スポーツ応援プロジェクト トレログ

スポーツをしている人のためトレーニングブログです。すでに更新は終了しています。

【野球】元木大介のトレログ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24088118_2?2006-11-21

考える野球


みなさん、こんにちは。
まもなくプロ野球のキャンプが始まります。
春の甲子園の出場校も決定して、
シーズン到来が待ちきれない人も多いのではないでしょうか。
僕もわくわくしています。
さて、今回も前回に引き続いて、
相手バッテリーとの「駆け引き」の面白さについて
もう少し紹介します。

◆ 悩んでしまったら?

前回は、相手バッテリーが何を投げてくるのか悩むのではなく、
こちらがどんな球を狙っているのか相手に悩ませよう、
ということを書きました。
確かにそれが理想ですが、悩まずにはいられないものです。
僕もそういうことはありました。
ボールを受けたキャッチャーが投げ返して、
ピッチャーがサインを見てモーションに入ろうというとき、
「あれ? どっちだ? どっちだ?」って悩んでしまう。
そんなとき、僕はタイムをかけてバッターボックスを外したりしました。
で、「次はなんだろう」って考えるんです。

◆ キャッチャーの気持ちになってみる

現役時代のキャンプ中、
ミーティングが終わった後でスコアラーに
「ちょっと勉強に付き合ってくれませんか」ってよく声をかけました。
このキャッチャーは得点圏にランナーがいるときには何が多い? とか、
ランナーが一塁だったら……とか勉強するわけです。
逆に、自分がキャッチャーだったらどうだろうかって、考える。
ランナーが一塁だったら、誰でもゲッツーをとりたいと思うでしょう?
このピッチャーだったらどうかなぁ……
つまらせるのかな、泳がせるのかな?
バッターが元木で、このピッチャーだったら、
キャッチャーは泳がしてとりたいだろうな、
よし、その泳がす球を打ちにいこう、とか。
そうやって相手の心理をさぐっていって、
うまく当たったとき、それはもううれしかったですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_27768530_0?2007-01-31

◆ 好調を続けるために

球種がわかれば、バッターのほうが有利です。
よく調子がいいときは「ボールが止まって見える」とか
「ゆっくり見える」とか言いますよね? これは本当にそう。
ピッチャーが投げた瞬間に球種がわかるし、
ボールを長く見ることができるから、絶対に打てるんです。
調子が悪いときは、ピッチャーが投げた瞬間に
もうボールはミットに入ってるって感じですね。

じゃあ、つねにそうやって調子がいい状態でいるには
どうしたらいいか……これはすごくむずかしい。
ケガのない万全な体調で試合を迎えるということも
もちろん大事ですが、それともう1つ、
きちんと勉強をしておくことも重要です。
事前に準備ができていれば、
きゅうに出番がまわってくるようなことがあっても
落ち着いてバッターボックスに立てます。結果も出せる。
だから、とくにシーズンオフのこの時期だからこそ、
しっかりと相手のことを勉強しておいてください。

きょうで僕のブログは最後になります。
これまで読んでくれたみなさん、ありがとうございました。
野球は本当に楽しいスポーツです。
苦しいことがあったとしてもそこで投げ出さず、
続けていってください。
その先に、きっとすばらしいことが待っています。



イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24088118_2?2006-11-21

「悩む」より「悩ませる」


こんにちは!
きょうは、相手バッテリーとの「駆け引き」や
「さぐり合い」について紹介したいと思います。

◆ 相手キャッチャーを勉強しよう!

まず最初にお断りしておきたいのは、
小学生のうちはあまり相手のピッチャーが
どんなボールを投げてくるかといったことは
考えなくていいということです。
ストライクが来たら、
思い切ってがんがん振ってってください。

高校、大学、社会人と、年齢が上がるにつれて、
ピッチャーも変化球を投げるようになって球種が増えてきます。
そうなると、相手ピッチャーというか、相手バッテリーが
次に何を投げてくるのかを考えないといけなくなります。

日本の場合、配球を決めるのはキャッチャーであることが多く、
しかも、キャッチャーというのはいったんレギュラーをつかんだら、
よほど大きなケガでもしないかぎり、
いちばん長くその座にとどまれるポジションなんですよね。
だから僕は現役時代、
ほかのチームのキャッチャーについて研究していました。

◆ 最初のストライクを何でとりにくるのか?

キャッチャーにも、
人によってリードするときの癖みたいなものがあります。
僕は代打で出ることも多かったわけですが、
2アウトでランナーなしなんて場面だったりすると、
僕の場合はまぐれの一発があるから(笑)、
キャッチャーはその一発を出させないようにっていう配球になるんです。

そこで僕は、そのキャッチャーがどんな球をピッチャーに要求して
最初のストライクをとりにくるのか、考えたものでした。
キャッチャーとピッチャーの組み合わせによって
いろいろなパターンがあります。

例えば、スライダーが得意なピッチャーの場合、
まずはインサイドに投げることを要求するキャッチャーは
少なくありません。1球インサイドに投げておくと、
その後のスライダーが活きてくるからです。
僕がインサイドが苦手ってこともあります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_27659244_0?2007-01-29

◆ あえて逆のことをしてみせる

そんなとき、心の中ではスライダーを狙ってはいるんだけど
あえて初球のインサイドでバットを振ってみせて、
「あれ? てっきりスライダーを狙っているとばかり思ってたのに」
とかってキャッチャーを迷わせたりするんです。
ボール球が来たときにもわざと振りそうな形にしておいて、
その次のボール球ではピクリとも動かないでいたり……。

大事なのは相手に悩ませること。
こっちが悩んだら、打てなくなっちゃいますから。



イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24088118_2?2006-11-21

勝てばいいんだから


すっかりごあいさつが遅くなりましたが、
みなさん、明けましておめでとうございます。
プロ野球の自主トレが始まり、僕はあちこち取材に出かけています。
今年はどんなドラマが生まれるのか、
いまからとても楽しみですね。

◆ やるからには楽しく明るく

これまで、バッティング、守備、走塁と、
技術面のことを中心に書いてきました。
5回目の今日はちょっと見方を変えて、
チームマネージメントと言うと大げさですが、
雰囲気づくりといったことについて、
僕の経験も交えつつ紹介したいと思います。

僕はつねに「やるからには、明るく楽しく」という気持ちがありました。
とくにプロ野球の場合は、人気商売だし、
ファンあっての僕らだったわけだから、
負けて暗くなっている姿を見せたらいけないと思っていました。
もちろん、負けてもいいと思っている選手はいません。
絶対勝ちたいという気持ちで戦ってはいます。
でも、そうは言っても負けるときもあるわけで、
それが続くと、だんだんチームの雰囲気が暗くなっていくんですよね。
いったんそうなってしまうと、やっててもつまらない。
ましてベンチにいたらもっとつまらない、となっちゃう。

◆ 何よりもチームが勝利すること

僕はそういうときでも、というかそういうときだからこそ、
ヒット1本であってもみんなで盛り上がろうよ、
って思いながらやっていたし、実際にそうしていました。
というのも、僕の場合、ベンチにいても、自分が試合に出ていなくても、
とにかくチームが勝ってくれたらよかったから。
出られていないことはくやしいけど、
それは練習するしかないわけです。
だから、自分が満塁ホームランを打ってときでも、
チームが負けてしまえばくやしくて仕方なかった。
チームは負けたけど自分は打てたからまぁ良かった、
とは絶対思えませんでしたね。
なんでもいいから勝ちたい、もうそればっかりでした。
チームスポーツをやる者として、
これはとても大事なことだと思っています。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_27210721_0?2007-01-19

◆ キャプテンがムードメーカーに

僕は、キャプテンが誰よりも「勝ちたい」って気持ちを
表にださなきゃいけないと思いますね。
これが足りないチームは勝てない。
チームリーダーっていうのは、勝ったときに人一倍喜んでほしい。
そういうことが、チームの雰囲気を盛り上げていくわけです。

ヤンキースはジータがずっとキャプテンをやっています。
彼は、誰かがホームランを打ったり、得点が入ったりすると、
いつでも誰よりも先にベンチから出て、
ジャンプして喜んでいるんですよね。
あれを見て、「チームリーダーはこういう人でないと」
と思ったことがあります。
たとえ自分の調子が悪かったとしても、
チームが勝てたときは誰よりも喜び、負けたときはみんなを励ます。
キャプテンはそうでないといけないんじゃないかな。

◆ 一人ひとりの気持ちがチームをつくる

野球というのは団体競技ですが、
誰か1人のエラーで負けることもあるし、
誰が1人が打たなかったせいで負けることもあります。
1人のミスが他のメンバー全員に迷惑をかけることになるわけです。
そういうとき、「おまえのせいだ」は禁句です。
もちろん、きちんと練習していなかったとか、
中途半端なプレーであれば、それはきちんと指摘しなくちゃいけない。
メンバーのそれぞれがチームの一員であることを自覚していれば、
自然とそうなるはずだし、誰かのまずかった部分を指摘したとしても、
けっして嫌な雰囲気になったりしません。

チームを1つにするのは監督でもコーチでもなくて、
やはり選手一人ひとりの気持ちですよね。
そしてそれを盛り上げるリーダーがいる、これが理想だと思います。



【野球】第4回「走る」

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24088118_2?2006-11-21

観察力+判断力


こんにちは!
これまで、おもに野手をしている人向けに
「バッティング」「守備」について説明してきました。
今回は「走塁」についてふれたいと思います。

◆ 得意な足で

「走塁」というと、「右でベースを踏んだほうがいい」
「いや左足だ」といったことをよく聞きますが、
僕は基本的には自分の得意な足を使えばいいと思います。
どっちの足で踏んでもいいから、
自分のトップスピードにより近い速さで
ダイヤモンドを小さく回れることが一番です。

◆ 「打球判断力」を高めよう

走塁でもうひとつ大事なことに「打球判断」があります。
いま、これができる人がひじょうに少ないと思います。

たとえば、自分がランナーとして塁に出ていて、
後続の味方バッターが打ったとします。
「あれ、とられるかな? どうかな? とらないかな?」
なんて、迷ったりしていませんか。
はたから見ている側からいえば「そんなのとられるはずない」
という球まで見ている人が多いですね。
で、落ちてから走りだす。それではだめです。

まずは、味方が打つ前に相手チームの外野の守備位置を
確認しておかないといけない。
そして味方が打ったら、打った瞬間にそのボールがどこに落ちるか、
相手にとられるのか、相手がとれないなら、
どこまで走れるかを判断して走りだす。
ぼーっと立っていたら、時間をロスしてしまいます。
当然ですが、打球判断がよければ、
セーフにできる確率も高くなります。

打球判断力を高めるには、走塁練習のときに
とりあえず走るスピードのことはさておき、
バッターがボールを打ったらすぐにスタートをきるようにします。
その後、ボールが落ちているのか、抜けたのか、
あるいはとられたのかを確認する癖をつけてください。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_25617502_0?2006-12-19

◆ 相手チームの練習もよく見る

試合前に相手チームの練習を見ておくことも必要です。
プロ野球はレギュラーがだいたい決まっていて、
何度も対戦しているから、
相手選手がどの程度の肩をもっているのかがわかっています。
だから、打球が飛んでいったところがわかれば、
自分がどこまで走れるかを予測できます。

みなさんの場合は、
初めてのチームと戦うことも多いわけですから、
試合前の練習で相手野手の力をある程度見きわめておくことが、
試合中の走塁にとても役に立ちます。

◆ 足が速いだけでは盗塁できない

走塁の話に関連して、盗塁についても少し書きたいと思います。
足が速ければ、盗塁もうまいと思われがちですが、
ただ走るだけならかけっこと同じです。
足は速いのに、盗塁がへたな人はいます。
そういう人に共通しているのが、スタートが遅いということです。

早くスタートするには、ピッチャーをよく見ることです。
セットポジションに入ったら、手から動くのか、
足から動くのか、あるいは首から動くのかといったことを
あらかじめ見抜いておきましょう。
塁に出たら、ピッチャーの動きと同時にスタート!
その後は勇気をもって走りぬく。
一塁でけん制アウトになるより、
セカンドでアウトになったほうがいいんです。



【野球】第3回「守備」

イメージ 1

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24088118_2?2006-11-21

ボールは正面でとる、が基本


みなさん、こんにちは!
前回のバッティングに続き、今回は守備についてお話しようと思います。
さて、ここでみなさんに質問です。
みなさんはどんな守備を見ると「うまいなぁ」と思いますか?

◆ 本当の「うまさ」とは?

僕は、どんなボールでもきちんと正面でとれる選手を見ると、
「うまい」って思います。
いま、僕がいちばんうまいと思うのは
ヤクルトの宮本(慎也)選手。
宮本選手ははいつでも正面できっちりボールをとります。
それはつまり、守備範囲が広いってことなんです。

守備範囲が広いと、めったに横っ飛びをしてとったり、
横から投げたりすることもないし、
どんなボールもつねに同じ状態でとっているように見えるから、
一般の人には技術の高さがわからなかったりします。
でも、声を大にして言っておきたいのは、
プロが横っ飛びをしたり、横から投げたりするのは、
もうそれ以外やりようがないってときだってことです。
やたらとダイビングでキャッチしたり、
横からボールを投げたりする選手は、守備範囲があまり広くないんです。

プロの場合、ノックのように失敗をしてもいいときは、
「間にあわないな」とか「トンネルするかも」と思うときでも、
1歩でも動いて正面でボールを捕球する練習をしています。
だから、「あ、これは抜けちゃうだろうな」というボールを
正面でとれる人がいたら、「すごい」ってことになる。
子どもたちに野球を教えている人には、
機会があったらぜひ、プロの練習を見てほしいですね。
守備を指導するときのヒントになると思いますよ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a8/ea/yells_2006/folder/1516869/img_1516869_24876168_0?2006-12-05

◆ いろいろなボールを受けてみる

守備練習では、1球でも多くボールを受けることが大切です。
より多く打球を受ければ、バウンドに合わせる練習もできるし、
グラブさばきの練習にもなります。

よく、「待ってとるな」とか「下がってとるな」とか言いますが、
そうやってとらなきゃいけないボールもあります。
じゃあ、どんなときに下がるべきなのか、
とっさに見きわめる判断力を身につけなくちゃいけない。

たとえば、ランナーをセカンドにおいてバッターを迎えたとき。
とにかく積極的にってことで突っ込んでいって、
けっきょく捕球しそこねて後ろにそらしてしまったら、
相手に点が入ってしまいますよね。
多少タイミングが遅れたとしても、
下がって正面で確実にとって一塁三塁にしたほうがいい。
野球は相手より1点でも多く点をとれれば、
あるいは相手の得点を自分たちより
1点でも少なく抑えることができれば勝ちなんです。

いくつかの選択肢のなかから、
状況にもっともふさわしい方法を瞬時に選び、
体を動かすことのできる力をつける……。
それには、できるだけたくさんのボールを受けてください。

◆ まねもほどほどに

ひいきの選手のプレーにはあこがれますし、
ダイビングキャッチしたボールを横から投げ、
走者をホームでアウト! なんて場面を見たらまねしたくなるものです。
僕もまねすることがすべて悪いとは思いません。
でも、とくに子どものうちは変なクセをつけてしまうことになりかねず、
先にいってそれが肩や腰、ひじなどの故障の原因になることもあります。
そのあたりは、指導する立場にある大人が
くれぐれも気をつけてほしいですね。



全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事