れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

ご訪問感謝!開設から四年半、アクセスが80万件を超えました。今後ともよろしくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

6月の新橋演舞場公演の千穐楽の翌日に開催された「サンクスコンサート」で舟木さんがセレクトされたのが第一部が西條八十氏の作品、第二部が船村徹氏の作品でした。
〜以下西條八十または八十とします(敬称略)〜
 
西條八十と言えば舟木さんにとってとても大切な存在…というより日本の流行歌史の中で「西條八十と舟木一夫が造り上げた抒情歌の世界」は今も色褪せることなく、むしろ今だからこそ輝きを増して「日本の名曲群」の中にしっかりと座しているように思います。
 
イメージ 1そういう想いもあって、私はいつか舟木さんと西條八十をテーマにして私なりにまとめてみたいと思っていました。奇しくも最近オークションで入手したアルバム「ひとりぼっち第3集 舟木一夫懐かしの歌」1969年発売)には八十作詩の昭和の名曲であり大ヒット曲でもある作品が4曲収録されていました。
八十が舟木さんのために書かれた作品と併せて少しまとめてブログに掲載してみようと手元にある「西條八十」(中公文庫)を読み直していたら去る8月12日が八十の御命日であることに気付きました。少し御命日を過ぎてしまいましたが、この機会にあらためて舟木さんと関わりの深い八十の詩の世界と成し遂げられた偉業の一端を偲ぶことができればと思います。
 
西條八十は明治25年(1892)1月15日東京生まれ。明治時代に幼少期から成人までの多感な時期を過ごし、続く大正、昭和という激動の日本を見つめその類稀なる幅広い才能で数々の文芸詩や流行歌を生み、長きにわたって第一線で活躍されました。昭和45年(1970)8月12日死去。
 
〜以下加筆します。(舟友さんから貴重な情報をいただきましたので加筆させていただきます。8月17日)〜
「西条八十先生、昭和45年(1970)8月12日死去。この時舟木さん(25才)は明治座公演中(夜の部・荒城の月→夏祭り“唄の浜町”ヒットパレード)で訃報を聞き舞台で号泣されていました。」
 
 
八十は、日本人の暮らしや心映えから生まれた言葉や唄(各地の民謡なども)を、掘り起こし、あるいは掬い上げて広く世に送り出し、光を当て、「普遍的な日本の心」として私たちの胸に今なお染み透る名曲を数多く残しました。その中で舟木さんの歌唱で音源化されている作品を取り上げてみたいと思います。
長くなるので、とりあえず「その1」としてスタートします。
 
イメージ 2〜参考資料〜
「西條八十」筒井清忠著(中公文庫)
 
西條八十(さいじょう やそ)
1892年(明治25年)1月15日 〜1970年(昭和45年)8月12日)は、日本の詩人、作詞家、仏文学者。
長男の西條八束は陸水学者。長女の三井ふたばこ(西條嫩子)も詩人。
(漢字表記は旧字体の西條が正しいが、現在では新字体の西条も多く見られる。)
東京府出身。1898年(明治31年)旧制早稲田中学(現早稲田中学校・高等学校)在学中に吉江喬松と出会い生涯の師と仰ぐ。吉江に箱根の修学旅行で文学で身を立てたいと打ち明け、激励を受ける。中学時代に英国人女性から英語を学んだ。正則英語学校(現在の正則学園高等学校)にも通い、早稲田大学文学部英文科卒業。早稲田大学在学中に日夏耿之介らと同人誌『聖盃』(のち『仮面』と改題)を刊行。三木露風の『未来』にも同人として参加し、1919年(大正8年)に自費出版した第一詩集『砂金』で象徴詩人としての地位を確立した。後にフランスへ留学しソルボンヌ大学でポール・ヴァレリーらと交遊、帰国後早大仏文学科教授。戦後は日本音楽著作権協会会長を務めた。1962年、日本芸術院会員。
象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき「東京行進曲」、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎の躍動感溢れる歌声でヒットした「青い山脈」、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー「蘇州夜曲」、古賀政男の故郷風景ともいえる「誰か故郷を想わざる」「ゲイシャ・ワルツ」、村田英雄の男の演歌、船村メロディーの傑作「王将」など無数のヒットを放った。
また、児童文芸誌『赤い鳥』などに多くの童謡を発表し、北原白秋と並んで大正期を代表する童謡詩人と称された。薄幸の童謡詩人・金子みすゞを最初に見出した人でもある。
 
三百六十五夜 作曲:古賀政男    

イメージ 3みどりの風に おくれ毛が
やさしくゆれた 恋の夜
初めて逢(お)うた あの夜の君が
今は生命(いのち)を 賭ける君
 
気づよく無理に 別れたが
想い出の道 恋の街
背広に残る 移り香(が)かなし
雨の銀座を ひとりゆく
 
鈴蘭匂う 春の夜
灯(ともしび)うるむ 秋の夜
泣いた 三百六十五夜の
愛の二人に 朝が来る

 
1946年(昭和21年)に創刊された娯楽読物雑誌『ロマンス』の3号、1946年8月号から小島政二郎の長編恋愛小説『三百六十五夜』が連載され、岩田専太郎の挿絵も相まって人気を呼び、連載終了と同時に1948年に映画化され、東京篇と大阪篇が制作された。この映画と主題歌の人気は『ロマンス』の売り上げに拍車をかけ、1948年には発行部数82万部にまでなった。その後も映画・テレビドラマなどでリメークされている。
 
 
〜生い立ち〜「西條八十」筒井清忠著(中公文庫)より
 
八十の父は養子に入った先の質屋を明治13年にやめ、石鹸製造業を始めた。仕事は順調で八十が少年時代には数十人もの職工を雇っていたので職工と一緒に広い台所で食事をして育った。八十の庶民的根性はこの時代から培われている。周囲はほとんど士族だったので「お坊ちゃんたちは仲間に入れてくれなかった」ことも八十の庶民魂をかためることになった。このように八十は「山の手の庶民」なのであった。
彼の残した童謡や抒情詩ばかりから彼の性格を類推するとその人柄を見誤ることになる。八十は「根性」「魂」という言葉を好む非常に気性の激しい一面をもっていたがそれは先に揚げた孤寂感によって培われていたのだった。当時西條家で八十を育てていた「おきんさん」という女性は落語家・談州楼燕枝の実母だった。彼女は江戸末期の手鞠唄や数え唄を毎晩添い寝しながら八十に聞かせた。八十は晩年になってもこれらの歌詞をそらんじては涙したという。おきんさんはしばしば八十を燕枝の家に連れていき八十は寄席に親しみ円生、円遊、小さん、円右など当時の落語家の話をよく聞いた。また盲目の新内語り紫朝の「蘭蝶」を目を閉じ、耳を澄ませて聴き入ったという。
また父の弟夫婦の家でもしばらく育てられたが、この夫婦も芝居や寄席を愛好していたので八十は、五代目菊五郎、左団次などの芸に接する子こととなった。八十はほとんど毎日のように俗曲、俗舞の世界の中で暮らし続けたようなものであったという。
八十は後年「そういう永く潜在意識の中にあったものがその後外国文学に陶酔しきっていた私の心の殻を破っていまようやく芽をさし伸ばしきったのであったと分析している。
 
以下は私が調べたことの補足です・・・
〜ここに出てくる落語家。談州楼燕枝は二代目と思われます。二代目燕枝は東京の下谷、西町に住んでいたことから「西町の御前」と呼ばれていたとのこと。ここで八十は「師匠の燕枝から落語の稽古をうける弟子たち」を見たと書いています。(西條八十『唄の自叙傳』昭和31年より)
 
 
サーカスの唄  作曲:古賀政男  http://www.youtube.com/watch?v=nLiMOZU6y0k 舟木さん歌唱
 
イメージ 4旅のつばくろ 淋しかないか
おれもさみしい サーカス暮らし
とんぼがえりで 今年もくれて
知らぬ他国の 花を見た
 
あの娘(こ)住む町 恋しい町を
遠くはなれて テントで暮らしゃ
月も冴えます 心も冴える
馬の寝息で ねむられぬ

朝は朝霧 夕べは夜霧
泣いちゃいけない クラリオネット
流れながれる 浮藻(うきも)の花は
明日も咲きましょ あの町で
 
〜補足〜
昭和8年(1933)3月28日、東京・芝浦で開かれた「万国婦人子供博覧会」を記念して、ドイツのハーゲンベック・サーカスが来日しました。団員総勢約150人、動物182頭。日本人が初めて見る本格的なサーカスでした。このサーカスの宣伝のために作られたのが、『サーカスの唄』です。
 
では、ここで八十が舟木さんのために最初に書いた作品『花咲く乙女たち』について、ちょっとふれておきます。
「西條八十」著者の筒井氏は『花咲く乙女たち』へと繋がる八十の「喪失への悲哀感」を八十の記した文を紐解き次のように解説していらっしゃいます。↓
 
〜神楽坂の通りでふと赤児を負った若い女にあった。彩りもない装いで寒そうに罐工場の前に立っていた。私は驚いた。かつて私が牛込教会に通っていた当時、大巾の真紅のリボンをつけて黒髪をおさげに波打たせて矢がすりの美しい着物でやってきた華やかな女子学院の生徒のひとりだ。あゝ、あの人も嫁いでしまったと思うと、限りない哀愁と寂寥とが私の胸に湧いた。〜
 
ここには八十の後年の「少女(乙女)讃歌」的詩文の基本的モチーフの萌芽がうかがえる。それは結婚による姉の「少女性」の喪失感によって裏打ちされ、晩年の『花咲く乙女たち』の「みんなみんな咲いて散る」という「哀しい歌詞」にもつながっていく
 
イメージ 5花咲く乙女たち 作曲:遠藤実
 
カトレアのように 派手なひと
鈴蘭のように 愛らしく
また忘れな草の 花に似て
気弱でさみしい 眼をした子
みんなみんな どこへゆく
街に花咲く 乙女たちよ
みんなみんな どこへゆく
街に花咲く 乙女たちよ
 
 
黒髪をながく なびかせて
春風のように 笑う君
ああだれもが いつか恋をして
はなれて嫁いで ゆくひとか
みんなみんな 咲いて散る
街に花咲く 乙女たちよ
みんなみんな 咲いて散る
街に花咲く 乙女たちよ



そして『花咲く乙女たち』のB面の『若き旅情』も八十の作詩ですが、ここでも八十は筒井氏の解説を裏付けるような「喪失感」を舟木さんに歌わせているのですね。
 
〜「その2」へとつづきます〜

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

春日局さん今日は!
西条先生のお話とても興味深いです。詳細でとても勉強になります。「花咲く乙女たち」の喪失感...
何も考えずに咲いて散るなんて〜などと思って歌っていました。
奥深い詩人の心を知ることができて嬉しいです。その2も楽しみにしています。

2013/8/16(金) 午前 10:09 すずらん 返信する

顔アイコン

春日局さん
西条八十さんは仏文学者で詩人でありながら、多くの歌謡曲の作詞もされていることにやや驚いていたのですが、よく理解できました。その人をその人成らしめている要素の中に庶民があり、西条さんの体験したものがあったのですね。この「花咲く乙女たち」は栗山ディレクターがご自分の本棚を覗いている時にブルーストの「花咲く乙女」が目に入り、舟木さんの歌のタイトルになると思って、「女性はいつかみんなお嫁にいってしまう。そういう青年の多感な感情を歌ったものを」と西条先生にお願いしたということです。西条さんはリボンでおさげ髪の女学生が結婚し子どもをおぶっていた姿を実際に見ていますから、女性(乙女)達の姿が移り変わってゆく儚さを感じて、あの歌になったのですね。私は旋律にも大変関心がありますから、この曲の旋律の軽やかさはこの年頃の舟木さんに合っていたと思います。やはりその年代に合ったものその年代だから歌えるということがあると思います。そういう意味では「絶唱」はすばらしい曲だけど22才の舟木さんには重たい曲(旋律が)だったなあ・・・と私はかってに素人判断しているのです。

2013/8/16(金) 午前 10:39 [ 復活舟木組 ] 返信する

西條八十先生と舟木さんの御話とっても興味深く読ませていただきました。Youtyubeを聴きながら。
続きがとても楽しみです。

2013/8/16(金) 午後 8:32 めぐみ 返信する

顔アイコン

春日局さん
今晩は!
西條八十さんのお話を、こんなに詳しくありがとうございました。
「絶唱」「夕笛」と舟木さんの代表作を作詞して下さった先生の
お話を感激です。

2013/8/16(金) 午後 11:52 マリーローランサン 返信する

顔アイコン

西条八十先生、昭和45年(1970)8月12日死去。
この時舟木さん(25才)は明治座公演中(夜の部・荒城の月→夏祭り“唄の浜町”ヒットパレード)で訃報を聞き舞台で号泣されていました。 削除

2013/8/17(土) 午前 9:20 [ セブン・アップ ] 返信する

顔アイコン

すずらんさん、私も『花咲く乙女たち』の「みんなみんな咲いて散る」という詩は、なんだかこの曲の弾むようなイメージの中で違和感を覚えてはいたのですが、八十が込めた想いまでは汲み取ることはできませんでした。でも、舟木さんという素材を通して八十はこのようなデリケートな想いを流行歌という形で表現しようとなさったのかもしれないと今は感じています。文学的な心情を大衆歌謡として表出することのできる歌い手として舟木さんを評価していらしたのでしょうね。

2013/8/17(土) 午後 1:33 春日局 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、『花咲く乙女たち』は、あえて言うなら「ドドンパのリズム」を取り入れた曲だと舟木さんご自身がおっしゃっていますが、若者に受け入れられる曲調と八十の古典的な詩とのアンサンブルの妙の面白さがある当時としても新鮮な流行歌だったかもしれませんね。ただ『花咲く乙女たち』は舟木一夫でなければならない・・という印象は私的にはあまりなくて、やはり『絶唱』は当時の舟木さんだからこそ八十のあの切なく真摯な純愛の世界を描き出せた作品だと思っています。舟木さんと『絶唱』の間にもたらされた不幸は、早すぎた「歌唱賞」受賞ではなかったかと思うのです。当時の歌謡界の裏取引というものが実際に存在したのであれば、舟木さんも『絶唱』もその犠牲になってしまったというべきだと私は考えています。

2013/8/17(土) 午後 1:41 春日局 返信する

顔アイコン

めぐみさん、楽しんでいただけたとしたらとっても嬉しいです。もう完結篇までたどりつきました。またのコメントをお待ちしていますね。

2013/8/17(土) 午後 1:43 春日局 返信する

顔アイコン

マリーローランサンさん、ありがとうございます。『絶唱』があれほど大好きだったにもかかわらず当時は八十の作詩であることは全く知りませんでした。私の中では童謡「かなりあ」の作者であるというのが、インプットされていただけでしたが、この年になってあらためて、八十の描き出す抒情性の魅力がわかるようになってきたように思います。

2013/8/17(土) 午後 1:50 春日局 返信する

顔アイコン

セブン・アップさん、ありがとうございます。そういえば、昭和45年(1970)8月12日というのは明治座公演期間中でしたね。舟木さんは25才でしたか。「夜の部・荒城の月→夏祭り“唄の浜町”ヒットパレード」の時に訃報が届いたのですね。詳細なリアルタイムの情報をいただき本当にありがたいたいです。記事に加筆させていただきますね。貴重なお知らせをいただき感謝です。これからも、また色々な御指摘やお知らせなどいただけましたら嬉しく思います。

2013/8/17(土) 午後 1:56 春日局 返信する

顔アイコン

西條八十は、詩からうける印象とは異なる激しい気性もお持ちだったのですね。その裏返しが寂寥感だったり人懐かしさだとすると、舟木さんと共通しているように思います。ご自分の晩年の詩を舟木さんに歌わせたいと思うほど、舟木さんの歌に共感されていたのでしょうね。当時(今でも)の歌手の方を想像しても「絶唱」は舟木さん以外にいないように思うし、「絶唱」の落ち着いた、地味とも言える曲が大ヒットしたのは舟木さんがその詩情を余すことなく歌ったからですよね。

2013/8/17(土) 午後 5:32 ゆふぎり 返信する

顔アイコン

ゆふぎりさん、表現者というのはやはりその内面にマグマのような熱いものを抱えていらっしゃるのだろうなぁと思います。そうでなくては、人の心を震わせることはできないのでしょうね。よく言われますがそれが芸能者の「業」というものなのかもしれません。芸術家の直感で同じ「業」を背負った者として舟木さんを御覧になっていたから、孫ほど年令の離れた舟木さんと心を通わせることができたのではないかと思います。その八十の想いを若い舟木さんがきっちりとその身に受け止めることができたこともまた素晴らしいことですね。

2013/8/17(土) 午後 9:31 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん 「花咲く乙女たち」・・西條八十さんの年齢を感じさせない詩の瑞々しさ・・作家の感性は、年齢不問のようですね。お姉さんを慕う八十さんの気持ちは、あの姫路駅での悲しい別れから、終生忘れられないものとなって、詩を作る源にもなっているようですね。幼年時代にさまざまな体験を経て成長したことは、あらゆるジャンルの詩が書け、人の心を広く捉えることのできた八十さんの強みであり、またアカデミックな研究者にとどまら(れ)なかった所以でもあると思います。

2013/8/19(月) 午後 5:04 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

満天の星さん、まだものごころつく前の肌で感じる感覚的な体験は、思春期に首から上(頭)で吸収した知識などより深く身体に浸透しているもののように思います。若い頃は自分の嗜好すら理詰めで決めつけていたのかもしれないと還暦を過ぎた今になると気付かされることもたくさんあります。おそらく舟木さんを子どもの頃に好きだな!と思ったのは理屈抜きの感覚だったんだろうなと思うのです。思春期になると社会や友だちなど外的な眼を意識するようになって背伸びしていたのかな?と思います。今、また子どもの頃のように感覚的なもの直感的なものに回帰している自分を感じます。数十年を経て再び舟木さんに強く魅かれてしまったのは本来の私の感性を取り戻したからだと思っています。八十の文学世界も晩年には日本的(しかも大衆を対象とした)情趣への回帰だったことを思うと原体験というものの根深さを思いますね。

2013/8/20(火) 午後 8:56 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事