鹿児島移住生活

東夷(あづまえびす)が薩摩に暮らす

ラン、バラ、 ハーブ、園芸

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

梅雨の花 .優献丱

バラの花が一段落付いてしまいました。
花の少ない季節となりましたが、地味でも綺麗な花が咲いています。
 
イメージ 1
 
日本の野生ランの中で唯の一ありふれた種で、都会の芝生でも繁茂しています。
小さい花ですが、よく見ればシンビジウムの様な形をしています。
また、ピンクの色にも個体差が多く、中にはほとんど白い花もあります。
 
ただし、芝生などの雑草と共生していますので、
(正確には、芝生等に棲む細菌と共生しているので)
鉢に移植すると直ぐに枯れてしまう事が多いです。
 
我が家の株は芝生と一緒に鉢植えにしましたので、
5年目の今でも元気に殖えています。
今年の鹿児島は4月にやや低温の時期が続いたためでしょうか。
我が家では、原種に近いオールド・ローズたちは豊作でしたが、
モダン・ローズのハイブリッド・ティーたちの多くは、一番花が咲きませんでした。
 
近頃になって二番花が咲き始め、
プランセス・ドゥ・モナコが満開となりました。
 
イメージ 1
 
半剣弁高芯咲きが豊満な形で咲き誇ります。
白い花びらは縁が桃色、とても人気のある品種です。
 
通常は一輪咲きのブッシュですが、
我が家は欲張って、「つるプランセス・ドゥ・モナコ」を買いました。
 
あのきれいな花が蔓になってたわわに咲き誇る・・・
なんて甘い夢を見ていましたが、
何の事は無い、普通のモナコの木がやや太くなって長くなっただけ、
巨大な木に、花はたったの四輪しか咲きませんでした。
 
ピースならば、ブッシュでは二〜三輪しか咲かないところを
つるピースになると百輪近く咲いてくれます。
ここが大違いです。
 
モナコは人気があるので、つるモナコに興味があるロザリアンも多いことと思いますが、
実際は、「ただ木がデカイだけのモナコ」です。
だまされてはいけません。
 

キフツゲート

五月も中頃になると、鹿児島市街地では春バラも終盤となります。
我が家の春バラのトリは『キフツゲート』です。
 
イメージ 1
     ↑我が家の株、鉢から地植えして3年目ですが、全長は6mを超えています。
       このまま放置すれば10mは軽く超えてしまうでしょう。
      (もちろん、冬になるとバシバシと強剪定をしています。)
 
イメージ 2
↑花は原種そのもの、アイボリーの蕾が純白の一重花となります。
  一つの花は4㎝位ですが、花房はバレーボール大です。
 
↑原種系ですので花は直ぐにちってしまいます。
  この動画は2日前の朝に撮りましたが、その夜より鹿児島市内はドカ灰と豪雨が同時に降りました。
  もちろん、キフツゲートの花は多くが散ってしまいました。
  満開はたったの2〜3日、花の外観も運命もソメイヨシノにそっくりです。
    

バレリーナ

イメージ 1
 
原種(ノバラ)に近い一重のバラです。
普通、原種に近いバラはすぐに散ってしまうのが欠点ですが、
この花は2週間以上も満開のまま咲き誇ってくれます。
 
イメージ 2
 
一重の白い花に、ピンクの覆輪がかかります。
黄色の雄蕊(おしべ)が直ぐに黒変してしまい、香りもほとんどしないのが欠点ですが、
蜜が甘いのでしょう、虫たちには大人気で、いつもブンブンと羽音がにぎやかです。
我が家のバラもクライマックスとなりました。
3年前に鉢で購入したピエール・デュ・ロンサール(白・桃・緑の混合)がとてつもなくデカくなりました。
右隣に植えたグラハム・トーマス(黄)に覆いかぶさり、
左奥のカクテル(赤)の領域まで浸食しています。
 
イメージ 1
オベリスクをはみ出し、ウッド・フェンスを左右に広がり、
それでも長い枝が余ってしまったので、シンボル・ツリーのカツラに這わせてみました。
 
イメージ 2
オベリスクは特大の2.5メートル、花壇に無理やり立てました。
そこに更に無理やりピエールの図太い枝を誘引してみました。
文字通り、血だらけの茨の道の誘引作業でした。(実話) (T_T)
 
イメージ 3
そして今年の目玉がカツラへの誘引。
道路に面していますので、
「庭木にバラが這いあがってる!」 とか、
「普通の木にバラみたいな花が咲いてる?!」とか、
通りすがりの方々がビックリする声がよく聞こえています。
ヘッヘッへ、 大成功です。  (*^^)v
 
イメージ 4
 ↑
クラシカルな形、ロマンティックな色、大輪(約10㎝)で多花(我が家の株で300輪以上!)、そして強靭、
数々の長所を有する品種です。
 
欠点と言えば、
香りがほとんどしないことと、
枝が太くてトゲだらけなので誘引が大変な事くらいです。 (^^ゞ
 

全43ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事