れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

舟木さんステージ復帰おめでとうございます🎵55周年つつがなく完走なさいますように心からのエールをおくります。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1


遅くなってしまいましたが、松竹座のコンサートの模様のご報告をします。

シアターコンサートin大阪松竹座   2017年9月16日(夜公演)/17日(昼公演)

私が拝見したのは、16日の夜、17日の昼。トークの内容はごちゃまぜですので、ご了承ください。
ピンク文字が舟木さんのトーク部分です。

一部  35分  

豊藤美さん、豊藤馨さんの三味線が入って和物。淡い藤色、右袖だけ、白っぽくぼかしがかかった髭紬の着流し。襦袢はチャコールグレー、帯は白を基調に同じくチャコールグレー系の縞。素足に雪駄。

イメージ 8〜オープニング
火消し若衆

https://youtu.be/UuDp_8zqoXQ

夏が終わって秋が始まってるカンジです〜なんだか台風が来てるみたいですね。台風は、来る来ると云って勝手に速度を変えたりして…楽屋入りの頃は「秋晴れ!」ってカンジ。でも、お帰りの頃は土砂降り!…お客さまをおどかしてどうするんだ!(笑)私は飛行機が怖くて、帰れないかな?…そんなことより、今日はようこそお越しくださいました。
一部は日本調ということですが、なぜだかわかりませんが昭和45年、ホントに昭和45年を境に、ハサミで切ったように日本調の歌がプッツリなくなったんですね。

後方を振り返って、お三味線のおふたかたを紹介する舟木さん。
豊藤美お姉さん、豊藤馨さん。お師匠さんは、今日のステージの最年長。
最年長という豊藤美さん。背筋がピンと伸びてシャキッとした佇まいでカッコいい。しかもお顔立ちがとても可愛くてチャーミング。


お手拍子などいただきながら「江戸っ子もの」をつなげて…






イメージ 13おみこし野郎
https://youtu.be/9smyV5t9nyE

いなせじゃないか若旦那
https://youtu.be/lUqef1drgVU

銭形平次…これは大川橋蔵という人がスゴかった!時代劇というのも少なくなりましたね。今のテレビの時代劇を観るとエ〜ッ!って。和服を着て、かつらをかぶってる現代劇でしょう。…これも時代ですからね。
「♪ねじりはちまき きりりとしめて… 矢でも鉄砲でも もってこい♪」と歌ってみて「ヤセガマン」の威勢よさ、歌ってて楽しい…。
流行歌の日本調っていうのは、そもそも女性が歌ってきたジャンルで、男が歌う日本調はあまりなかった。小畑実さんの「花の三度笠」、東海林太郎さんの「赤城の子守唄」などを歌マネする舟木さん。ああいうのは僕の感覚では日本調というカンジはない…「湯島の白梅」とか「野崎小唄」っていうのが日本調という気がする。演歌、炎歌、援歌、怨歌、艶歌…いろんな字をあててますが、ここは「艶歌(ツヤウタ)」を色変わりで入れてみます。

京の恋唄  作詩:西條八十 作曲:竹岡信幸
イメージ 9
好きだけど たまらないほど好きだけど 
あなたは可愛いい 薄羽の蝶々
抱くにはあんまり か弱くて
かなしく見おくる 嵐山

さやさやと 嵯峨野の青竹風に泣く
あなたの来ない日 さみしい夕
昔も今でも 人の世は
恋ゆえ泣くのか 京の秋

恋あわれ 残るあなたの置手紙
抱けばほのかに 袖の香かおる
消えゆくあの夢 この夢おぼろ
若い日さみしく 鐘がなる


     恋人形  作詩:舟木一夫 作曲:山路進一 

イメージ 10す墨の 空はつれない 雨もよう 
帰るあてさえ ないひとに
いくつ折鶴 恋ごころ
にじむ 吐息の もどかしさ
 
ふるさとの 風はかおりも 秋化粧
落ち葉しぐれる 白壁に
揺れて とぎれて ほそぼそと
つらい噂も 気にかかる
 
うす紅の 目もとやつれて 恋人形
あやめ一輪 咲く帯に
かくしきれない あの夜の
命かさねた 夢のあと

「京の恋唄」は西條先生の詩で、映画になるはずだったんですが、断ち切れになっちゃって…西條先生に一箇所だけ言葉を変えていいですか…と、「いいよ」ということで…映画の台本では、物語の舞台は京都の奥に「柚子の里」というのがあって、「柚子の香 かおる」という詩になってたんですが、柚の字の「キヘン」を「コロモヘン」に変えて「袖の香 かおる」と変えてます…そんな経緯(いきさつ)のある歌なんですが。曲は竹岡信幸さんで「人妻椿」っていうヒット曲がありますから、「人妻椿」みたいなメロディラインの曲を書いて下さいよと頼んで書いていただいた。
こういう歌はもう書き手がいない。古典の世界ですから。今は僕らが子どもの頃とは風景がちがってますからね。


日本調の中でも、少ないのが武家モノというジャンル。唯一ヒットしたのは「侍ニッポン」舞台「新納鶴千代」が二十歳(はたち)、19歳で大河ドラマの右衛門七。今度、演舞場で「忠臣蔵」やりますが、右衛門七は17歳、与一のおじさんがやった堀田隼人は22、3歳くらい。それが今度は大石と吉良…ずいぶん歳月(とし)が流れたなぁ!…と。
僕の舞台(板のお芝居)の記念曲など武家モノを3曲。
                                        
                                こちらは1970年の明治座・初演「新吾十番勝負」パンフレット

イメージ 11葵の剣  作詩:土橋成男 作曲:山路進一
(1971年 明治座公演「新吾十番勝こ負・完結編」 主題歌)

色もゆかしき 葵の紋に
母の面影 求めつつ
剣を命の 十番勝負
ああ葵新吾の 行くところ
白刃冴えて 雲を呼ぶ

香り胸打つ 葵の紋に
父の呼ぶ声 ふり捨てて
剣を命の 十番勝負
ああ葵新吾の 行くところ
白刃冴えて 夢を斬る

明日は花咲く 葵の紋に
映えてまぶしき 日の光
剣を命の 十番勝負
ああ葵新吾の 行くところ
白刃冴えて 虹をかく




*1971年の明治座公演「新吾十番勝負」は1970年初演に続いての続編(完結編)で、「葵の剣」はこの公演に際して脚本・演出の土橋成男さんが作られたものです。
音源収録は「15周年記念舟木一夫大全集10枚組 限りない青春の季節 舞台主題歌集」


イメージ 12あゝ桜田門 作詩:西沢爽  作曲:船村徹
(1969年 明治座公演 「新納(にいろ)鶴千代」主題歌)

イメージ 14剣じゃ斬れない 天下の流れ
知っていながら おれは行く
新納鶴千代 唇かめば
赤い雪ふる 桜田門

敵がありゃこそ 今日まで生きた
夢がむなしい 江戸の春
野暮はよせよせ 勤王佐幕
可愛い女が 泣くだけよ

一夜あければ 時代が変わる
いつかおれなど 忘られる
せめて刻むか 桜田門の
雪にはかない 武士の名を




舟木さんがトークでおっしゃった「侍ニッポン」の主人公が新納鶴千代。「あゝ桜田門」は、井伊直弼の隠し子という設定の郡司次郎正原作の小説「侍ニッポン」を演出家の土橋成男氏が脚色したお芝居「新納鶴千代」の主題歌です。

右衛門七討入り  作詩:西沢爽 作曲:遠藤実
 
イメージ 15ふりつむ雪を血に染めて  
四十七士の鬨の声
矢頭右衛門七 散りゆく花か
恋も知らない 若い身で

討たれるものも 討つものも
ともにこの世は 夢の夢
赤穂浪士の 誉にかけて
ゆけととゞろく 陣太鼓

勝利のあとの 哀しみを
抱いて見返る 吉良屋敷
四十七士の 去りゆく影に
ふるははかなき 江戸の雪


「右衛門七討入り」は19(才)の時に歌った…というより歌わされた歌、19のヤツに「♪討たれる者も 討つ者も ともにこの世は 夢の夢♪」なんてネ、わかるワケがない。こんな風に負荷のかかる歌も出てきて勉強になるという…そういうことを云うのはオレもトシだ!(笑)
大阪の歌…大阪というより「浪花(なにわ)」というのがいいなぁ…と、後にも先にもこういうのを作ったのは、これ一曲。
16日の夜は、手拍子でチョーシよく?始まったのを舟木さんがバックコーラスを止めて、ウラ打ちだとお客さまが気持ちワルイでしょうから、頭打ちでいきましょう!と仕切り直し(笑)

イメージ 16〜エンディング
浪花の歌ごよみ  詩、曲とも舟木さん作

春の浪花をほどよく染めて
蝶も見返る花摘みまつり
稚児の引く手に ふたひら みひら
名残り桜の 花車 花車
 
弾むうわさに役者の華が
咲いてうれしい 道頓堀よ
浴衣小粋に 素足も軽く
贔屓どころも 賑やかに 賑やかに
 
秋を彩る 銀杏の並木
わたるそよ風 通天閣へ
月を肴の 夜花の酒に 
艶も仄かな 衿ぼくろ 衿ぼくろ
 
泣くも笑うも 八百八橋
ちらりかすめて 泡雪小雪
浪花心の情をのせて
水の流れも うきうきとうきうきと
(*2番の歌詩「道頓堀よ」を、2013年の新歌舞伎座では「上本町よ」と歌われてましたね)



(休憩 30分)


二部   75分

一部は三味線が入りましたが二部も向島ゆり子さんのバイオリンが入って贅沢なステージ。
衣装は、ブラウン系の地にグリーン系の糸をあしらって織られたチェック柄のジャケット。

イメージ 17〜オープニング
東京は恋する
https://youtu.be/j5JGg6EKfbA

〜「東京は恋する」では、杉本健さんのピアノ、「北国の街」では小林哲男さんのサックスが、とってもステキで、こういうのがライブならではの醍醐味ですね〜

二部で〜す!
18でデビューして足掛け55年来たわけですね。18才の少年がこういうことになってる(笑)…と云っても私だけが来たわけではない。お互いさまですから。まさか、私がデビューした時1才というワケではないですね(笑)7年ぶりにここに立たせていただいてますが、こんなに一番前のお客さまと近かったの?…と。ですから、すぐに爪を切りました。(素足で雪駄履きだから、お客さんから、舟木さんの足もとが、すぐ近くに見えるからでしょうね)
ここはお約束というか、お馴染みのものを並べてみます。

イメージ 18プレゼントタイム/メドレー

あゝ青春の胸の血は

修学旅行

仲間たち

君たちがいて僕がいた







イメージ 2

9月24日は山内賢さんのご命日(2011年9月24日没)
若い頃の舟木さんととてもご縁の深かった賢さんを偲んで、少しばかり脱線してみます。

イメージ 19「友を送る歌」は、数ある賢さんとの共演作品の中でも、少し骨っぽい感じがあって私の好きな映画です。オン・タイムでは観てませんが、舟木さんとの「再会」後にDVDで観ました。タイトル通り、幼馴染み同志の二人の青年…舟木さん演じる大津良夫と賢さん演じる中川玄一…の熱い友情ストーリー。
以下は、この映画について過去に記したブログです(参考)

〜私が、最初に観た舟木さんの映画は「北国の街」でしたが、そこでも、和泉雅子さん扮する雪子との切ない恋と藤田との間に育っていく友情でした。
この「友を送る歌」では、「恋」と「友情」の占めるウエイトが、「北国の街」とは、逆転した感じで、さらに、男同士の強い絆や互いの夢を実現させるために、心を砕き合い、どんな時にも共に歩いて行こうとする情愛の深さがメインテーマになっています。〜



友を送る歌〜「舟木一夫の日活・青春アクション篇」と銘打った作品(舟木一夫主演映画つれづれ)
https://blogs.yahoo.co.jp/ycmay26/69810218.html


イメージ 20


50何年歌ってると云っても流行歌ですからね。むしろお芝居は、ある年齢が来ないとできないというのがありますからね。「新吾十番勝負」を最後に演ったのは50歳過ぎ。2年前に与一のおじさんが「まだ新吾できるだろ!」70過ぎたヤツがですよ(笑)60周年は、73からの5年ですから、かなりキツイ。60周年のお芝居は何やるんだ?「水戸黄門」!やだオレ、そんなのやるの(笑)。「剣客商売」の秋山小兵衛。ここで拍手アリ(私も拍手しました)
時々おしゃべりするんですが、全国に行って色々いただきものをするんですが…と後ろのテーブルを見て、あっ、袋が倒れてるな…舟木さんが置き直しても、また倒れる…重心が落ち着かない、また置き直しても倒れる…ダメだな(笑)

イメージ 21若い頃、私はとっても早口だった…喋るのが照れくさいのとせっかちなのとで、どうしても早口になる…今はトシとってなおってきましたが。昔、コロムビアのステージの司会をしていた青空千夜・一夜さんが、歌の合間に僕に質問をしても、ええ…、まぁ…、そうです…くらいしか喋らないんで、舟木クンもう少し喋ってくれよォ…と言われた(笑)
長い間、歌ってるとB面にもなかなか捨てがたいのがある。今年はすべてのコンサートを持ち歌だけでやっていこうと…僕は、色んなタイプの歌があって幸せです。「高校三年生」のB面「水色のひと」から



高原のお嬢さん/バラードバージョン

哀愁の夜/5番付き

「高原のお嬢さん」もバラードにしてみると大人度が増す気がしますね。「哀愁の夜」なんて昭和の流行歌、ど真ん中。「旅の夜風」「高原の駅よさようなら」「赤いハンカチ」なんかから流れてきてる王道。「♪し〜ばし わぁかれの♪」小畑実さんの歌マネなどをしてみる舟木さん。個性豊かな先輩がたくさんいて幸せでしたね。まだ、続く歌マネ(笑)「♪春の馬車はく〜る♪」菅原都々子さんの「月がとっても青いから」の前奏まで「♪ツンタッ ツンタッ ツンタカタッタ〜ァ♪」って口三味線でやって、こんなに早いテンポの歌をあれだけ明確に歌えるのはスゴい技術。この後も三橋美智也さんの歌マネへと続き、いつの間にか高音が小林旭さんみたいになって、こうなってくると三橋さんと小林旭さんの区別がつかない…とノリ・ツッコミまでされてました(笑)


イメージ 28


イメージ 25さて、ひとりで汗かいてるの口惜しいから…。ここはひとつお客さまにも立ち上がっていただいて…

〜スタンディング/サインボール 
 
ジャケットを脱いで
れ・く・い・え・む

サイン色紙のお話しなどしつつ、これくら休めばいいですか?(笑)もうちょっと…(笑)
足掛け55年前から私の歌をお聞きくださってる方がいらっしゃるワケですが、デビューした頃はまだTVがあまり、ご家庭になかったので、ラジオで「高校三年生」を聴いて、そのあとでTVを見て、あの「高校三年生」を歌ってるのは、こんな美少年なのか!…ハ・ハ・ハ
ラジオ時代は顔がわかりませんから…



四季が豊かだったころに生まれてくれた歌たち。ひとことも言葉を出さなくても季節感が伝わってくる…僕らの世代にしかわからない。
アレンジも楽器も55年前とは変わってきてます。ここは、映画の主題歌を3つばかり

イメージ 23黒のジャケットに着替えて

向島ゆり子さんのバイオリンで、さらにスケールの大きな世界に…中でも今回、印象に残ったのは「夕笛」で西條八十の詩とバイオリンの音色、そして舟木さんの歌唱が相俟っていつもと楽曲の表情が変わったようで、とても新鮮!

絶唱

夕笛

イメージ 24残雪   作詩:高峰雄作  作曲:戸塚三博
https://youtu.be/qog84vFuMIY
(1977年 再吹込み盤 「15周年記念 限りない青春の季節」)

雪国の雪国の恋は はかなく 
粉雪に粉雪に うもれて死んだ
結ばれぬ恋と知りつつ 求め合う心と心
ああ さいはての雪の世界か
 
どこまでもどこまでも 共に生きると 
若き日の若き日の 憂いを抱いて
人の世の流れの中に こぼれゆく花のつぼみ 
ああ 残雪の雪の白さよ

ひたすらにひたすらに 愛を求めて 
帰りこぬ帰りこぬ 空の墓標に 
悲しみをたたえて映える 残雪の光の中に  
ああ 永遠(とこしえ)の心がゆれる

(以下参考)
イメージ 26残雪〜兄として慕う面影〜高彦、そして「二十歳の原点」の高野悦子の想い(舟木一夫主演映画つれづれ)
https://blogs.yahoo.co.jp/ycmay26/67921051.html

日活映画三部作、いずれもきれいに漢字二文字。「絶唱」は、最初、主題歌を作らないということだったんですが、映画の公開直前に急遽、西條先生に作っていただいた。さすが西條先生。2曲目は「夕笛」…ご紹介が遅れてしまいましたが、ギーコ、ギーコ…バイオリンの向島ゆり子さん。ここで、なぜかいきなり戦時中のハナシにすっ飛ぶ(笑)戦時中は、野球も英語を使っちゃいけなかったんですが、楽器も同じ。バイオリンは「アゴ当テ式コスリ器」…これには向島さんがのけぞって大爆笑でした(笑)

*ちなみにちょっと調べてみたら、バイオリンは「ひょうたん型西洋三味線」と…(笑)
もっと笑えるのはサックスで「金属製曲がり尺八」(爆笑)

こういうタイプの歌はもう出てこないでしょうね。僕らが子どもの頃は道は舗装なんてしてないから埃の中で遊んでた。下駄履いてる子、今いないですもんね。あれはいいんですね。少年時代、少女時代、自然の中で遊んでた。縄跳び、おはじき、お手玉…あとはいつものダジャレ(笑)

イメージ 29


55年前の歌をラストで並べてみました。

イメージ 27友よ
「友よ」(同世代へのメッセージソングですね)からそのまま続くように流れて「高校三年生」のイントロへ…

高校三年生
 ワンコーラス全員合唱〜舟木さんソロでフルコーラス

只今授業中

学園広場
 ワンコーラス全員合唱〜舟木さんソロでフルコーラス

緞帳が降りかけるとステップを駆け下りてきて右手で緞帳を止めるポーズの舟木さん。

〜エンディング
明日咲くつぼみに

 

  
イメージ 3



16日に昼夜2公演、17日も同じく、2日間で計4公演をとってもパワフルにご自身もとても楽しそうに勤められた舟木さんでしたが、55周年ということでスペシャルな構成のコンサートも挟みながらの全国各地での通常コンサートで、お疲れ気味だったのでしょう。
私たちファンも、あまりに苛酷なスケジュールだということで舟木さんの健康状態を危惧していたのですが…
以下のような、事態になってしまって本当にツライです。心配です。でも、ネットニュースの記事を読み、いかにも舟木さんらしいコメントに、ちょっとだけ安心しました。

〜デイリー・スポーツ〜
舟木一夫 急性前立腺炎で緊急入院、公演延期「年齢を忘れ、はしゃぎ過ぎた」

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/21/0010573155.shtml

 歌手・舟木一夫(72)が過労による前立腺炎を発症し、都内の病院に入院中であることが20日、分かった。今月29日まで入院予定でその後は2週間、自宅療養する。今月26日に予定していた大分公演、27日の福岡公演、29日の鹿児島公演は延期する。
 関係者によると、舟木は今月16、17日に大阪・松竹座でコンサートを昼夜計4公演行い18日に帰京した。しかし、連日の疲れからか、18日夜に38度を超える高熱と関節炎を発症。翌19日に病院で検査を受けたところ「過労による急性前立腺炎」と診断され、10日間の入院と2週間の自宅療養が必要なことから、即日入院した。
 今年は55周年の記念イヤー。全国55カ所を回るツアーや大阪・新歌舞伎座での1カ月公演など精力的に活動していた。舟木は「72歳の年齢を忘れ、55周年ではしゃぎ過ぎてしまったのが原因だと思います。少し休んで、来月からは今以上に元気になって復帰いたします」とコメントした。

 なお延期分の代替公演は現在、日程など調整中。復帰は10月16日の島根県民会館からとなる予定。


イメージ 6

舟木さんが体調不良のため、延期となったコンサート。

9/26日(火)大分県立総合文化センター
9/27日(水)福岡市民会館
9/29日(金)鹿児島宝山ホール


55周年という節目にあたって年初からずっと、例年にも増しての超過密なスケジュールをこなしてこられた舟木さん。この夏の疲れもおありだったのでしょうか。この機会に、少しゆっくりなさって、これからのお仕事への充電期間を十分にとっていただきたいと思います。舟木さんから「ビタミンF」をいつもいただいている私たち。まずは、一日も早くご快復されますようにという想いが舟木さんに届くように「愛のパワー」をみんなで心をこめて送りましょう。

イメージ 7


イメージ 4


来年の予定ですが


3月23日(金) 舟木一夫  中日劇場 さよならコンサート開催!

イメージ 5




この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

早速の情報ありがとうございます。九州公演を凄く楽しみにしていた舟友さんからの中止になったとのメールが来て電話で心配とあれこれお話しさせて頂いていました、もしかしてと春日局様のブログを〜もう胸がドキドキしていましたので少しだけど落ち着きました。舟友さんと私達世代は舟木さんと一緒に人生を歩み。舟木さんのご活躍は私達の元気の源に〜本当に大きな存在です。舟木様には、ゆっくり、のんびりとご養生していただきたいです。心からのご快復をお祈り申し上げておます。情報ありがとう。

2017/9/21(木) 午後 1:03 [ tom*e22** ] 返信する

顔アイコン

松竹座の報告、有難うございます。16日の夜の部、私も見たのですが、もうすっかり忘れてしまっていて、読ませていただいて色々思い出しました。先輩歌手の歌真似、本当にお上手で楽しませて頂きました。
ところでバイオリン、「顎当て式擦り器」と私は聞きましたが?

舟木さんの入院、心配ですが、じっくりと養生して頂いて、お元気に12月を迎えて頂きたいです。

2017/9/21(木) 午後 3:29 [ sukiyanenn ] 返信する

顔アイコン

舟木さんの入院のニュースにドキッとしましたが、コメントを読んで少し安心しました。心のどこかでスケジュールの厳しさに体調心配してたので、ここでお疲れをしっかりとってまたパワーアップしたステージを楽しみにしております。それにしても松竹座のコンサート本当に素晴らしかったのですね♪やはり昼の部だけでもいけばよかったかな…と後悔してます(;_;) 削除

2017/9/21(木) 午後 5:36 [ 立ち話 ] 返信する

顔アイコン

春日局さん、松竹座でのコンサートの様子ありがとうございました。入院というニュースを知ってから読ませて頂いているので(こんなにお話ししたり、歌われたりしている時もしんどかったのかもしれない)と、こちらも少し不安なようなしんどい様な気持ちで読んでしまいました。神様が「がんばり過ぎだ。ちょっと休めよ」とおっしゃったのかもしれません。神様の言うことはきかなくてはいけませんよね(笑)

2017/9/21(木) 午後 10:52 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

春日局さん。
詳細な松竹座コンサートのレポートを興味深く拝見いたしました。
ヴァイオリンの音色で♪夕笛を聞いてみたいです!!
それぞれの方が思い出に残る、台風の中のコンサートでしょうね。
舟木さん、スタッフの方々には、今、休養が必要だったのかも…と勝手に考えております。
ご回復をお祈りいたします。
コンサートは延期になりますが、お元気な舟木さんにお会いできる日を待ってます(笑い)
綺麗な花束です!!

2017/9/21(木) 午後 11:01 [ kaoruko ] 返信する

春日の局さん

松竹座で、あんなに
楽しませて頂きましたのに
びっくりしましたね。
舟木さん頑張り過ぎだったので
休養を取られて、ゆっくりして
頂きたく時間ができたと
考えたいと思います。

舟木さんが、お元気になられる様に
お祈りします

2017/9/23(土) 午前 2:08 マリーローランサン 返信する

顔アイコン

松竹座でのコンサートの様子、詳細にお知らせいただき感謝します読んでいてその場にいるような錯覚を覚えます。歌は勿論ですが、合間のおしゃべりもファンとしては聴きたい。ブログで再現して頂きありがとうございます。松竹座は2日間4回公演だったのですね?緊急入院は初めて知りました。驚きましたが、身体が資本です。舟木さんは何処の公演も手を抜くことなく、誠心誠意、心を込めて歌われるので、相当な負担がかかったのでしょう?8月末の出身地、一宮公演も休憩なしの活躍でした。心も身体も静養が必要ですね?九州のファンの方はがっかりされたと思いますが、お元気になられることを祈り、あの素晴らしい歌声を期待しましょう。 削除

2017/9/23(土) 午後 3:59 [ 加藤幸代 ] 返信する

顔アイコン

tom*e22**さん、もう延期のスケジュールも発表されましたし舟木さんのご病状はきっと恢復に向かっていることだと思います。ファンの想いがパワーとなって舟木さんのもとに届いてますよ

2017/9/23(土) 午後 4:18 春日局 返信する

顔アイコン

sukiyanennさん、よかったぁ〜ッ!と感動しても案外、すぐに忘れてしまうものですよね(笑)私も同じですのでこうして記録に残している…というワケかな?ご指摘ありがとうございます。なにしろ聴き漏れ、書き間違い等々、暗がりでのメモ取りですので不行き届きが多いです。何卒ご容赦を…

2017/9/23(土) 午後 4:21 春日局 返信する

顔アイコン

立ち話さん、私もですが、ほとんどのファンの方が、同じ心配をなさっていたと思います。舟木さんは気が若い!だから、あれだけの精力的なお仕事ができてしまうのですね。でも、その分かなり体力的には負担がかかっていらっしゃることは目に見えています。今回のことでセーブしてペースを見直していただけたらファンとしては安心ですね。

2017/9/23(土) 午後 4:24 春日局 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、おっしゃる通りですね。「天の声」でしょうね。信心深い舟木さんですから、素直に神様の御忠告に耳を傾けてご静養されていることと信じています。良くなられてもくれぐれもご無理なさらないようにしていただきたいですね。

2017/9/23(土) 午後 4:26 春日局 返信する

顔アイコン

kaorukoさん、ファンの皆さん、本当に心配しましたが「雨降って地固まる」これを機に、舟木さんもファンも、それなりにトシ相応の楽しみ方をする…という方向になっていくかもしれませんね。皆さん、とにかくびっくりするほど気が若すぎますもん(笑)

2017/9/23(土) 午後 4:29 春日局 返信する

顔アイコン

マリーさん、私も、そして多くのファンが今回の事は「舟木さんに与えられた神様からの休息」と考えていらっしゃることでしょう。たくさん、たくさん楽しませてくださって本当に感謝なのですが、舟木さんがご病気になられたら元も子もありませんもんね。ゆっくり休んでお元気になっていただきたいです。

2017/9/23(土) 午後 4:32 春日局 返信する

顔アイコン

加藤幸代さん、松竹座では、おしゃべりもとっても弾んで楽しそうな舟木さんでした。声も素晴らしくよく出ていて、動きも軽やかで若々しく絶好調…と思えましたが、舟木さんは責任感が強くて、我慢強い方なので知らず知らずお仕事に没頭なさるのでしょうね。ステージに立っている時間は体のツラサも忘れてしまわれるのかも知れません。
今回の事は、真面目で誠実な舟木さんのいいブレーキになったと考えたいですね。55年も駆け抜けてこられたのですから、もう少しはゆったりと散歩…というカンジで歩いて行ってくださることを願っています。

2017/9/23(土) 午後 4:38 春日局 返信する

顔アイコン

内緒さん、わざわざどうもです。了解しました。

2017/9/25(月) 午後 3:01 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事