れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

55周年ツアー・コンサート大盛況のうちに完走!心からおめでとうございます、そしてお疲れさまでした。

全体表示

[ リスト ]

公開舞台稽古の模様です。 新橋演舞場HPより転載させていただきました。
 
伊賀之亮の人間像は、やっぱり、情味を心のうちに秘めた男ということですね。
解説のラスト松也とは初共演となる舟木ですが、役柄そのままの大きな存在として、舞台を包み込むように共演者を引っ張っていく様子も際立ちます。」というのが、とっても嬉しく、さらに期待が増しますね。
 
 
http://www.kabuki-bito.jp/news/images/tenichibo_btt.jpg
http://www.kabuki-bito.jp/images/ico_triangle_up_s.gif 『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』右より、舟木一夫、尾上松也

 9月2日(火)に初日を迎える、http://www.kabuki-bito.jp/images/ico_arrow02.gif 新橋演舞場九月公演「舟木一夫特別公演」の第一部、『―天一坊秘聞―「八百万石に挑む男」』の公開舞台稽古が行われ、尾上松也が天一坊役で登場しました。

http://www.kabuki-bito.jp/news/images/tenichibo_at.jpg 雷鳴とどろく山中に、山伏姿で現れた天一坊(松也)。地主一党の横暴に抵抗する住人たちを救おうと、金剛杖一本で多勢相手に大立廻りを見せます。そこに現れた浪人姿の伊賀之亮(舟木一夫)を前に、天一坊は自分の父は八代将軍徳川吉宗と言い放ち、証拠の二品を取り出します。それを見た伊賀之亮はこの二品が世にも面白い芝居を見せてくれるかもしれないと語り、二人はとてつもない夢に向かって共に歩みはじめます。
 将軍の御落胤を名のる天一坊と、その後見で元は九条関白家の用人である伊賀之亮、老中の命を受けてこの騒動の真相を探る大岡越前守(林与一)、三者それぞれの思惑と駆け引き、さらに、次々と明るみになる真実…。江戸での“若様修行”、出生の秘密を知る住職との再会と、数奇で過酷な運命に翻弄される天一坊を、松也が繊細に演じて魅力ある人物につくり上げています。
 また、伊賀之亮は大きな夢を追いかけながらも、徳川吉宗(田村亮)への思いや、越前の妻、りつ(長谷川稀世)とのやりとりをとおして人とのつながり、血のつながりにことのほか心を寄せ、最後の最後まで情愛あふれる人間として描かれます。そして、八百万石に挑むという男の大きさにふさわしい豪快な幕切れを見せます。松也とは初共演となる舟木ですが、役柄そのままの大きな存在として、舞台を包み込むように共演者を引っ張っていく様子も際立ちます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

春日局さん、舟木さんはことさら(若手を育てよう)という気持ちで臨んでいるのではないでしょうけど、取り組む態度や姿勢が自然にそうなっているのでしょうね。こういうものはきっと伝わって引き継がれていくものなのでしょう。舟木さんは素直さと意欲で先輩方に愛され育てられたので、芸だけでなくそういう姿勢も備わったのだと思います。本当に嬉しく誇らしいですね。

2014/9/1(月) 午後 11:28 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、舟木さんは恩義という今ではほぼ死語になっている言葉が身体に沁み込んでいる古いタイプの男だと思います。ご自分が若い頃に先輩から受けた恩を自分にできる形でこの芸能界という世界で返していきたいという想いがとても強くおありなんだとコンサートのトークの端々に感じられます。ご自分の培ってこられたものを惜しげもなく「もっていくならもっていけよ!」という押しつけがましさのない男気が感じられますね。その貴重な宝物を吸収してくれる若い人たちがいて、次代の芸能者として成長していってくれることが舟木さんの願いでもあるのでしょうね。

2014/9/4(木) 午後 9:14 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事