れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

ご訪問感謝!開設から四年半、アクセスが80万件を超えました。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

    舟木一夫 芸能生活五十周年記念ファイナル特別公演〜新橋演舞場
            2013年  6月7日〜6月29日
 
イメージ 1
 
ひとつ前のブログでは通常公演「昼の部のコンサート」の記録をアップしました。
今回は「夜の部のコンサート」(27日を主軸に)での舟木さんのトーク(MC)を軸にレポートします。舟木さんのトーク部分はピンク
 
私の演舞場公演「詣で」スケジュール
6月13日 昼の部  終演後のトーク
6月22日 昼の部
6月22日 夜の部 
6月23日 昼の部
6月23日 夜の部
6月24日 昼の部  終演後のトーク
6月27日 夜の部
6月28日 昼の部
6月29日千穐楽 昼の部 
6月29日千穐楽 夜の部
6月30日サンクスコンサート 
 
 
6月7日〜6月27日 夜の部コンサート
〜オープニング〜   
(前半)
グレーのスリーピース、襟は黒、パンツの脇にも黒のラインでアクセント。胸に白バラで登場
 
イメージ 2東京は恋する
 
昨日まで雨・・・「しとしとぴっちゃん・・♪」が続いてましたが、やっと晴れて「お暑い中」・・というのがしっくりくるようになりました・・お暑い中、ありがとうございます。
もう50年・・といっても僕自身がずっとアホを通してますから、まぁ、どうということもないんですが・・・
今日で夜の部は終わりですから、踊りの面々(前半と後半の間の舟木さんがお着替えをなさる間の舞台)は、今日までです。
 
〜プレゼントタイム〜
哀愁の夜
たそがれの人
高原のお嬢さん
 
プレゼントタイムの「たそがれの人」の時に、ひとりの男性が可愛い小さな紫の花の花束を舟木さんに手渡されたのですが、いつもプレゼントタイムの時にはポーカーフェイスの舟木さんが一瞬ニヤリとされたようなので「?」と思ってたら、後で新派の英太郎さんだっと舟木さんがおっしゃいました。
 
イメージ 3
高原のお嬢さんを歌い終わってしみじみと・・僕はつくづく作品に恵まれた幸せな歌い手だと思います。この稼業は50年やってても会社勤めの方のように安心できるわけでもなし・・・でも、年金は4年前から出てます(笑)年金生活者です(笑)
声も身体の一部ですから老化しますが、若い頃にはなかった「響き」が出てきているという部分もある。とりあえず55周年を目指して・・・・(大きな拍手)
最近は「元気よく歌う」のは難しい(笑)・・・そのへんの歌を・・と『高校三年生』はじめ学園ソングを
 
高校三年生
仲間たち
あゝ青春の胸の血は
学園広場
 
 
 
 
 
深川くずし〜さのさ(林啓二/長谷川かずき/西川美也子/真木一之)
 
イメージ 4(後半)
淡いグレー系の着物、長襦袢と帯はこげ茶系、素足に雪駄で登場
 
艶やかでスパニッシュなアレンジの日本調の舞をみせてくださった四人の皆さんがせりを降りてゆかれるのと入れ替わりに舟木さんが上手袖から登場して、四人の方のお名前を紹介されました。その際に、長谷川かずきさんのお祖父様にあたる長谷川一夫さんのことにふれ「赤穂浪士」の大石内蔵助のあの有名な「各々方(おのおのがた)・・」の声色をするお茶目ぶりを発揮する舟木さん。それに、笑いつつも、私はひたすら、舟木さんの足もとが気にかかってオペラグラスを目にくっつけて・・・だって舟木さんのナマ足はとってもセクシーなんだもん
 
着物をお召しになったときの舟木さんの腰から裾にかけてのラインの美しさは「反則もの」ですよ。ズルイ!!
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
まだみぬ君を恋うる歌
あゝりんどうの花咲けど
 
なんか、歌詩間違えちゃった・・・前にNHKで『高校三年生』の歌詩を間違えました。しかもテロップがこう下のところに流れてる(笑)
〜『あゝりんどうの花咲けど』の二番の歌詩を一番で歌われました。私はこの曲が大好きなのですぐ「違うよ!」って気が付きました。「♪高原わたる 雲あわく」のところを「♪初恋あわれ いまはただ」と・・・二番はどうされるのかな?と思っていたら当然二番の歌詩をそのまま再度繰り返されました〜
 
銭形平次
〜スタンディングはなくて手ぬぐい撒きのみ〜
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
四行詩は起承転結がはっきりしているから短くてもスケールが大きい。日本は四季の移り変わりがあるからこういう歌ができるんです。おとなしい詩でも華があって艶やか・・・と『絶唱』〜『夕笛』〜『恋唄』を続けて三曲歌われましたが、『恋唄』はすずきじろうのペンネームでの舟木さんの自作詩(1977)。四行詩の世界を当時から手がけていらしたのですね。西条八十氏作詩の『絶唱』『夕笛』と並べても全く違和感なく見事な四行詩の世界を詠った名作だと思います。
 
絶唱
夕笛
恋唄
 
「えんか」には演歌〜怨歌〜艶歌〜援歌〜などの字をあてて、色々ありますけど、「艶歌」と書いて「つやうた」と呼ぶのにふさわしい世界の曲を二曲・・・
 
京の恋唄
恋人形
 
 
 
『京の恋唄』は西条八十氏が舟木さんのためにお作りになった最後の詩です。八十氏はこの曲の発売の翌年にお亡くなりになりました。この曲も名曲ですが、どちらかというと発表当時の舟木さんの歌唱よりも今の舟木さんが歌われるほうが心に沁み入るような気がします。歌い手の人間としての成長とともに詩そのものが育って熟成していくという好例を痛感させられる曲の代表的なものだと思います。私としては、新曲を待望するという気持ちよりも、舟木さんがこれまで出逢ってこられた持ち歌〜名曲がたくさんあると思います〜を丹念に掘り起こしていかれ、その歌に新たな生命(いのち)を吹き込まれることを望んでいます。そういう意味でも『京の恋唄』はこれからのステージで何度も聴きたい曲のひとつです。西条氏もそれを喜ばれるのではないでしょうか。西条八十と舟木一夫の出逢いで生まれた曲は日本の流行歌の歴史の中で「抒情歌」の世界を築き上げ、日本の美しい原風景や日本人の心根の奥ゆかしさを「歌」として表し得た「金字塔」だと思います。
 
そしてラストの『恋人形』・・・この曲も私にとって、とっても気になって仕方ない曲です。なぜかというと音源がないので歌詩がわからないからなのです。しかも舟木さんのご自作の詩なのです。ネットで調べてみると一番の最初のフレーズは出てきました。〜「薄墨の 空はつれない雨模様 帰るあてさえない人に」
私が初めてこの曲を聴いたのは、昨年11月まだ舟木さんと再会して間もない頃の京都南座のシアターコンサートです。その頃はまだ舟木さんご自作の詩だとは全く知らなかったのですが、とても素敵な詩で印象に残りました。今回は夜の部で歌って下さっているので、なんとか歌詩を聴きとりたくて真っ暗な客席でメモを片手に・・(笑)聴きとりなので字はわかりませんが、想像して当て字で・・・
 
恋人形  作詩:舟木一夫 作曲:山路進一 
 
薄墨の 空はつれない 雨模様 イメージ 8
帰るあてさえ ない人に
いくつ折鶴 恋ごころ
にじむ 吐息の もどかしさ
 
ふるさとは 風のかおりも 秋化粧
落ち葉しぐれる 白壁に
ゆれて やつれて 細々と
つらいうわさが 気にかかる
 
薄紅の 目もとやつれて 恋人形
あやめ一輪 咲くおりに
かくしきれない あの夜の
いのち 重ねた 夢のあと
 
 
アンコール〜明日咲くつぼみに
 
着物で歌っても全然違和感がない曲・・・とおっしゃって、おなじみの50周年記念曲でオーラスとなりました。
 
着物すがたで歌う舟木さんはやっぱり私のあこがれた『絶唱』の順吉さんを思い出させて心がときめきました。しかも、あの頃の舟木さんにはまだ感じられなかった男の色香とおおらかさが加味されていて、さらにさらに魅力的な着物姿なのでした。惚れ惚れぇ〜ッ
 
(一部期間限定画像有)

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

春日局さん
こんにちは
復活後のコンサートで恋唄を生で聞いたとき良い曲と思いました。
その後ユーチューブでkazuyan679さんのアップを聴き
若き舟木さんの伸びのある
恋唄も切なく終わった恋心感じ取れしみじみと聞け
素敵だと思いました。
恋人形は…曲がいまいち私の心に残らないのですが
こうして拝見しますと詩が綺麗ですね。

連日のご報告を楽しませていただきありがとうございます。

2013/7/5(金) 午後 4:04 [ ななせ ] 返信する

京の恋唄は私も今の舟木さんの、お声が良いと思います。
連日に素晴らしいブログに、ただ目を見張ってます。ありがとうございます。

2013/7/5(金) 午後 6:28 マリーローランサン 返信する

顔アイコン

春日局さん
こんなに着物姿が似合って、粋な着こなし、雰囲気がある男性っているかしら、と和服の舟木さんのお写真を惚れ惚れと拝見しています。
「恋人形」の2番は♪風のかおりも秋化粧〜♪なのですね。”こんな言葉を選んで綴るなんて、やはりさすが、舟木さんだわ、”、とここでもまた感心させられます!

2013/7/5(金) 午後 8:17 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

春日局さん今晩は!
衣装はス-ツもお着物もグレイだったのですね〜。
私も一度だけ2010年新橋演舞場のコンサ-トで
お着物姿の舟木さんを拝見したのですが、
2階席から雪駄の舟木さんの足の運びばかりみていました!!
「恋人形」は山路進一先生とのコンビの曲なのですね〜
一度聴いてみたいです!!

2013/7/5(金) 午後 9:09 すずらん 返信する

顔アイコン

春日局さん
こうやってUPして下さった歌詞を読みますと、しみじみと情景が浮かんできます。舟木さんは、架空の理想の女性を心に浮かべ作詞されるんでしょうか。何にもないところからではなく、やはり風景や情景を心で受け止めてそれを言葉で紡いでいくのですものね。実は夜の部後半は歌があまり心に残っていないのです。なぜなら、着物姿があまりに素適で、ボーっと見とれていまして・・(笑) ですから歌を聴きたい時は舟木さんにあまり素適な恰好をされると困るのですが・・(笑)ですから、歌に集中できるのは何といってもCDです。先日届いた「一葉舟」「愛と別れの12章」「愛はまぼろし(でしたか?)」を聴いて、その声のすばらしさに魅せられ聴きほれています。先日、春日局さんがUPして下さった「修学旅行」と同じような時期の声なのでしょうか。とにかく柔らかく透明な声で、確かにデビューの頃よりグンと声の質、歌い方ともに向上しています。あの(舟木さんの歌い方、変)って思った頃を抜け出し、少し時間的ゆとりもでき、じっくり歌に向き合ったからでしょうか?
私は舟木さんが素適なあまり、一つのことにしか集中できなくて困っています(笑)

2013/7/5(金) 午後 9:26 [ 復活舟木組 ] 返信する

春日局さん、こんばんは。
50周年記念ファイナル公演の記録、
拝見いたしました。
1曲1曲についての思い、詳しいトーク内容、はたまたナマ足まで。
春日局さんの舟木さんへのあつい思いが伝わってきます。
ありがとうございます。

2013/7/5(金) 午後 9:35 [ 熊本ミノル ] 返信する

顔アイコン

ななせさん、私も『恋唄』は発売当時の音源と2004年の再録音盤とを聴いてどちらもその年代の歌声の魅力がそれぞれにあって聴き比べるのが大好きです。交互に聴いているとキリがなくていつまでもいつまでも聴いていたくなります(笑)演舞場でお隣の席になったファンの方も同じことを言っていらっしゃって意気投合しました。『恋唄』『恋人形』ともに日本語の雅さ繊細な表現の粋を極めていて舟木さんがいかに日本の言葉を愛していらっしゃるかが窺われますね。文学の香り漂う名詩だと思います。

2013/7/5(金) 午後 9:41 春日局 返信する

顔アイコン

マリーローランサンさん、『京の恋唄』西条八十氏のクラシカルな歌詩と「つやうた」と言う表現がピッタリの曲調を今の舟木さんの歌声と年輪を生かしたテクニックで見事にコーディネートされていてむしろ発売当時より新しさを感じます。68才にして若さに勝る魅力を身に纏った舟木さんって本当に凄いなァと思います。

2013/7/5(金) 午後 9:49 春日局 返信する

顔アイコン

満天の星さん、見てよし、聴いてよし、しかもう〜んと唸らせるような詩を紡ぎだす舟木さんの感性と知性・・・これだけのものを備えた男性に遅まきながらも出逢えたことを本当に幸せに思っています。6月の演舞場に通い詰めてなお、どの場面でも舟木さんは常に理想の男性でいてくれたこともとっても嬉しかったです。

2013/7/5(金) 午後 9:56 春日局 返信する

顔アイコン

すずらんさん、私にとっての舟木さんのイメージの原体験は「詰襟の高校生」というより「着物」の似合う日本的な匂いのするお兄さんというものでした。ですから今でも舟木さんの着物姿に胸がときめきます。若い頃からお芝居で時代物に親しんでいらしたからか着こなしも裾さばきも美しくて粋で、今回のパンフレットにお芝居のお稽古風景写真が掲載されてるのを見ても浴衣の着こなしが本当に素敵なのです。ステージ衣装の着物でなく浴衣姿の舟木さんもそれ以上くらいに魅力的ですよ。

2013/7/5(金) 午後 10:05 春日局 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、今はひたすら舟木さんだけに集中するのでいいのではないですか(笑)私も、55周年までは、ほぼ舟木さんで明け暮れしてもバチは当たらないか・・なんてノーテンキな気分になってます(笑)舟木さんの創作される歌の世界が現実を踏まえたものか想像の生みだしたものか・・女性としては気になるところですよね。でも女性の私でも到底紡ぎだせないような繊細な言葉を送り届けて下さる舟木さんに心から感謝しています。舟木さんの詩歌によってどれだけ感性を揺すぶられ、舟木さんの歌声によって魂を磨かれているかを思うとこの年令になって瑞々しい心を取り戻させて下さったことに感謝しかありません。人生の最終章に入る時期に舟木さんに再会できたことは本当に幸運だったと思っています。

2013/7/5(金) 午後 10:18 春日局 返信する

顔アイコン

熊本ミノルさん、舟木さんの姿形、歌声、トークの中身・・・どれをとっても記録として残しておくだけの価値が充分にあると思っています。今の舟木さんは既に単なる流行歌手でも昭和のアイドルスターでもない立ち位置にいらっしゃると痛感しています。デビューされた若い頃から、常に前を向いて向上心を忘れず真摯に目の前の仕事に取り組んでこられ、真摯なるが故に迷路に迷い込み御自身に厳し過ぎた舟木さんは「寒い時期」を一身に受け止めて闇を背負うという経験を積んでこられました。でも舟木さんの持って生まれた才能や華は「冬の寒さ」をも糧として大きく真の花を咲かせたんですね。お芝居もコンサートもアクターやシンガーとしてのみではなくプロデューサーとしてすべてをコーディネイトされていて総合舞台芸術監督と言っても過言ではないと思います。まだまだこれからも未発見の舟木さんの魅力に出逢えるだろうと楽しみにしています。こちらこそ温かなコメントをありがとうございました。

2013/7/5(金) 午後 10:35 春日局 返信する

顔アイコン

こんにちは。
着物に詳しい友達は、いつも、舟木さんの着物、小物…などのセンスは素晴らしいと言ってます。
今回は里見さんも舟木さんのきれいな着物の着かたを若い方々に勉強するように言われたとプログにコメントがありました。
ありがとうございます。

2013/7/6(土) 午後 6:27 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

kaorukoさん、遠目でしか拝見できないので素材や織など細かなところは残念ながらわからないのですが色使いのセンスは江戸前で本当に粋ですね。落語家の師匠方も粋なコーディネイトをされていると噺まで巧く聴こえます(笑)っていうか芸が一流の師匠は着物のセンスも一流という感じがしています。そして何よりあれだけステージで動かれても全く着崩れないのが不思議なほどです。ゆったりと着ていらっしゃるのに袷目が肌蹴ていかないのは着付けの基本がしっかりなさっているからでしょうね。『花の生涯』に出演されていた日島宏さんのブログにもお稽古で浴衣を着ていらっしゃる舟木さんを見て「舟木さんほど綺麗に浴衣を着る方はいないからよく見て勉強するように」と先輩から言われたと書いておられました。今回のパンフレットや写真集などでも舟木さんのお稽古の時の浴衣姿が写っていますが惚れ惚れします。若い時よりも恰幅が良くなられて一層素敵な和服姿ですね。

2013/7/6(土) 午後 7:40 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事