全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

枝豆収穫第4弾

またまた枝豆の収穫に行ってきました。第4弾。
でももう枝豆としての収穫はこれで最後かな。
葉っぱもだいぶ黄色くなってきたし。
以後の分はこのまま放置して、大豆として収穫することにしましょう。
収穫量は第3弾と同じくらいかな。
こりゃビールの次、熱燗のつまみもずっと枝豆ですね。(^_^;)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ビワの枝に何か見つけました。
ひょっとしてこれは… つぼみ?
おおおお、この時季に花が咲くのかあ。
そうかそうか、実が生るのは初夏の頃だから花はこの時季なんだ。
いやあ、楽しみだなあ。\(^o^)/
イメージ 4

ご近所の畑の端に「天使のトランペット」を見つけました。
数年前この場所に咲いていたのを見ていましたが、
ここ2年ぐらいずっと枯れたような状態でした。
その間休息していて、今年になって復活したのでしょうか。
株の高さは2メートルちかくあって、
なかなか見応えのある花です。
イメージ 5

満寿夫でした。

この記事に

開く コメント(4)

枝豆収穫第3段

またまた1週間のインターバルを置いて枝豆を収穫しました。
量的には第2弾と同じくらいかな。
イメージ 1

収穫をしていて思いついたことがあります。
枝豆が幹にまぶれついて生っていること。(収穫に支障を来たすほどに)
その原因がわかりました。工程をひとつ抜かしています。(^_^;)

ダイズは種を蒔いて苗を育てる時点では、1ポットに2〜3粒蒔きます。
苗が育ってきたらそのまま定植しますが、
その後、成長を見ながら間引いてやらなければならないのでした。
その工程を抜かしています。
なので、今ある株は2〜3本が同居しているわけです。
そりゃ密集して豆が生るのは当然ですわな。
次回は忘れずに、間引いてやりましょう。
イメージ 2

オクラは順調に大きくなりました。
ナスももう十分ですね。
イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(2)

米軍艦衝突事故

最近、米国の軍艦が民間の大型船と衝突する事故が立て続けに2件起った。
ひとつは日本の伊豆半島沖で、もうひとつはシンガポール沖のマラッカ海峡で。

6月17日午前1時半頃
伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と
フィリピン籍のコンテナ船が衝突した事故で、
イージス艦の乗組員7人が死亡した。
この事故では、イージス艦の右舷中央付近が破損し、
コンテナ船の船首の左側が損傷した。

ふつう海上では相手を右に見る側が回避義務があるといわれている。
今回はイージス艦側に回避義務があったか。
事故原因は米艦側に多くあるのではないか。
当時そんなことばかり考えていた。

8月21日午前5時24分頃
米誘導ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が
リベリア船籍のタンカーと衝突した。
米海軍によると、乗組員5人が負傷、10人が行方不明。

ちょうどその頃R氏がシンガポールに滞在中だった。
さぞや大騒ぎになっているのではないかと思っていたが、
後から聞いた話によると、ほとんど話題になっていなかったようだ。

後日、7月24日の読売歌壇にこの度の事故のことを詠んだ、
稲城市の方の歌が載っていた。

 国防をためらふ国に派遣され不慮の死をとげし若き兵士ら

そうだった。
事故の原因をあげつらうよりももっと重要なことがあった。
殉職した兵士たちは、日本の防衛のために(違うかも知れないが)
はるばるこの極東の地に派遣されて来ていたのだ。
殉職した若き兵士たち。その胸中や如何ばかりであっただろうか。

事故の原因として、サイバー攻撃が取り沙汰されているが、本当だろうか。
オバマ政権頃からの軍事費の削減が影響しているとの声も聞く。
予算不足で見張りの人員が少なくなった、あるいは長時間勤務が増えた。
こちらの方があり得そうな話に思える。
港の付近や混雑する海域では、
危険回避はレーダーではなく目視に頼るのだという。
自動車では近年自動運転が実用化されつつあるが、
船舶の場合はまだまだ当分先の話だろうか。

シンガポールの画像を見ると改めて船の多さに驚かされる。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

枝豆収穫第2弾

先週採り残した枝豆を1週間のインターバルでまた収穫に来ました。
ほうほう、先週のものより膨らんではち切れそうです。
1週間のインターバルは正解だったようです。
量的には先週よりやや少ないですね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回は塩の代わりに梅酢で茹でてみました。
美味美味。これで当面の酒のつまみ確保です。(^_^;)
イメージ 4

イメージ 5

オクラはまだ花を咲かせています。
これからだんだん涼しくなってくるけど、大丈夫かなあ。
イメージ 6

ナスは熟れ過ぎたのか果肉が弾けて中身が見えています。
そろそろ種を採った方が良いかな。
イメージ 7

満寿夫でした。

この記事に

開く コメント(4)

R氏から画像を提供してもらいました。

パノラマ小笠原
銀河丸は右手奥の方に停泊し、接岸はせず、ボートで上陸したそうです。
イメージ 1

防空壕
イメージ 2

イメージ 3

ハイビスカス
イメージ 4

カメ注意!
イメージ 5


シンガポール
海から見るマーライオン(ちっちぇ(^_^;))
イメージ 6

屋上に船が載っている変なホテル
イメージ 7

高層ビル群
イメージ 8

陸から見るマーライオン
 (手前の女性が奥の口を開けた男性を撮っています。
  たぶんマーライオンの噴水を飲んでるように映るのでしょう(^_^;))
イメージ 9

シンガポールの南にある島にあるマーライオン
 マーライオンは沖縄のシーサー的な存在で、各所にあるそうです。
イメージ 10

マーライオンは内部に階段があって上に登れるそうです。
 マーライオンの展望所からの景色
イメージ 12

シンガポールの港の夜景
イメージ 11

この記事に

開く コメント(2)

全212ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事