメージ 6
 
後は、これをオモリに通して、爪楊枝で固定します。
爪楊枝を差し込んで、仮止めし、12mm程度上の所で折ります。
この時の止め方で、カブラのスタイルが決まるので、お好みで調整してください。
調整は輪の右または左を引っ張ることで調整します。
 
イメージ 7
 
 
最後に折った爪楊枝を打ち込んで完成!
 
イメージ 8
 
シリコンラバーは使用しませんので、見た目の派手さはありませんし、オモリ部分に塗装もしません。
なんか貧乏くさいな〜と心配のあなた!   大丈夫、ちゃんと釣れます(笑)
 
これ1個作るのに、大体170円くらいで作れます。 (※追記、もっと安くできます)
また、組糸をシーハンターにするとか、針も安く仕入れればまだ安くなりますよね〜 大して変わらんけど(笑)
また、オモリは再生できますので、経済的です。  ほとんどロストすることはありません。
 
一日の釣りでこのカブラを2〜3個使用します。
どうしても針先が鈍ってくるので、交換するためです。 カラーのローテーションは特に考えていません。
極端に言えば、オレンジ一色で十分な気もしますが、シビアな釣りをされている方と同船して比較したことがない
ので、実際には判らないというのが本当のところです。
 
 

この記事に

開く コメント(8)

近況ご報告


みなさん、こんちは

って、どんだけ久しぶりだよ・・・ ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

大変ご無沙汰しております!

まぁ、諸事情があってご無沙汰してた訳なんですが
こんな更新されないブログに、間違ってか? 数名の方が
毎日訪問されているわけで、誠に申し訳けない限りです <(_ _)>


でも更新しない一番の理由は、釣りに対する情熱というか思いの強さが
依然と比べるとね〜 ・・・ というのが本音のところ。

みなさんもどうですか〜???
80クラスの鯛を釣ったところで
細糸で鯛と繋がって対峙している 、「スリル」、「ドキドキ感
薄れていませんか〜

そんな中で、ひとつのことにのめり込む、いや、むしろドップリ深みに
ハマり込む・・・ そんな人を見かけると、ちょっと後ろめたさのようなものを
感じるウミがいます(笑)

ちょっとね〜 釣りバッかだと 疲れちゃうんだよ〜 最近
でもたまにはやってますよ〜 ボートも波止釣りも・・・


てなことで、興味の湧くものも色々と出てきてね〜
ここ数年は・・・

①キノコ  (ハタケシメジ、タマゴダケ、キクラゲなど)
②山菜  (ワラビ、コゴミ、タラノメ、セリ、タケノコなど)
③木の実 (サクランボ、桑、ヤマモモ、トチ、椿、クリ、ドングリ、クルミなど)
④草の実 (クサイチゴ、フユイチゴ、ナガバモミジイチゴ、エビガライチゴ、         ヤブツルアヅキ、ハマダイコンなど)

これら、身近にある自然で採取できる物をいただいてきて
果実酒、ワイン、ジャム、ジュース、栃餅を作ってみたり、椿油を搾って
みたり、その他調理をしてみたりして楽しんでいます。

これも無理しないで楽しめる程度でやってます。
だって山は熊恐いし〜 キノコも素人判断は怖いしね〜


ただ、これもこればっかりやってると、物足りなくなる。
なんといっても自然相手なので、効率悪すぎ(笑)


そんな時、思うわけですよ・・・
歳とっても畑仕事して、美味しい野菜を作ってくれる
じいさん・ばあさんは やっぱり偉いな〜と


去年の秋、河川敷で収穫したヤブツルアズキ
(アズキの原種らしいけど、大きさは1/4程度)

ぜんざいにして美味しくいただきましたけど
10粒程、種が残っていたのを春から育て
今ではこんな状態に・・・

イメージ 1


育てることの楽しさに夢中のウミです

今は、これから発展し、野菜、花の種を買いあさり
スイスチャードという葉野菜を栽培中です。
果樹も気になるな〜レモンとかブドウとか・・・


家内に言わせると、土いじりとかに興味が出るのは老化 だそうです。

この老化がもっと進むと、動かない 「石」
とかに興味がいくらしい。

土に帰り、石を置く。  お墓じゃないか!


9月は仕事に栗拾い、アオリ釣りに野菜栽培
花の種まきと、忙しくなりそうです(爆)





この記事に

開く コメント(10)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事