れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

55周年ツアー・コンサート大盛況のうちに完走!心からおめでとうございます、そしてお疲れさまでした。

全体表示

[ リスト ]

   舟木一夫 芸能生活五十周年記念ファイナル特別公演〜新橋演舞場
            2013年  6月7日〜6月29日 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
 
23日間、サンクスコンサートを含めれば24日間にわたる50周年記念ファイナル公演の記録をどのようなくくりでまとめればいいのか・・・悩みましたが、先ずは通常公演の昼の部のコンサートでの舟木さんのトーク(MC)を軸にレポートします。舟木さんのトーク部分はピンク
私の演舞場公演「詣で」スケジュール
6月13日 昼の部  終演後のトーク
6月22日 昼の部
6月22日 夜の部 
6月23日 昼の部
6月23日 夜の部
6月24日 昼の部  終演後のトーク
6月27日 夜の部
6月28日 昼の部
6月29日千穐楽 昼の部 
6月29日千穐楽 夜の部
6月30日サンクスコンサート 
 
おもに28日昼の部のコンサートの中での、トークの内容について記録します。
 
〜オープニング〜  黒のベストスーツにレッド系のジャケットで登場、胸に白バラ
友を送る歌
 
今日を含めて、あと2日となりました。芝居が始まる前に揚げ幕のところでスタンバイしてると、舞台の袖から里見センパイが深編笠をかぶって舞台に出てくるとお客さんが「あれって、里見?、舟木? どっち?」とザワザワ・・・ハ・ハ・ハ。でも身体つきでわかりそうなもんですけど・・(笑)
里見センパイは芸歴かれこれ120年(笑)あの方がいて下さるんで重石(おもし)がかかって安心してやれます。あ、忘れないうちに・・・来年もまた9月に演舞場でやります。(拍手)無責任に請け合っていいのかなぁ・・・(笑)時代劇は顔だけじゃなく胸まで塗ってますから落とすのに時間がかかる、頭には羽二重をつけているから髪もペシャンコになってる、シャンプーして乾かしてこうしてまた美しくなって出てきてます。(拍手)こういうと、「なんだ、お前は、それが言いたかったのか!」と・・・(笑)
 
〜プレゼントタイム〜
イメージ 3北国の街
くちなしのバラード
花咲く乙女たち
二十代に入った頃に 「ここはお前さんの持ち場だよ、というように抒情歌を歌うようになった・・声の質と言うのもありますが、多少はみかけも・・・(多分おっしゃりたかったのはルックスが抒情歌の雰囲気に合ってたからという意味ですね)
島崎藤村の「初恋」は中学のとき教科書に載っていた。まさか自分が歌うようなことになろうとは・・・40周年の時に作ったご自作の『浮世まかせ』は抒情歌だと位置付けていらっしゃいます。)これからは、『ゴンドラの唄』『荒城の月』や僕が高校生の頃に流行った『川は流れる』のような歌を歌っていきたい。やっぱり舟木さんは、しっとりした抒情歌系がお好きみたいです。
 
初恋
浮世まかせ
 
君よ振り向くな
銭形平次
 
 
 
 
スタンディング・手ぬぐい撒きの後、ジャケットをスカイブルーに着替えます
 
「手ぬぐい」撒きの後は、昔はなんでも、手ぬぐいを使ったというお話を・・飯台の上にかけたり・・大阪の大学(阪大)みたい(笑)はたきをかけるときに姉さんかぶりにしたり、怪我をすると、こう裂いて縛ったり、お風呂でも使った・・昔は男の子の仕事は薪割り、水汲み、風呂焚きなんかだった。おばあちゃんが一番風呂で・・「シゲ、ぬるい!」「シゲ、あつい!」(笑)・・おばあちゃんとの会話を懐かしそうに再現する舟木さんのお顔の優しいこと・・おばあちゃんとのちょっとしたエピソードはMCの際によくなさいます。おばあちゃんのことは大好きだったんだなぁ・・と想像できます。

 
あぁ青春の胸の血は
修学旅行
仲間たち
君たちがいて僕がいた
高校三年生
学園広場
 
イメージ 4ヒット曲が必ず好きかというとそうでもない・・むしろ歌い手が好む歌はヒットしない。でも、このラストブロックの四曲は間違いなく名曲(ヒット曲)だし、好きな歌でもある・・・ 四曲とも映画の主題歌というところから並べてみました。
 
絶唱
哀愁の夜
高原のお嬢さん
その人は昔
 
〜アンコール〜
君へ心こめて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
七色のライトの輝きにも、ステージを埋めるたくさんの花束たちの美しさにも負けない舟木さんのオーラは魂の輝きであり、精神の崇高さが放つ美しさであると実感するラストブロックのステージでした。
 
ラストを飾る『その人は昔』は、その壮大な自然を想わせる歌唱が秀逸でした・・・いつの間にか紺碧の海のようなブルーのライトが波型になって客席を包んでいます。そしてステージの右上からはオレンジ色の一条の光りがまるで天上から射し込んでいるように舟木さんを真っ直ぐに照らし出しています。この素晴らしい舞台照明美術の中で歌われる『その人は昔』は、舟木さんが好んで使われる「流行歌手」という言葉の域を、否応なく超えてしまっていると感じました。少なくとも『その人は昔』は「流行歌」ではなく、どんなジャンルにも属さない「舟木一夫の世界」そのもののように思えました。
 
イメージ 5
 
 
 
 

(一部期間限定画像有)

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんにちは・・・

素敵な舟木さんを温かく見守りながら歌に酔いしれていらっしゃる様子が伺えますね!
素敵な旅を舟木さんとできたこと想い出に残ることでしょう・・・
また、次回を楽しみに・・・ちょっと寂しさもありしばらくは、余韻にふけっていらっしゃいますでしょうね。

2013/7/5(金) 午後 3:15 [ 姑のあじつけ ] 返信する

顔アイコン

姑さん、本当にこの6月は舟木さんがゆったりと漕ぐ舟に乗って大きくて広くて果てしない海原をたゆとうような時間に酔いしれた夢のような「舟旅」をさせていただきました。舟木さんとの旅は、限りのないものでないことは確かです、だからこそ、少しでもご一緒したいという想いが強くなっているのでしょうね。今はただ、舟木さんが一日でも長く歌の世界に遊び、幸せな時間を過ごされることだけを祈っています。

2013/7/5(金) 午後 3:38 春日局 返信する

顔アイコン

こんにちは
シアターコンサートを何度もご覧になられた
春日局さんでもまとめるのに迷われるとは…私など当然ですね。
なんて言い訳をしてNO1で止まりましたななせです。
里見センパイが深編笠をかぶって舞台に出てくるとお客さんが「あれって、里見?、舟木? どっち?」とザワザワ・・私も
一番が里見さんの登場でしたから正直私も??でしたよ。(笑)

舟木さんのおばあさんとの触れ合いのトークは生い立ちを鑑みますとファンにとっても心がホットになりますね。
ご紹介をありがとうございます。

2013/7/5(金) 午後 3:52 [ ななせ ] 返信する

顔アイコン

春日局さん こんばんは
お昼の部のシアターコンサートでは、やはりラスト4曲の映画主題歌からアンコールへの盛り上がりで、舟木ワールドにしっかりと浸らせて頂くことができました。まるで通常コンサートのようでしたよね。
トークも詳しく再現して下さって、またまた演舞場の6月を楽しむことができました。

2013/7/5(金) 午後 8:05 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

ななせさん、多分何度も観過ぎてまとめられなくなったんだと思います(笑)あれもこれもと感動が多すぎてしぼりきれず散漫になってしまいます(汗)「深編笠」でお顔が見えないし舟木さんの登場が待ち遠しいし・・ということで「ざわざわ」だったんでしょうね。舟木さんにとって鉄火肌で粋だったおばあ様は御自慢なのかも知れませんね。御自身の中にもおばあ様の血が流れていることを誇りに思っていらっしゃるような感じがします。御自身のルーツを丸ごと肯定なさっていることも舟木さんの大きな人間的魅力だと思います。お父上が9人もの女性と縁を結ばれたことさえも、そのことでご苦労はなさったとしても舟木さんにとっては「親父はなかなかの男だった」・・という想いがおありだと私には感じられます。

2013/7/5(金) 午後 11:27 春日局 返信する

顔アイコン

満天の星さん、今回の第二部コンサートはコンパクトではありましたが昼夜ともに魅力的な構成をなさっていてファンはどなたも満足されたことだと思います。昼の部では舟木さんの代表的な主演映画の主題歌を一挙に聴けて、ラストに『その人は昔』でドラマチックな有終の美を飾ったセンスは舞台芸術というものを充分に周知なさっている舟木さんの作戦勝ちでしたね(笑)『その人は昔』では特に照明が舟木さんの歌唱と相俟って素晴らしい効果を上げていたと思います。照明美術に力を入れていらっしゃる舟木さんの想いが十二分に伝わってきました。お芝居とコンサート「二足の草鞋」を若い頃からずっとこなしてこられた舟木さんの力量のスケールを思い知らされましたよね。

2013/7/5(金) 午後 11:38 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん
詳細なレポート有難うございます。
若い時の曲が多くて私もすっかりと楽しめました。(笑)
しかし相当通われましたね〜。
私も舟木ファンの本当の端くれ(笑)としまして今回初めて
4日・7公演を鑑賞しました。
これも春日さんを始めとする熱い舟友さんの感化かな!
と思います。
中抜けファンとして初めて十分に楽しめた今の舟木さんの
舞台と歌声に酔いしれました。
アンコールの「君へこころこめて」
もしかしたら初めて聴いたかもしれませんが
とても強く印象に残りました。

2013/7/6(土) 午前 10:38 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん、本公演のコンサートでは代表的なヒット曲が並びましたね。7公演とは立派なものだと思います。そうですね確かに舟友さんたちの熱意に引っ張られるという面はありますが、やはり舟木さんの持つ吸引力は並大抵ではありませんね。ほんの一部のファンを除いては多かれ少なかれほとんどの方が「中抜け」で、それぞれの抜けている時間をファン同士がお互いジグソーパズルのように情報を交換して埋め合って舟木さんの旅路の地図を完成させるという意味でも舟友さんの結束力は強くなっているのだと思います。舟木さんを見失っていた時期をどの舟友さんもなんとか今埋め合わせしたいという強い想いを持っていらっしゃるからこそ舟木さんのコンサートはいつでもどこでも満員になってしまうのでしょうね。『君へ心こめて』は舟友さんのkazuyan_hmさんが素晴らしい動画にされていますよ。是非御覧になってみて下さいね。↓
http://www.youtube.com/watch?v=-VUIMem_h8M

2013/7/6(土) 午後 5:43 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事