れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

この度の豪雨により犠牲になられた方のご冥福を祈り、被災された方々に心からのお見舞いを申し上げます

全体表示

[ リスト ]

これからご紹介する「写真集」は、昨年末にオークションで見つけたのですが、発行年、「非売品」という情報以外はわからず、画像も、下のような真っ黒な地に「Papyrus」と金文字が入った表紙と、もう一枚舟木さんの私服のスナップ写真だけだったので、中身とか発売の主旨もわからず、入札をしばらく躊躇していました。それで、この写真集をお持ちだろうという方に頼って、おたずねしてみましたところ、丁寧に説明していただき、情報を得ることができたのでこうして手に入れることができました。
この場にて、あらためて、御礼申し上げます。
 
               Papyrus 舟木一夫写真集 1970
 
イメージ 1
 
            昭和45年、舟木さん26歳の頃に発行された写真集です
 
イメージ 2
 
昭和43年に舟木さんは所属事務所「第一共栄」から独立し「㈱舟木一夫音楽事務所」を設立。独立して2年後の昭和45年に自社から限定本(非売品)として発行されたものだそうです。その頃の状況は、大倉明氏著の「青春賛歌」第3章「どん底をさまよった”寒い時代”」に以下のように記されています。
一部を抜粋させていただきます。
 
「ディレクター栗山章の突然の退社」という最初の項を受けて・・・
 
悪いことは重なるものだ。舟木は昭和43(1968)年2月21日、東京ヒルトンホテルで”懇談会”を開き、5月1日に「舟木一夫音楽事務所」を設立すると発表した。
 
〜中略〜
舟木率いる最初の仕事は、舟木自身の企画で実現した日本テレビの連続ドラマ「泥棒育ち・ドロボーイ」で、連ドラの主演は初めてだった。「ねずみ小僧」の現代版という内容で、昭和41年9月8日公開の東映映画「太陽に突っ走れ」で共演した大原麗子のほか、横山道代、大坂志郎、小坂一也らが出演した。撮影は6月から始まり、放送は10月3日から12月26日まで。ウケる自信はあったが、漫画やテレビでスポーツ根性ものが流行っている時代。第2話まで見た段階で、舟木自身が「ちょっぴりキザで、おしゃれなドロボーが主人公では浮いている。これはフライングだ」と感じた。〜
 
〜中略〜
歌も10月に”心のステレオ"第2弾のアルバム「雪のものがたり」をリリース。このアルバムをメインに10月4日の東京サンケイホールを皮切りに11月11日まで、デビュー5周年記念全国縦断リサイタルを25都市で計45回開催。スタッフと舞台装置、照明機材などは東京公演のものをそのまま大型バス1台と大型トラック2台で運ぶという、これまで以上の力の入れようだった。
 
〜中略〜
表向きは順調に見えた舟木だったが「昭和43年は舟木一夫が思い切り暗転するスタートの年で、歌の企画もロクなもの出てこず、自分の歌もズタズタに崩れ、ドロ沼に入り込んでいった」(舟木)そんな風には見えなかったのは、「デビュー以来、それまでに積み上げた実績の余力、果実を食いつぶしながら走っていたにすぎなかった」からだという。
故郷・愛知県一宮市から上京させて東京世田谷区代沢で一緒に暮らし始めた家族の”崩壊”もこれに追い打ちをかけていく・・・・
 
〜中略〜
昭和45(1968)年・・舟木がこの年発売したシングルは「心配だから来てみたけど/再会」「青年の唄/うわさのあいつ」「紫のひと/東京みれん雨」「霧の街/二人の夜」のわずか4枚。舞台は四月に大阪・新歌舞伎座(8日から26日)、8月に東京・明治座(1日から28日)、12月には名古屋・御園座(4日から10日)で公演しているが、目立った活躍はなかった。明治座では、「新吾十番勝負」「日本の旋律・荒城の月」と題した公演を行ったが、公演中の8月12日午前4時30分、詩人・西條八十が急性心不全のため亡くなった。78歳だった。
 
デビュー以来、またたく間に頂点にのぼりつめた舟木さんにとって、ご自身がおっしゃる「寒い時代」の始まりの頃が、この写真集の発行された時期と重なります。
いわゆる、雑誌用のポートレートなどの写真ではなく、舟木さんが私服でプライベート風なスナップ写真のようなものもいくつか掲載されていますが、そういった、その頃のリアルタイムの写真の表情にはデビューから数年間の写真のような、溌剌とした爽やかさは、やはり、感じられない気がして、ちょっと切ないです。
 
 

イメージ 3Papyrus 舟木一夫写真集1970 
昭和45年8月1日発行
編集:(株)舟木一夫音楽事務所

パピルス(pspyrus)とは古代エジプトの葦の名である エジプト人はこの葦のようなパピルスで舟を作り太西洋を横断し偉大なるエジプト文化を南アメリカに伝えインカ帝国の文化の礎を作ったのではなかろうかといわれている 葦は子どもの手でも折れる柔らかな水生植物であるそんな葦で釘もない時代に作った舟なのだ。その舟が 木造でもなく鉄鋼船でもないその舟が 風にも耐えてあの広い大西洋を横断するのである パピルスのように柔軟でありながら鋼にも匹敵する強靭さこそ舟木一夫の舟ではなかろうか あえて舟木一夫の写真集のタイトルをパピルスとする所存である 舟木一夫クン君こそ現代のパピルスであって欲しい 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
芸術には国境がない 
なんの説明を加えないでも 世界のすべての人の魂に話しかけることができ 心と心を通わせることができる
そこに人類相互の信頼と調和が生まれ 平和が訪れる
そこに芸術家に期待される社会的使命がある
 
イメージ 8
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
イメージ 10プロの歌手になるというボクの人生の第一目的をはたした年 でも仕事が 自分自身になにかもうひとつピンとこないで ただもう無我夢中で雲の上を歩いているようでした
それからこの年の10月「学園広場」を歌ったとき ”ああ プロの歌手になってホントによかったなあ”と感じた
12月にレコード大賞の新人賞をもらったときは嬉しさのまえにその責任の重大さを痛感しました そして思いました ”ファンの皆さん ありがとう”と
 
 
イメージ 11
 
38
1963年(昭和38年)発売シングル盤
 
イメージ 12高校三年生 
作詩:丘灯至夫 作曲:遠藤実
http://www.youtube.com/watch?v=nhXoeMxs4Mw

 
只今授業中  
作詩:関沢新一 作曲:遠藤実
http://www.youtube.com/watch?v=QBwa4zx9bMo
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18舟木君に望む  川口松太郎 
 
流行歌手の生命は短いというが舟木君は長い人だ。今後も長く唄いつづけるだろう。歌ばかりでなく芝居もぐっとうまくなった。私もかつて彼
のために「春高楼の花の宴」という舞台脚本を書いたことがある。明治書生の役をそれらしくやって成功したが、彼の舞台にはユウモアがある。村上元三君の時代劇脚本では二枚目半的なアクションで観客を喜ばせるシーンが随所にあった。躰に備わる愛嬌だからユーモラスな特徴を生かす脚本を得て、その方面の演技を開拓し得たらそれこそ鬼に鉄棒だ。(*金棒の意)
舞台人の大事なことは他人の持たない特技を身につけることで、特徴のない芸能人は永続性がない。舟木君は歌という特技に加えて舞台俳優の演技を身につけている。美しい二枚目の上へ愛嬌のあるユウモア演技を自分のものにしたら両手に鉄棒を持つのと一緒だろう。若い二枚目なら誰でもやる。平凡な二枚目ではつまらない。舟木君でなければならない持ち味が完璧になったら舞台人としての生命は永遠であろう。そういう舟木君になってくれることを望む。
 
 
39
 
イメージ 19
 
 
イメージ 20”君たちがいて僕がいた””花咲く乙女たち”などを歌っ
ていて悩んだこと・・・・・
 
それは、学園ものや青春ものだけを歌っていて どこまでやれるだろうか? 限界があるんじゃないだろうか でもファンの方々は喜こんでくれている それなのにボクはそれをすてなければならないかもしれない どうしたらいいんだろうボクは?・・・・・
 
こんなことを考え悩み苦しんだ年だった 
 
3月に初めての国際劇場でのワンマン・ショーが大入りで大カンゲキ 
 
それからちょっぴりはずかしいけど言っちゃおうホントのことをこの年に初恋をしました 相手は誰だって? 
まあ それはカンベンしてください
 
 
 
イメージ 241963年(昭和38年)発売シングル盤
 
初恋の駅   作詩:関沢新一 作曲:山路進一
http://www.youtube.com/watch?v=gWoEQQg1GDk

 
さらば古い制服よ  作詩:丘灯至夫 作曲:戸塚三博
http://www.youtube.com/watch?v=ZAr8QTbYobc(kazuyanさん)

 
青春はぼくらのもの 作詩:丘灯至夫 作曲:遠藤実
http://www.youtube.com/watch?v=hvGl3tKe6vE(kazuyanさん)

 
少女  作詩:石本美由起 作曲:山路進一
http://www.youtube.com/watch?v=i77y8CHaBX4

 
若き旅情  作詩:西條八十 作曲:遠藤実
http://www.youtube.com/watch?v=q4o-_EvPvNY(kazuyanさん)

 
イメージ 21
 
 
イメージ 22右衛門七節  作詩:西沢爽 作曲:遠藤実
http://www.youtube.com/watch?v=xx-dDbUk06A
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
〜「Papyrus」 舟木一夫写真集 1970 その2につづく〜

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

春日局さんこんばんは。
見たことも聞いたこともない写真集があったのですね。
舟木さんは復活の時に川口松太郎氏のコメントを覚えてらしたのでしょうか…?
私の知らない舟木さんのご紹介をありがとうございます。

2014/1/14(火) 午後 10:35 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

春日局さん、貴重な写真集ご紹介ありがとうございます。春日局さんのおっしゃるように写真を見比べますと舟木さんの表情にその時期の気持ちが表れているようですね舟木さんの(このままこのような歌を歌っていて・・・)という悩みは、ご自分を客観視できるからこそ深かったでしょうね。学園歌謡、青春歌謡を歌い続けても年はとっていく、ファンはそこまでは考えていないから、今この歌を歌う舟木さんを喜んでいる・・・ためになお悩む。アイドルになった舟木さんはアイドルの限界がちゃんと見えていたのでしょう。演歌で売り出した方はこんな悩みはしないですものね。アイドルとなった方々の行く末はその後を見ても成功されている方は稀ですものね。川口松太郎さんのお言葉も興味深いです。また舟木さんの本音のようなお言葉も。この頃アイドルから脱して、初恋の話もしていいかな・・と思えたのでしょうかね(笑)どなたかは本当に気になります「初恋の駅」は舟木さんはお好きじゃない(こんな歌うたっていていいのか?)でしょうが、私はあの可愛いはつらつとしていた舟木くん時代の歌なので大好きです(笑)

2014/1/15(水) 午前 11:11 [ 復活舟木組 ] 返信する

kaorukoさん、私もこの写真集のことは知りませんでした。あとで調べてみたら大倉さんの「青春賛歌」の資料の中に記載されていました。
川口松太郎氏の望まれた通りの舞台役者になられた舟木さんをきっと喜んでいらっしゃるでしょうね。元々資質は備えていらしたと思いますが川口氏の言葉は後年まで舟木さんの背中を押して下さったんだろうと思いますよね。

2014/1/15(水) 午後 10:56 春日局 返信する

復活舟木組さん、若い頃からご自身の歌い手としての将来を真摯に考える一方で〜これはご両親や弟妹の生活を支えるという責任感も含んでたでしょうね〜ファンの気持ちを大切になさってきた舟木さんだったんですね。こんなナイーブさと優しさが数年後に舟木さんを暗闇へと追い詰めたのだろうなと感じます。
爽やかで元気いっぱいの舟木さんだけでなくこういった時期の舟木さんもすべてひっくるめないと今舟木さんが放っていらっしゃる突き抜けた輝きや笑顔の本当の魅力や価値は語れないと私は思っているんですよ。初恋の駅は可愛くて自分自身が可愛かった頃の昔が懐かしく思い出されます(笑)

2014/1/15(水) 午後 11:07 春日局 返信する

春日局さん、こんばんは。私は、この写真集を持っていました。舟木さんの著書、舟木さん関連の著書はほとんど・・・・・・?
でも今、私の手元には舟友さんからいただいた御芝居のパンフレットが10冊くらいと「瞬」「華」「愁」「透」だけです。
私が初めて手にした舟木さんの写真集「Papyrus」のことや色々な出来事を思い出し、懐かしい想いや切ない想いが。そして楽しかったこと嬉しかったこと等などが蘇りました。春日局さん、ありがとうございました。

2014/1/19(日) 午後 7:47 めぐみ 返信する

顔アイコン

めぐみさん、お持ちだったとは、さすがですね。私は今ごろになって集めてます(笑)この写真集が発行された当時は、舟木さんにとっても辛い季節の始まり頃だったようですね。今後も少しずつご紹介していきますので懐かしく想い出していただけたら幸いです。

2014/1/19(日) 午後 10:15 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん 昭和45年に舟木一夫友音事務所から出された非売品の写真集、、、貴重なものですね。この頃は私的には舟木さんとは一番距離があり、埋められない太い溝が横たわっていた時代でしたが、かなりの焦燥感もある中で、舟木さんは懸命に頑張っていたんだなぁ、と強く感じられる写真集ですね。

2014/1/20(月) 午後 11:01 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

満天の星さん、この写真集は正直言って発行の意図がイマイチ見えてこない気がしています。デビューから7年目で、舟木さん御自身の口からお聞きすること、また自著などからすると舟木さんの行く手に暗雲が広がっていく時期ですから、余計にそんな印象を受けてしまうのかもしれませんが・・・どうも過去の栄光をたぐりよせている感じの写真集のように思えてしまいます。それは舟木さんの意志ではなく周囲の方たちの焦りのようにも思えます。編集や装丁もどこかプロの仕事とは思えない印象はぬぐいきれないというのが正直な感想です。だからこそ、皮肉なことかも知れませんが、そういった観点から、この写真集は今となっては舟木さんの「日翳りの季節のはじまり」の貴重な資料と云えるのかなぁと私には感じられてしまいます。

2014/1/21(火) 午前 11:46 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事