鹿児島移住生活

東夷(あづまえびす)が薩摩に暮らす

ラン、バラ、 ハーブ、園芸

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

氷山

我が家の北側の駐車場、2種類のつるバラが植えてあります。
早咲きのマダム・アルフレッドゥ・キャリエールが終わると
つるアイスバーグが咲きます。
 
イメージ 2
 フロリバンダ系の名花、アイスバーグの枝変わり品種です。
強健で、北向きの花壇でも6m以上に伸び、100個以上の蕾を付けています。
バラの中では最も純白に近い白色とされており、香りも良く、
半八重の花がカップ咲き→ロゼット咲き→平咲きと移ろっていきます。
 
イメージ 1
我が家の車は白のチンク・チェント(フィアット500)、
『カリオストロの城』でルパン達が乗っていた車、あの現代版で、イタリアの大衆車です。
偶然ですが白バラとのカラー・コーディネートがバッチリ、
マヌケなネズミ顔がよりいっそうノホホンと感じられました。
 
アイスバーグは英語でIceberg、氷山の意味ですが、
今日の鹿児島市街地の最高気温は29℃、
とても暑い一日でした。
 

夏日

鹿児島市は5月1日より夏日が続いています。
この暑さでバラは一斉に開花、これは嬉しいことなのですが、
ついでにハーブ類まで花が咲いてしまいました。
(ハーブ類の多くは、開花すると堅くなったり、香りが落ちたりしてしまいます。)
 
狭い我が家には庭は無く、バラなどの花類は花壇か鉢に、
ハーブ類はプランターに植えています。
その鉢やプランターは南向きのウッド・デッキに並べています。
 
イメージ 1
ウッド・デッキには真鍮製の日時計も置いてあります。
蓮の葉に蛙が乗っているデザインです。
ネット通販の安物、しかもその台座は百均ショップの木製鉢敷ですが、けっこういい味を出しています。
 
しかも意外に正確、写真は午後3時10分に撮りましたが、ピッタリの位置に影が差しています。
画像後ろのバラはグリーン・アイス、緑がかった白が涼しさを感じさせてくれます。
 
 
鹿児島市街地の我が家ではバラが盛りとなりました。
 
イメージ 1
  
左はミニチュア系のコーヒー・オベーション、10年位前に一世を風靡した花です。
濃茶に近い朱色がクラシカルですが、2000年に登録された新しい品種です。
我が家の株も妻が衝動買いしてきたのですが、
香りはほとんどなく、
しかも生命力が弱く、栽培5年目の今でも上手く育てられません。
 
右はオールド・ローズのダマスク系、マダム・アルディです(マダム・ハーディーとも言う)。
完璧なカップ咲き、色は純白でグリーン・アイ(花芯が緑色)、そして濃厚な香りが魅力です。
1832年に作出された古いバラですので、とても強健です。

北壁の女王

我が家の北側は駐車スペースにしていますが、
その奥、東側に向けてバラを2種、植えています。
 
イメージ 1
その内の1種、マダム・アルフレッド・キャリエールが今年も咲きました。
朝日が2〜3時間しか当たらない所ですが、頑張って咲いています。
日照の関係でまだ上の方しか咲いていませんが、これでも50輪以上が咲いています。
これから日照が長くなれば、下の方も咲いてくれます。
 
イメージ 2
ノアゼット系のオールド・ローズで、日当たりが悪くても咲く強健種です。
別名は「北壁の女王」、優しい花姿ですが逆境に強いバラです。
手帛(ハンケチ)が三四郎の顔の前にきた。
鋭い香がぷんとする。
「ヘリオトロープ」と女が静かに云った。
三四郎は思わず顔を後へ引いた。
ヘリオトロープの壜。
四丁目の夕暮。
迷羊(ストレイシープ)迷羊(ストレイシープ)。
空には高い日が明かに懸る。
( 夏目漱石 『三四郎』より. )
 
この小説を読んでから30年以上、
ずっとヘリオトロープなる植物が気になっていました。
 
小説ではヒロインが愛でる香水の名前です。
その香水を昔はこの植物から採ったそうです。↓
イメージ 1
 
香りのハーブとして有名です。
ハーブには珍しく亜熱帯の原産ですので鹿児島の気候にも合いそうです。
そろそろサクラソウとビオラが終わる季節ですので、その後に地植えしてみます。
 
画像は2株を寄せて撮りました。
右側の花も葉も色が濃いのが、近くのホーム・センターで購入した園芸品種です。
一方、左のやや色が薄いのが通販のハーブ専門店から取り寄せた原種です。
 
共にバニラを基調とした、ベビー・パウダーのような優しい香りがします。
園芸品種は香りが弱いと言いますが、実際は原種と変わらない位に強く香ります。
でも、原種の方がより甘い香りで、園芸品種はやや青臭い感じがします。
 
日本での露地栽培は難しいとのことですが、どうなるでしょうか?
今後も報告して行きますね。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事