ここから本文です
老後を夢見るポートフォリオ
60歳時点の金融資産1億円を目指し,投資成績やポートフォリオを不定期にアップするブログです

書庫全体表示

ポートフォリオの構築において通貨の分散というのも大事なことだと思います。

私のポートフォリオにおいて,どういった通貨にどれだけ分散できているかということに興味があり調べてみようと思いましたが,
これを調べるには投資信託がどの国にどれだけ投資しているかを調べる必要があることがわかり,かなり時間がかかりそうなので,当面断念しました。

それで,手っ取り早くざっくり調べるために円資産と外貨資産の割合を調べてみました。

対象は11月4日時点の現金資産も含めた家計全体です。

その結果は下記のとおりです。

イメージ 1

おどろくことに,円資産:外貨資産=0.399992:0.600008とほとんどきれいな4:6となっていました。
この割合はGPIFのちょうど逆になっています。
リスクとしてはやや高いのかもしれませんが,長期投資の攻めのポートフォリオと考えれば感覚的にちょうどよさそうな割合と思いました。

このことから,円が1円下がると○万円の利益がでることがわかりました。
(家計の全資産額がわかってしまうので,伏せさせてもらいました)

通貨資産割合を知らべてみると為替変動の影響・効果がわかりますので,
皆さんも,調べてみてはいかがでしょうか?

調べてみようと思った方はポチッとお願いします。
イメージ 2


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事