スポーツ応援プロジェクト トレログ

スポーツをしている人のためトレーニングブログです。すでに更新は終了しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_15671674_4?-1

意識の持ち方で「スピード」は変えられる


男子にくらべ、女子はどうしても筋力的に劣る部分があります。
トレーニングしだいで差はつめられるかもしれませんが、
もともと持っているスピード、パワーの違いは歴然です。
では、どうすることもできないのでしょうか?
男子にはかなわないと、あきらめてしまうのは早いですよ。
意識の持ち方しだいでは、多少であっても対抗できるようになります。
パワーに関しては時間をかけて対抗していくしかありませんが、
スピードは今すぐにでも変えられるのです。

◆ 準備ができていればこわくない!

例えば、守るときのことをイメージしてください。
相手が遠くから、かなりのスピードでドリブルをしてきました。
あなたは何を考えますか?
そのボールをカットしてやろう、
抜かれないように付いていこうと考えますよね。
気持ちと身体の準備ができていれば、
さらにスピードを上げられたとしても
「どうにもならない」ということにはならないと思います。

■ドリブルで迫ってきた
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_0?2006-10-20

■抜かれそうになる
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_1?2006-10-20

■付いていけた!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_2?2006-10-20

◆ 予測がつかないと……

では、相手が今にも止まりそうなスピードで近寄ってきたら、
あなたはどう考えますか?
止まるかもしれない、パスを出すかもしれない、と
ドリブル以外のことも予想しなければならないですよね。
オプションが増え、何に対して準備すればよいのか迷ってしまいます。
そんな状態でいるときに、
急にスピードを上げてドリブルを始められてしまったら、
頭と身体の準備が遅れ、たいして速くなくても、
相手のスピードに対応できなくなります。

◆ 「緩急」は相対評価

いま紹介した2つの状況におけるスピードを数字で表してみます。
最初に紹介した場面を「50→80」とし、
後者の変化を「10→50」としましょう。
最初のスピードと速度を上げた後のスピード、
この差が「緩急」となるわけです。
外から見た目では80のほうが速いでしょうが、
対峙するDFにとっては、40の差のほうがスピードを感じます。
では、どのようにして差を出すか。

まずは雰囲気作りから。
「行くぞ、抜くぞ!」では相手は警戒しますよね。
できるだけ「行かないよ……」という空気をつくりましょう。
パスをしようかな、ここからどうやって崩そうかなと考えていると思わせて、
ドリブルすることを相手に悟られないようにします。

そして、一気に加速できるように、
身体はリラックスさせておいてください。
足の状態はかかとを地面に付けず、
足裏前半部、特に母趾球(ぼしきゅう)から
親指にかけて力が入るように意識します。
軸足を力が入るように曲げ、
そこで溜めた力を進行方向に向けて身体を運びます。

■リラックスして状況をうかがう
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_3?2006-10-20

■重心を落とし、力を溜めている
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_4?2006-10-20

■一気に抜き去る
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1111825/img_1111825_22178546_5?2006-10-20

「10→50」と書きましたが、理想は「0→100」です。
止まった状態から一瞬にしてトップスピードに乗れるように意識しましょう。
スピードがないとあきらめることはありません。
要は、いかにスピードがあるように見せられるか、です。

自分が守備をしているときにどうされたら嫌なのか、
それを攻撃時にどう活かせるか。
上達のヒントはいろいろなところに隠されています。
より多くフットサルに触れ、
さまざまなケースを深く掘り下げて考えましょう。

5回にわたった僕のトレログも、今回で終了です。
これを読んで少しでも皆さんがフットサルに興味を持ってくれたり、
上達してくれたらと思います。
ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう!


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事