れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

ご訪問数が900万件を超えました。ありがとうございます🎵今後ともよろしくお願いいたします。

全体表示

[ リスト ]


1967年1月3日に、日活のお正月映画として封切られた「北国の旅情」併映は吉永小百合/渡哲
也「青春の海」)を御紹介します。

イメージ 26

 

イメージ 1舟木さんの日活作品の11作目の映画です。そして、西河克己監督作品としては4作目です。この映画の主題歌の詩作も西河監督がされています。
この時期は、前年の「絶唱」の大ヒットで舟木さんが、それまで以上に超多忙を極めていらしたのだそうですが、日活としては、お正月映画として、どうしても興行的なヒットを出したいという意向が強く、8日間ほどで朝昼の区別なくハードスケジュールで撮影したということです。そのため主題歌が間に合わず、舟木さんご自身が西河監督に作詩を依頼なさったとのことです。おそらく西河監督による歌謡曲の作詩はこの作品のみではないかと思われます。作曲は、あの名曲「高原のお嬢さん」の作曲をなさっている松尾健司氏です。

 
イメージ 2物理的事情であったにしろ、日活の青春映画、文芸映画の巨匠である西河克己監督の唯一の歌謡曲の詩作というのですから、その希少価値においても注目されますが、この詩からは、やはり石坂洋二郎原作の映画「青い山脈」と、その主題歌である西條八十作詩の「青い山脈」が思い起こされます。モチーフは「雪〜山〜空〜夢〜雪割草」以下のように「青い山脈」の一番の歌詞の中で使われている言葉が並びます。「北国の旅情」公開は1967年で既に戦後20年を経過していますが、昭和40年代の初めというのはまだまだ戦後の尻尾を引きずっていた古き良き時代だったのかもしれません。


イメージ 3青い山脈 作詩:西條八十 作曲:服部良一
舟木さんの歌唱です↑kazuyanさん動画
 
若く明るい 歌声に
雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割桜
空のはて
今日もわれらの 夢を呼ぶ

 
 
イメージ 4北国の旅情  作詩:西河克己 作曲:松尾健司
http://www.youtube.com/watch?v=dAK-mgnVCs8
kazuyanさん動画

君をたずねて やって来た
雪にふるえる 北の町
胸は高なる あのあこがれの
かがやく嶺に 夢はとぶ
あゝ ただひとり
青春の青春の 旅の朝
 
甘い涙を かみしめて
嫁いで行くよ 明日の日は
君の涙は 忘れはしない
さよなら言って 別れよう
あゝ ただひとり
青春の青春の 旅の空
 
あつい心を だきしめて
登る谷間の 岩かげに
春を待つのか 雪割草よ
ふまずに行こう 君のため
あゝ ただひとり
青春の青春の 旅の路


イメージ 5この映画のあらすじをさらにダイジェストにして、ご紹介します。
資料は「別冊・近代映画1967年2月臨時増刊号からです。
 
原作:石坂洋次郎 (作品集「冬山の幻想」ほかより)
脚本:倉本聡/山田信夫    監督:西河克己
上村英吉:舟木一夫/金井由子:十朱幸代/河原吉之助:東野英治郎/河原健二:山内賢
 
イメージ 6
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あらすじ
イメージ 8冬休みに入ってまもなく、上村英吉は帰省している金井由子から手紙をもらった。近く婚約すると書いてあった。英吉と由子は、大学の同級生で二ヵ月後の三月には学窓を巣立つことになっている。はっきりと将来を誓い合った仲というわけではないが手紙を受け取って英吉はショックを感じた。スキーの上手い英吉はこの冬もアルバイトにスキー場で指導員をやることになっていた。その帰り、由子の家を訪ねてみることにした。〜中略〜
由子の縁談の相手というのは河原家の長男健二だった。河原家の当主河原吉之助は明治四十年、鹿児島から口べらしのために、たった一人この北国に売られてきた。裸一貫で叩き上げて今日では河原屋醸造の社長としてこの町きっての名士になっている。無学な吉之助だが勉強家で由子を家庭教師に、中学一年の英語の教科書を勉強している。息子の健二も家業の酒造り以外には能のない素朴な若者で、それだけに大学出の由子をぜひ息子の嫁にというのが吉之助の念願だった。〜中略〜
英吉の出現で、せっかくの良縁が駄目になるのではないかと、金井家の人は心配した。案の定、健二の父吉之助は英吉の出現に動揺した。また由子の父半造も、由子に英吉との関係を問いただすという有様だった。しかし、由子は英吉に、健二を愛しているから婚約したのだといい。英吉はそれを聞くと、由子の仕合せを祈って金井家を辞した。英吉は由子を前から好いていたのだが・・・
 
この後、英吉と由子、由子の妹、そして健二と吉之助などをめぐって、物語は展開していきますが、あらすじは、私が、今回、ご紹介したい「舟木一夫の刈干切唄」に関連する場面まで一挙に飛びますのでご了承くださいね。

この映画の中で、舟木さんが一曲の民謡を歌われています。「刈干切唄」です。この歌は、以下のような物語の展開の中で歌われました。

イメージ 9健二の父、河原吉之助は、由子と健二の結婚にとって「邪魔になる存在」の英吉にくぎを刺そうと英吉が逗留している、由子の実家・「金の湯」に乗りこんできます。奥の座敷で、英吉と吉之助は対座します。
以下ふたりの会話形式です
 
 
 
 
吉之助:おはんにききたい。おはんは由子に惚れとるのか。いや惚れとってもええ。由子をあきらめられるか?
英吉:由子さんは、今どこにいるんです?これは彼女とぼくの問題です。二人で会って話をします。
吉之助:ならん!
英吉:なぜでしょう?
吉之助:ならんと言ったらならんのじゃ!
イメージ 10英吉:あんたは卑怯じゃ
吉之助:卑怯じゃ?
英吉:そうじゃ。若い者の話ぁ、若い者の話ばい。そこに親父がしゃしゃり出るこつはなかっ。息子には逢わせる!他の男にゃ逢わせん。そがい不公平ば誰が許すとかッ!
 
興奮した英吉が、思わず国の訛りをまるだしにしたのを吉之助はききとがめた。
 
吉之助:お、おはん、もしや鹿児島県人じゃなかと?
 
イメージ 11不思議な偶然だった。英吉も吉之助も同じ鹿児島県人で、出身も同じ桜島だった。そして去年の夏、英吉が帰省中に葬式に立ち会った山下屋のとめ婆さんは吉之助の幼なじみだったのである。吉之助の目にみるみる涙が湧いてきた。
 
吉之助:おはん、刈干切唄を知っとるか?
英吉:知ってる。
吉之助:歌え!
英吉:よしッ!
 
英吉は座りなおした。腰に手を当て、目を閉じて歌いだした。
 ♪ここの山の 刈り干しゃすんだよ 明日は たんぼで たんぼで 稲刈ろよ・・

イメージ 12刈干切唄 宮崎県民謡 映画「北国の旅情」より
http://www.youtube.com/watch?v=b6DjBdLOUic 
舟友のkazuyanさんの動画です↑
ここの山の 刈干(かりぼ)しゃ すんだヨ
明日はたんぼで たんぼで 稲刈ろかヨ
 
もはや 日暮じゃ 追々(さこさこ)かげるヨ
駒(こま)よ いぬるぞ いぬるぞ 馬草(まぐさ)負(お)えヨ
 
おまや来ぬかよ 嬉しい逢瀬(おうせ)ヨ
こよさ母屋(おもや)の 母屋の 唐黍(とうきび)剥(む)きヨ

イメージ 13甘い感傷が吉之助の心をゆさぶった。吉之助は英吉にすぐに霧澄温泉に駆けつけるようにと言った。
ぐずぐずしていると、由子と健二とがどうなっているかわからない。意気地のない息子を励まそうと、健二に由子の部屋に夜這いするように命じた吉之助だったからだ。
 
イメージ 14
 
 
 
 
そして物語の結末はというと・・・
 
英吉は、由子と自分とのことについて真剣に考えてみた・・そして、出た結論は、健二と由子の間は生活と結びついた愛であり、自分と由子との間は、学園の中での友情なのだと悟った。英吉は由子に自分の想いを打ち明け、健二との幸せを願うと言った。翌朝、一番列車で英吉は東京に発った。由子は健二の店の配達トラックに同乗して、英吉の乗った列車を追いかけ、健二と二人で、英吉を見送るのだった。
 
この映画が公開されたのは1967年1月で、私が大好きな「絶唱」の公開から数カ月しか経っていない時でしたが、多分、それほど関心がなかったのか、ほとんど記憶にはありません。ですから、初めてこの映画を観たのは、舟木さんと再会して数ヵ月のことです。親切な舟友さんのご厚意で観ることができました。物語そのものは昭和の青春映画やテレビなどで放映されたいくつかの石坂洋次郎もので、若くて清潔な舟木さんの魅力が生かされた作品という印象でしたが、「絶唱」や「その人は昔」「残雪」などよりは、軽いタッチのものでしたから強烈なインパクトは感じなかったというのが正直なところですが、この「刈干切唄」の場面には、惹きつけられました。

東野英治郎さんと舟木さんが画面の左端と右端に座って対峙する姿が、まずステキです。正座している舟木さんの背筋がピシッときれいに伸びていてうっとりです。ベテランの東野さんとの鹿児島弁のセリフのやりとりとりのシーンは、この映画の一番の見所ではないでしょうか。私には地元の正しい鹿児島弁はわかりませんが、舟木さんの鹿児島弁は凛としていて歯切れが良くて聴いていてとても心地よく感じました。
 
河原家の当主河原吉之助は明治四十年、鹿児島から口べらしのために、たった一人この北国に売られてきた↓
 
イメージ 15
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉之助の所望に応えて、目を閉じて「刈干切唄」の世界に入っていく舟木さんと、桜島を臨む段々畑で、幼い少年だった吉之助と幼なじみのとめとが大きく手を振り合って別れを惜しむ回想の映像が重なります。ふるさとへのノスタルジーが、描かれたこの場面はおそらく西河監督にとっても一番大切にしたいシーンだったのではないかと想像します。
イメージ 17もし、若い頃にオンタイムで私がこの映画を観ていたとしても、このシーンはそれほど印象に残らなかったのではないかと思います。私自身が年を重ねてから、この映画を観たからこその「名場面」なのかもしれません。
舟木さんの歌う「刈干切唄」は、当時まだ二十代に入ったばかりだったことを思うと、驚くばかりにその里山の風景や空気や、そこで生きて、働く人々の心に寄り添った感性が働いていらして、やはり若い時から表現者の資質を見事に備えていらしたのだと思わざるを得ません。
 
なんともいえない情と色気がひなびた里山唄の中に節度をもって織り込まれ、唄い手の力によって、そこに秘かに閉じ込められていた香りが、命を吹き込まれたかのようにじんわと広がって漂ってきます。仕事唄(民謡)の持つ大らかさと品格が舟木さんの声質によって実に見事に引き出され、本来の仕事唄からほどよく泥を落としたような洗練された色合いとなって私たちの耳に心地よく響いてくる感じがします。

ふと思ったのですが、「北国の旅情」の原作というか、構想のヒントになっている石坂洋次郎の原作の中で、「刈干切唄」を主人公が歌う場面はあったのかな?ということです。「絶唱」の原作では、「吉野木挽唄」は、戦争で遠く引き裂かれた順吉と小雪とをつなぐ唄として作者によって描かれていますが・・・
イメージ 18
いずれにしても、舟木さんにこの映画の中で「刈干切唄」を歌わせてくださった西河監督に私としては心からの賛辞を贈りたいと思います。音源としてこのような素晴らしい舟木さんの歌唱が、残っていることに深い感謝の想いでいっぱいです。
 
舟木さんの「民謡」に関連する若い時のお仕事としては、デビュー間もなく企画された、アルバム「舟木一夫と若い民謡」があります。このアルバムについては、また後日、取り上げていきたいと思っていますが、今回は、「絶唱」の中で舟木さんが歌われている、「吉野木挽唄」と民謡ではありませんが、オリジナルの「ひぐれ山唄」を併せてご紹介します。
 
 
 
 
 
 
先ず、2014年の通常コンサートのラストで歌われて、感動を呼んだ「吉野木挽唄」・・・
こちらも舟友のkazuyanさんの動画でお楽しみ下さい
 
イメージ 19吉野木挽唄 映画「絶唱」より
http://www.youtube.com/watch?v=b7jhrLTF-z4
 
ハアー 吉野吉野と 訪ねてくればよ
吉野千本 サア 花盛りよ
 
ハアーいつの頃から 木挽を習いよ
花の盛りを サア 山奥によ
 
 
 
イメージ 20
イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

イメージ 22「ひぐれ山唄」は1966年5月に「今日かぎりのワルツ」のB面としてリリースされています。「哀愁の夜」と「絶唱」という大ヒット曲の間に挟まった時期のシングルで、舟木さんの曲としては大ヒットというクラスとは言えませんし、曲調も地味ですが、私の大好きな歌です。丘灯至夫氏の作詩で山路進一氏の作曲です。
 
生まれ育ったふるさとに根づき、大きな自然と共にくらし、その自然から恵みを受け、生業(なりわい)をたてていく若者の、素朴な恋を詠った隠れた名曲だと思っています。日本の故郷と、そこに生きる人々のつつましい暮らしと清潔な美しさが描かれたこんな世界もまた、舟木一夫にしか再生できない風景であり抒情であるのだと思います。

 
イメージ 23ひぐれ山唄 
作詩:丘灯至夫 作曲:山路進一
http://www.youtube.com/watch?v=T8mJ2utfYj4
kazuyanさんの動画
 
山の男はヨ なに見て暮らすヨ
谷にひとすじ 糸ひく煙
あれはあの娘の
あれはあの娘の 炭焼く煙ヨ
 
あの娘十六ヨ ひとみも燃えてヨ
あいに来る日は 手に花さげて
杉の峠で
杉の峠で 山唄うたうヨ
 
 
ひぐれ山唄ヨ 淋しいけれどヨ
いつか一緒に 暮らせる時は
灯りともして
灯りともして 星見てうたおヨ

 
イメージ 24どんなジャンルの歌も舟木さんが歌うと、舟木一夫ワールドのフィルターにかけられてまろやかで角のないものになるので、いわゆる癒し系・・・舟木さんご自身が御自分の声なり歌を「鎮静剤」ともおっしゃっていらっしゃるのですが・・アロマテラピー効果があるかのようですね(笑)考えるに、舟木さんの歌声は精神を鎮める芳香を発しているということになるのでしょうか。

イメージ 25
 













この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

春日局さん こんばんは。
まことに的を得た解析と思います。
特に強く感じる処を品用させて頂きますね。
”舟木さんの歌う「刈干切唄」は、当時まだ二十代に入ったばかりだったことを思うと、驚くばかりにその里山の風景や空気や、そこで生きて、働く人々の心に寄り添った感性が働いていらして、やはり若い時から表現者の資質を見事に備えていらしたのだと思わざるを得ません。 ”
全く納得ですね。
見事な表現力と思います。

2014/4/12(土) 午後 9:00 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

春日局さんこんばんは。
〔北国の旅情〕は2000年以降にビデオを購入して、初めて見ました。私はお気に入りの映画です(笑い)
本当にこの映画で♪刈干切唄を歌わせて下さったことに感謝ですね。
♪吉野木挽唄も…♪木挽哀歌もいいです。
舟木さんの歌唱は素晴らしいです。
♪刈干切唄は宮崎県高千穂町の民謡ですが、こちらでも良く歌われてます。鹿児島弁は各地で同じ方言とは思えないほど違います。
今も、聞き取れない時があります(笑い)。
桜島を臨む段々畑は今は、灰まみれかもしれませんね。
ありがとうございます。

2014/4/12(土) 午後 10:26 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん、「刈干切唄」は2007年発売のCDBOX「思い出アルバム」に収録されたものが唯一の音源ですが、いつでも夢を♪さんも多分この音源をお持ちだと思います。私は所持してませんので聴きたくなるとyoutubeで楽しませていただいています。舟木さんの民謡はセンシブルで小洒落た中にも日本の美しい風景やそこで生きる美しい人たちの香りを届けてくれますね。本当に心で歌う魂の歌い手であればこそこれほど広いジャンルの歌をすべて自分のものとして描きだせるのでしょうね。

2014/4/13(日) 午前 10:21 春日局 返信する

顔アイコン

kaorukoさん、お気に入りの「北国の旅情」と「刈干切唄」を楽しんでいただけたようで嬉しいです。オンタイムで観ていない私は、若い男女の恋の行方よりも、東野英治郎さん演ずる吉之助の厳しい人生の旅立ちの日の幼馴染みとの別れのシーンとこの「刈干切唄」の持つもの哀しさや、同時に山村で営まれている名もなき美しい人々のくらしを見事に表現なさった若き日の舟木さんの歌い手としての力量に心を奪われました。心に沁み入る歌声です。

2014/4/13(日) 午前 10:27 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん、舟木さんのもう一つの魅力を表す曲のご紹介ありがとうございます。私もラブ・ソングの時にはやや緊張して読むですが(笑)これらの曲は安心して読ませて頂いています。私もこの映画では東野英治郎さんとの対話の場面が一番印象的です。舟木さんの清潔で若々しい凛とした佇まい、東野さんの味わい深い厚みのある姿、見た目、話ぶり、すべてが対照的ですが、歌を通じて共感が生まれてくる・・・歌というものは人の心に本当に染み入って、心を揺り動かすものだと思います。人の世が始まってほどなく音楽が生まれたのも分かります。人はあらゆる状況で詩とメロディで心情を表したくなるのでしょうね。また舟木さんの哀愁に満ちたお顔も印象的です。人の表情も環境がつくるのでしょう(お若い時から可愛いだけでなく哀愁がふと感じられるところが注目されていたようです)。またこの映画を見ると大忙しだった舟木さんに映画に引っ張り出した映画会社にちょっぴり怒りを覚えます(笑)ファンの要望もあったのでしょうが舟木さんだと確実に収益が期待できるといった営業側の都合。徹夜続きなんて本当に可愛そうです。今はありがたく見ているのですが(笑)

2014/4/13(日) 午後 1:29 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、ラブソングで緊張・・思春期の初々しさを失っていないんですね。それが復活舟木組さんのステキな個性ですね舟木さんが若い頃に眠る間もないほどたくさんのお仕事をして下さったおかげでこうして膨大な映像や音源や資料が残っているのですから、私たちのような何十年も舟木さんから離れていた「薄情者」〜この表現は舟木さんがコンサートのスタンディングで立たないファンに洒落でおっしゃる言葉で私のお気に入りです(笑)〜でも古い雑誌やレコードや映画のDVDなどからデビュー時代や私たちが知らなかった時代の舟木さんに出逢えるのですから今となってはありがたいことなんじゃないかな・・と私は思っています。青春を賭けて力の限りお仕事をして下さった舟木さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

2014/4/13(日) 午後 2:49 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん 今日は。
『刈干切唄』も『吉野木挽唄』・『ひぐれ山唄』どれも素朴な唄ですが、舟木さんが歌われるとちょっと洗練された趣があるように思います。声質に哀愁があるので歌詞がのどかでも悲歌のようにも聞こえることがありますが、舟木さんの体を通して十分咀嚼されて出てくるので聴いていると本当に癒やされますね。
『北国の旅情』の映画で東野英治郎さんと台詞で渡り合ったことは、舟木さんにとっていい思い出でもあり、財産でもあるのでしょうね。
主題歌が軽快で気持ちがよいのは、「高原のお嬢さん」の作曲をなさっている松尾健司氏とお聞きして納得です。

2014/4/14(月) 午後 4:27 ゆふぎり 返信する

顔アイコン

ゆふぎりさん、舟木さんはやはり存在そのものに芸術性を感じさせる人だとつくづく思います。聴き慣れた歌であっても舟木さんの肉体と精神の回路をめぐって出てくるものすべてが、世俗的なものを浄化させて表出されたもののように思われます。素朴さを損なうことなくそこに洗練された輝きが見えるのはそのせいかも・・などど想ったりします。若い頃のひとつひとつの仕事を何一つムダになさっていないということはそれだけ誠心誠意、真摯に取り組まれたからなのでしょうね。松尾健司さんは名アレンジャーとして名を成した方のようですが舟木さんに「高原のお嬢さん」という名曲を提供して下さったことで私たちにも親しみを感じる方になったのですよね。

2014/4/15(火) 午前 7:56 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さん 「北国の旅情」では、長山藍子さんの東北弁『絶唱』もさることながら、西河監督自ら作詞された主題歌と、舟木さんが東野英治郎さんを前に披露する「刈干し切り歌」が絶品ですね。東野さんに滂沱の涙を流させてしまう舟木さんの「刈干し切り歌」が聴きたいばかりに「B面コレクション」を入手したようなものです。若い舟木さんのあの表現力に感嘆しました。一瞬のうちに、故郷での幼い日々、大人たちが厳しい労働をしながら歌う仕事唄の世界に繋がっていく健二の父という東野さんの設定に、舟木さんの「刈干し切り歌」は大きな役目を果たしました。「刈干し切り唄」があったればこそこそ、頑固なこわもて親父の東野さんが柔らかな子供の心を取り戻し、心が解けていったのですものね。

2014/4/15(火) 午前 11:24 満天の星Lovely 返信する

顔アイコン

満天の星さん、長山さんもまだお若くて可愛いですが女優としての実力はバツグンですね。「絶唱」で小雪の母、サトを好演なさった初井さんの味わい深い存在感がこの映画でも堪能できて嬉しく拝見しました。東野さんとの鹿児島弁での対峙の場面と舟木さんの「刈干切唄」の歌声と表情に、桜島や段々畑の風景が重なっていく映像はこの映画のクオリティをワンランクもツーランクもアップさせたのではないかと思います。そういった意味でも上村英吉はやはり舟木さん以外に考えられないですね。

2014/4/15(火) 午後 2:45 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事