れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

ご訪問感謝!開設から四年半、アクセスが80万件を超えました。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

50周年ファイナル公演も残すところ一週間を切りました。
公演期間にトークイベントが三回企画されましたが本日が最終のサンケイリビング主催の「舟木一夫トークショー」開催日でした。

私は13日の「高島屋友の会」主催のトークイベントに続いて二回目でした。
いずれも200人限定ですから貴重な機会を二回も与えていただき感謝です。

前回は妹と参加、今回は舟友さん3人と連番のお席で昼の部を楽しんだ後に演舞場地下の会場に向かいました。

抽選で座席が決まるんですがなんとなんと最前列の中央で舟木さんとの距離が…あまりにも近い近い!嬉しくもありましたがかなり焦りました(汗)
トークの内容を皆さんにお伝えしようと今回もメモをとる気満々でしたから最前列はマズイ!できる限り下を向かずこそこそとメモを…
舟木さんから見えてはいなかったと思いますがかなり気持ちが辛かったです。

そんな状況でのメモから以下のようにまとめました。
 
6月24日(月)14:52〜15:22
新橋演舞場 地下食堂 ラウンジ東(あずま)
今日の司会は私はテレビはほとんど見ないので全く知りませんが「ミヤネ屋」などに出演されてる間宮久美子さん。
約30分のトークでした。
舟木さんは黒ベースの半袖Tシャツ、胸のロゴは「Virgin Mary」〜検索したら画像がでると思います。ボトムはブルージーンズ、黒の軽そうなスポーツシューズ。

間宮:健康維持のヒケツは?

舟木さん
特に何もしてません。睡眠時間だけはきちんととるようにしてます。1ヶ月公演期間は朝は8時に起きて夜は11時には寝る。
〜40周年の頃に身体をこわしてから睡眠をしっかりとるためにゆるい睡眠導入剤を使用しているとのことです。

1日の生活リズムは1ヶ月公演の時のパターンと通常コンサートの時のパターンの二通りがあります。

間宮:里見さんとのコンビはいかがですか?

舟木さん
里見さんと僕と合わせて137才です。どっちかっていうとコンビよりトンビです(笑)

舞台作りはそれぞれ個性が出ますから巧いとか勉強になるとかより、あぁ、そういうやり方もありか!という発見ができるのがいい。

里見さんのことから広がって先輩と後輩という話題に…
デビューして二年目くらいで年上の後輩ができた時にどうしようかと考えた。そこで「年上なら先輩」と考えることに決めてそれ以来ずっとそういうスタンス。
僕はみかけによらず乱暴で、先輩の懐に飛び込むタイプ。先輩との距離を詰めようと思えばどうしたって後輩から動かなきゃ駄目。
〜先輩から先回りしてアレコレ言えばかえってうまくいかないという感じをお持ちなのかな?〜

例えば19才と25才でも、68才と77才でもその関係は変わらない。僕は先輩が好き、先輩あればこその世界だし先輩の有難さを感じている。
今の後輩はちょっとヘン。みんないい子なんだもん。若いうちから出来過ぎ。

間宮:ファンとの距離が近いと感じる時はどんな時?

舟木さん
ナマのコンサート。どちらも(舟木さんとお客さん)ナマだから、お客さんの気持ちの体温が上がるのがわかる。信頼関係というか甘える、依っかかる…これが一番大切なんですよ。
TVなんか敬語に明け暮れてるでしょ、敬語を使えば使うほど嘘っぽくなる。「ありがとう」も使い方の息、呼吸が大事で使えばいいというものではない。
昔、芸能記者に「シゲちゃんのステージは素っ気ないほどサッパリしてる」と言われた。
プロなんだから「一生懸命やります。聴いて下さい。」なんて気持ち悪いでしょ。
敬語を使わなくても声の質や音でお客さんはキャッチして下さる。
よくベテランの味と言いますが、それはお客様との関係の中でゆとり(糊代=のりしろ)があるから…出てくるもの。肩の力を抜いて、僕の好きな歌を聴いて下さいでいい…
プロというのは欠点がないというのではだめでどこに魅力があるかが大切。ミスを見せないようにしようとかしてもお客さんのアンテナは鋭いですから取り繕っても見破られる。お客様が待っててくれてるところへガードを固めて出て行くなんてもったいない。
間宮:ファンに救われたことは?

舟木さん
…っていうより陥れられた…(爆笑)

〜舟木さん独特のこの洒落がわからなかったのは司会の方だけかも(笑)私たちファンには舟木さんの言葉に含まれた愛をたっぷり感じとれました。舟木さんお見事な返し(笑)拍手喝采!〜

この後ファンからの質問コーナーみたいなのがありましたがそれはまた後程アップしますね。

取り急ぎ、こんなところで
 
〜以下、25日に加筆しました。〜
以前にご紹介した、『花の生涯』に出演されている若い俳優・日島宏さんのブログです。
舟木さんのことに触れていらっしゃるので、御覧下さいね。
 
トークショーでおっしゃっていた舞台にかかわる「先輩・後輩」の姿の好例だと思います。
 
さて、トークショーのファンからの質問コーナーです。
 
質問その1
間宮:舟木さんが心落ち着く街は?
 
舟木さん
古都・・・三味線じゃなく(笑) 
 〜ホントに駄洒落お好きですよね〜
♪屋敷町、古いあの町・・・と前置きしてから京都、金沢、倉敷、萩などを挙げられました。
その土地の匂いを守っているところ、日本は四季のある国、『花の生涯』のセリフにもありますが「美しき国」です。海、特に四国の海が好きだそうです。四国の舟木さんファンのみなさんバンザ〜イ!ですね。
今はナチュラルなその土地土地の特長が消えた。どこも同じで落差がないのがつまらなくなった。
 
質問その2
間宮:コンサートの途中で飲んでる飲み物は何?
 
舟木さん
麦茶、ポカリスエット ・・・・ 今は99%が麦茶を飲む。のどがイガイガするときはポカリスエット。
 
質問その3
間宮:今、ハマってるものは?
 
舟木さん
パチンコです!
〜間髪をいれず・・というくらい早かったです(笑)〜
しゃべらなくていいから、休まるので・・・ 歌うより喋る方がのどが疲れる。
空気が悪いと心配されるけれご、空気が悪けりゃマスクをすればいいので、それに昔はずっと自分もタバコを吸っていたし・・・
〜これは理由になってないかもと私の感想(笑)〜
たまには儲かる・・ここんところ四連敗してる・・とちょっと悔しそう(笑)
 
「活字中毒」とも言っておられました。
〜「読書」もお好きなのは有名ですね。本当に、よく勉強されてるなぁと感心します。本来が勉強家なんでしょうね。〜
 
公演も残り少なくなってきた、千穐楽を楽しみたい。とも
 
最後に間宮さんが「ラストスパートへの想いは、なにかありますか?」と質問。
「いや、別に・・・」最後の最後まで舟木さんペースを貫いたトークショーでまたしても「素っ気ない」ご返事の舟木さんでしたが、目は笑ってました。
真摯な中にも楽しい舟木節をたっぷり聴かせていただいた30分でした。
 
 
写真は、演舞場緞帳、チケットにセットされているお弁当、舟木さんの舞台写真『花の生涯』長野主膳の3枚組セットのうちの1セットから1枚をアップしました。今回はお芝居の3枚組を1セットとコンサート昼の部の3枚組をセット、コンサート夜の部の3枚組を1セットの計3セットを購入しました。全部でなんと15セットもあるんだもん、困ってしまいます。 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

春日局さん
早速、今日のトークショーのUPありがとうございます。
素晴らしい席でよかったですね。舟木さん、目は良いと言われてました。
メモはしっかり見られましたね(笑い)
睡眠導入剤を使用されてるのは初めて知りました。
睡眠不足は1番の敵ですもの…どうされてるのかな?といつも、思ってました。
明日から楽しみです\(^o^)/

2013/6/25(火) 午前 0:21 [ kaoruko ] 返信する

kaorukoさん、またしても、じぇじぇじぇ〜ッ見られましたか?アカンわ(汗だく)視力は2.0とか1.5とかだったから老眼鏡〜老眼は使いたくないからアダルトグラス(笑)〜は40代から使っていたとコンサートのMCの時に言ってらっしゃいました。撮影と録音はダメと事前のご注意がありましたがメモはダメと言われなかったからま、いいか…ということにさせていただきますね。次回から「撮影、録音、メモはご遠慮下さい」になってたら私のせいかも…皆さんごめんなさ〜い(涙)

2013/6/25(火) 午前 0:58 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん
詳しいご報告ありがとうがざいます。まるでその場にいるような感じがしました。最前列なのに、こんなにメモができるなんてさすが! きっと、皆様にご報告しなくちゃあ!という春日局さんの義務感がそうさせたのですね。
「後輩から動かなくちゃあ。自分は先輩のふところへ飛び込んだ」「今の後輩はちょっと変、若い時からできすぎてる。」本当に頷ける言葉です。「シゲちゃんのステージは素っ気ないほどアッサリしている。」も納得しますね。 舟木さん「絶唱」が大ヒットしていた頃、コロンビアに、賞をもらうための運動なんかどうかやらないでくれと頼んでいたそうです。その頃はレコード大賞、紅白歌合戦出場と、会社も歌手も血眼になって運動していたそうです。舟木さんはそういうのがいやで、大きな舞台の後、1週間たっぷりお休みをとったそうです。
「次の仕事をするのに、十分休みをとっていい状態で望まないと、お客さんに申し訳がない。」からだそうです。
とにかく、若い時から今の舟木さんの原型があってぶれていないのですね。

2013/6/25(火) 午前 11:07 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、舟木さんは知れば知るほど、生まれながらに哲学をお持ちだったのではないかと思えるほどおっしゃる言葉に破綻がなくて、少しもブレないのですよね。自ら自由にお喋りになるステージのトークと違い台本のないインタビューへの答えにもご自分の信念を持っていらっしゃるので何を言っても筋が通っていて聴いてても小気味よい限りです。特にファンに対する敬意の念はざっくばらんな言葉とは裏腹に深いものがあるように感じました。慇懃無礼という言葉がありますが舟木さんはそれとは真逆の想いを私たちファンに対して貫かれていらっしゃるから、みんな舟木さんを心から信頼していて愛しているんだと思いました。「取り繕っても見破られる」あるがままの自分を見せることが誠意なのだというスタンスは潔くてカッコイイですね、

2013/6/25(火) 午後 3:21 春日局 返信する

顔アイコン

良いお席でのトークショー
楽しまれた様子をありがとうございます。
おすそわけいて頂いた気分になりました!

2013/6/25(火) 午後 9:53 マリーローランサン 返信する

顔アイコン

春日局さん
トークショーの詳細なご報告に驚いています。
その場に座っているような錯覚を覚えましたよ。
それにしましても3回のトークショーがあるということも
今まで知らなかったですよ。
これは演舞場だからなのでしょうか?
中日劇場でもあれば??嬉しいのですが。
こうして家にいて無料で内容をお教えいただき
春日局さんに感謝感謝です!

2013/6/25(火) 午後 10:49 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

春日局様
臨場感あふれるトークショーのご報告ありがとうございました。舟木さんの真正面のお席でここまで記録できるのは並外れた才能ですね。記録というよりは記憶されているのでしょう。もっとすごい!
このブログを拝見するだけで大満足です。メモを取っておられるのが舟木さんに見えていたとしても、「なかなかやるじゃない!」と称賛しておられることでしょう。

2013/6/26(水) 午前 1:27 [ 白樺 ] 返信する

おはようございます。昨日は早朝からコメントありがとうございました。
『楡の雨』の歌詞もありがとうございました。トークショーのレポ凄いですね。
舟木さんに近い席で良かったですね。来月お会いできるのを楽しみにしています。

2013/6/26(水) 午前 6:29 めぐみ 返信する

顔アイコン

マリーローランサンさん、喜んでいただけて本当に嬉しいです。あまりの近さにメモを断念しなければいけないかな・・・と苦慮しましたがやはりたくさんの方に舟木さんのお気持ちを伝えたい一心でした。

2013/6/26(水) 午前 8:24 春日局 返信する

顔アイコン

ななせさん、私も演舞場一ヶ月公演自体が初めての体験でしたから、こういうイベントが開催されていることは全く知りませんでした。最初は高島屋友の会に入っている妹から3月か4月に入ったばかりの頃あたりに「抽選だけど一応申込しとくね」と聞いて軽い気持ちでダメ元と思ってましたら当たりました。サンケイリビングはさすらいさんからの情報で一緒に申込していただきました。ですから私は皆さんにご報告する義務がある(笑)と思っていました。ホントに地方公演でもあればいいですよね。

2013/6/26(水) 午前 8:29 春日局 返信する

顔アイコン

白樺さん、できる限り下を向いて書かないように気をつけました。落語や歌舞伎などでプロのライターの方が取材記録しているのを見てほとんど舞台に視線をやったままノートに書いていらっしゃるので、ああこんな風にすれば舞台からも目立たず演者の方も気が散らないんだと学びました。でも、舟木さんに見えていたかは?です。カンの鋭い方ですから。でもお話の内容は終始一貫してナチュラルで報告されていけないようなことは何もおっしゃいませんし、発していらっしゃる空気そのもが大らかですから私も緊張感なくいられたのだと思っています。

2013/6/26(水) 午前 8:35 春日局 返信する

顔アイコン

めぐみさん、私もずっと昨日から『楡の雨』を聴いてますよ。メロディーも歌詩も素敵で、今の季節に合ってますね。めぐみさんのおかげで知らなかったたくさんの舟木さんの曲を知って聴くことができています。7月の中日劇場でお目にかかってご挨拶できるのを楽しみにしていますね。

2013/6/26(水) 午前 8:40 春日局 返信する

顔アイコン

そんなにいい席でしたらドキドキものですね。
「素っ気ない」本当にいつもそう思います。
それが舟木さん流なんでしょうね。
でもこんなに色気のある歌手はそういないなとつくづくそう思います。舞台での動きすべてが実に色っぽい。男のziiziiがそう思うのですから女性の皆さんは大変だろうな(^_^)
今日は東京でしょうか?
中日での公演めぐみとお会いできるのですね。(^_^)

2013/6/27(木) 午前 11:20 [ 貝殻の歌58 ] 返信する

ziiziiさん、交通費を節約するために名古屋から高速バスで今東京に向かっています。片道3060円です。新幹線三回分ですよ(笑)舟木さんは「色気」というものは芸に携わる者には欠くべからざるものだと考えていらっしゃると感じています。特に舞台人は美男美少であっても色気がなければ興醒めだと私も思っていますから舟木さんが「色・粋・情」を大切にされ言葉としても好んでよく使われるのが嬉しくてなりません。しかも気品ある匂い立つ「色香」ですね。でも「色気」は醸し出そうして出せるものではなく天からの授かり物だと思います。生まれながらにして舟木さんは優れた資質をお持ちの芸能者なんでしょうね。めぐみさんとは中日劇場で初めてお目にかかりますよ。とっても楽しみです。

2013/6/27(木) 午前 11:52 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事