鹿児島移住生活

東夷(あづまえびす)が薩摩に暮らす

ラン、バラ、 ハーブ、園芸

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イランイラン

東京などではイランイランの花が咲く頃なのでしょうか?
ここ数日、イランイランのページの訪問者が増えています。
 
鹿児島の我が家の株も5年目、
充実してきたのか、それとも鹿児島の気候に合っているのか、
梅雨時から晩秋まで半年以上も咲き続けています。
 
イメージ 1
 
今では10号鉢(直径30㎝)で高さは鉢から120㎝(地面から150㎝)に伸びています。
 
イメージ 2
 
そして年を経るごとに咲き始めの臭いと満開の匂いが強くなっています。
以前にも書きましたが、咲き始めは腐ったキュウリっぽいオヤジの臭い、
満開の一日のみがデパート一階の化粧品売り場みたいな匂いです。
 
丈夫な木ですので、東京より南なら室内で越冬可能です。
私がこの4年間で学んだ栽培のコツは・・・
 
①一晩ぐらいなら5℃でも枯れないが、耐寒温度は10℃と考える。
②安全策を取って最低気温15℃を境に、鉢の置き場所を変える。
③最低気温が15℃を超えたら屋外へ。ガンガンと直射日光に当てる。
④培養土は市販の安物でOK。水はけが良いものが適。
⑤屋外期の水やりは毎日、タップリと。
⑥肥料は普通に。我が家は油粕を年に1回、液体肥料を2〜3週毎に(規定倍数〜2倍位の薄目)。
⑧花が緑色の数日間はオヤジ臭、バナナ色に黄色くなったら部屋に取り込んで香水の匂いを楽しむ。
⑨一つの花が良い香りなのは一晩だけ。翌日には枯れ始める。
⑩アブラムシ・ハダニ・カイガラムシが付くので、市販の園芸用農薬を2〜4週毎に播く。
⑪最低気温が15℃を切ったら室内へ。日当たりの良い窓際でレースのカーテン越しの日当たりがベスト。
⑫越冬時は温度変化の少ない環境がベスト。(だから昼間は気温の上がり過ぎないようにレースのカーテンが必要)。
⑬冬は肥料は与えず、水も少なめに。(我が家は鉢が乾いてから。 2日に1度位のペース。)
⑭越冬期は葉が少し垂れたり、一部が黄色くなって落葉するのは当然。ボロボロでも葉が半分位残っていれば大丈夫。
⑮剪定は晩春から初夏に、中心部の重なる枝を切る程度の弱剪定。枯れた枝は時期に関係なく切除。
⑯植え替えは2〜3年に一度。我が家は鉢増ししてきたのでそろそろ限界。(どうしましょう?!)
 
以上、いろいろと書いてしまいましたが、要点は、
「暑い時期には日光・水分をたくさん与え、寒い時期には一般の観葉植物と同様に管理する。
 その境界は天気予報での最低気温が10〜15℃。」 です。
 

大雪山

鹿児島市は晴れ続きで、暑い日が続きます。
元気なのはクマゼミだけで(前回参照 http://blogs.yahoo.co.jp/yebisu_azuma/36895642.html)、
バラなどの園芸植物は落葉現象まで発症しています。
 
イメージ 1
↑元気なのはヒマワリ、「大雪山」と言う品種です。
 銀白色の葉と、明るい黄色の花弁とのコントラストが美しい品種です。
 画像左下に蕾があるように、多花性で次々と花が咲き続けます。
 
 ちなみに、背景の黒塗りガルバ鋼板にこびり付いているのは火山灰です。
 火山灰が混ざった雨、『灰雨』が一度降ると、建物の外壁はこの様に汚れてしまいます。
 何度も水をかけて洗ったのですが、なかなか落ちてくれません。
 高圧洗浄機でなければダメみたいです。
 
 

小さな花々

梅雨が明けて猛暑、花の寂しい季節となりましたが、小さな花々が咲いています。
 
イメージ 1
↑メダカを飼っている睡蓮鉢にオオカナダモを入れて置いたら、花が咲きました。
 8㎜位の白い三弁花で、一つの花は一日でしぼんでしまいますが、次々と咲いてくれます。
 
イメージ 2
↑こちらはムカデラン、名前の如くムカデの様な姿形をしていますが、
 やはりラン、5㎜にも満たない大きさですが、カトレアのような美しい花を咲かせます。
 花持ちも良く、2週間以上楽しめます。
 ただし、極小サイズの花なので、人から気付かれない事が多いようです。

ど根性シソ

我が家の南側に面した道路に植物が生えてきました。
 
イメージ 1
赤い矢印の所です。
我が家からのこぼれ種が発芽した物です。
 
イメージ 2
側溝蓋のわずかの隙間に溜まった火山灰に、
シソがしっかりと根を張っています。
食用の 「サカタのタネ・ちりめんシソ」 、虫喰いもなく、ウマそうです。
 
でも、ここは飼い犬様達のお散歩メイン・コース、
オシッコを考えると・・・
誰も摘んでいきません。
 

梅雨の花 ▲キョウ

キキョウと言えば秋の花のイメージですが、
梅雨の頃の一番花が特にきれいです。
 
京都に住んでいた頃、
この季節限定で一般公開される天得院と言う東福寺の塔頭によく出かけました。
庭を覆い尽くす杉苔と、そこからスッと立ち上がる桔梗がとても美しい庭です。
 
我が家では道路に面した花壇に植えてあります。
直播きからの実生の株や、木市で購入した球根からの株が育ち、
今年はたくさんの花を咲かせています。
 
イメージ 1
 ↑特に見事なのがこの一株で、花とつぼみを合わせて30個以上も付けています。
   鹿児島ではここ数日、最高気温が30℃を超えていますが、
   その蒸し暑さを忘れさせてくれる、涼しい色です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事