スポーツ応援プロジェクト トレログ

毎週火曜日更新! アスリート6人が教えるスポーツ・トレーニング方法

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

芝スミ子(しばすみこ)
旧姓: 北田スミ子

≫生年月日:1962年3月31日
≫出身地:大阪府大東市
≫主な経歴:四條畷学園中学〜同女子高校〜同女子短大〜三洋電機

<国内大会>
全日本総合選手権シングルス優勝8回、ダブルス準優勝2回
(1980〜82年に3連覇、1984〜88年に5連覇=女子史上最多)
全日本社会人選手権シングルス優勝5回、ダブルス優勝1回
社会人以降、国内公式戦75連勝(通算106勝1敗)

<国際試合>
1981年 第9回ユーバー杯(世界国別女子団体戦) 優勝
    (第10〜12回大会にも代表選出)
1982年 第9回アジア大会 シングルス銅メダル、団体銀メダル
    西ドイツオープン ダブルス優勝
    スウェーデンオープン ダブルス準優勝
1984年 全英オープン シングルス5位
    デンマークオープン ダブルス5位
1986年 全英オープン シングルス3位
    ブリティッシュマスターズ シングルス準優勝
    グランプリファイナル シングルス3位
    ヨネックスオープンジャパン ダブルス3位
    第10回アジア大会 団体銀メダル ダブルス銅メダル
1987年 ヨネックスオープンジャパン シングルス3位
    全英オープン シングルス3位
1988年 全英オープン ダブルス3位
    フランスオープン シングルス3位
    デンマークオープン シングルス3位
    ソウルオリンピック(公開競技) 銅メダル
その他、各大会上位入賞

名門・四條畷学園中学校時代にバドミントンを始め、高校時代に1978年、79年と全国高校選手権シングルス、ダブルス、団体と2年連続で3冠の偉業を達成、全国のその名を轟かす。短大進学後も、1年生時にインカレ3冠、2年生時もシングルス、ダブルスで2連覇を飾った。

また、1980年に全日本総合選手権シングルス初制覇を飾ると、1988年限りで現役を引退するまで8度の優勝を果たした。全日本社会人選手権でもシングルスでV5を達成している。

引退後、三洋電機スポーツ推進室嘱託及びヨネックスのバドミントンアドバイザーとして活動、1989〜90年には文部省(当時)スポーツアドバイザーも務めた。1994年よりフリーとして始動を行っている。2005年から日本バドミントン協会強化委員(現職)。

芝スミ子のトレログは、近日連載スタートします。お楽しみに!

この記事に


.


みんなの更新記事