ここから本文です
K・Hanadaのブログ
山野草・高山植物&山行記録

書庫全体表示

3/23(土)に開催される岩木山南山麓の平沢川右岸域の雪原観察会の下見をしてきました。例年よりも雪がかなり少ないです。
カンジキを装着しての下見は、当日の講師とサークルの幹事3名で実施。

カモシカ、ウサギ、タヌキなどの足跡や、樹木の葉痕などを見て回りました。約2時間の所要です。当日の天気が気になります。


当日(3/23)は、ほぼこの様なルートを散策する予定
イメージ 1

タラノキの葉痕とテントウムシ
イメージ 2 イメージ 3

平沢川に架かる堰堤とバッケ、カワガラスも見えていました
イメージ 4 イメージ 5

きっと「虫えい」という木に付く瘤と
クスサンの繭「透かし俵」と呼ばれています
イメージ 6 イメージ 7

ツルアジサイが絡むカラマツが多く、
今でもこの様な姿で絡んでいます
イメージ 8

下見当日(3/20)の岩木山と岩木山神社
イメージ 9 イメージ 10

観察会エリアとは異なりますがマルバマンサクが満開
イメージ 11

(19.03.20撮影)

昨日は彼岸の中日で墓参りをしてきました。
墓の拭き掃除はGWの孫たちの仕事です。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事