ビジョン心理学と自己啓発セミナー

今も形を変えて存在する自己啓発セミナーについて考えるブログ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最近、元オセロの中島知子についての報道がさかんである。

両親が占い師から奪還して、入院させたと報道された時は安堵したものだが、その両親や、世話になった松竹芸能、その他たくさんの友人たちを袖にしてまで、その占い師をかばう姿をテレビに映し出されると、洗脳の恐ろしさを改めて認識させられる。いや、中島知子の場合は洗脳ではなく、中毒もしくは依存状態かもしれない。筆者の考えでは、中毒・依存状態の方が、洗脳よりも恐ろしいと感じている。
洗脳の場合、洗脳状態が抜けられれば、あとは夢から覚めた状態になれるかもしれないが、中毒や依存状態はどうだろう。正常な状態と異常な状態の境目がはっきりしていない分、そこから脱するには、あくまで本人の意志の強さが必要である。中毒・依存状態になっていても、本人がその自覚がなければ、専門家がどんな高度な治療を施しても、回復するのは難しい。仮に本人に自覚があったとしても、中毒・依存状態から完全に抜け出すのは至難の業ではないか。なぜなら、中毒・依存状態というのは、本人にとって、そこにいるのがとても居心地がいいからだ。
 
少し前に、こんな記事が載った。
こんなセミナーは受けてはいけない “依存症”に追い込む悪質なワナも
 
この記事によれば、依存症に追い込むセミナーの特徴に次のものがあるという。
 
受講中に参加者の自由を奪ったり、大音量の音楽で感覚をまひさせたりするものもある。ポジティブであることを過度に奨励するのは、洗脳系セミナーの可能性が高い。洗脳で信者になった受講者は依存状態に陥り、いつまでもお金を落としてくれる。ビジネスで成果を出すという『出口』をはっきりさせない講座、講師は疑ってかかった方がよい
 
まさにビジョンダイナミックスのセミナーそのものではないか。ビジョンダイナミックスでも、特にTT生になると、そこから抜け出そうとすると大きな非難を浴びせさせられる。セミナー中の大音量の音楽は、日常茶飯事である。長年通っている受講生ほど、人生に成功している人はほとんどいない。そして、多くの受講生が何となくわかっている。「ここはヤバいところではないのか」、「ここに来ても、人生の悩みは解決されない」と。だが、それでもまたセミナーに来てしまう。なぜなら、気になって仕方ないのだ。今頃の季節は、たしかこのセミナーをやっているはずだ。あの人は来ているだろうか。他の皆はどうしているだろう。誰々さんが、あのセミナーにまた行ったと風の便りで聞いたものなら、いてもたってもいられない。もう一度、行ってみようか。

こうなっていたら、立派な中毒・依存症である。それを自覚し、自分から必ずここから抜け出すんだという決心をしなければ、依存症から一生抜けれらない。人生の問題をずるずる抱えたまま、何年も何年も人生を無駄に費やすことになってしまう。
 
では、ここから抜け出すにはどうすればいいのか。残念ながら、筆者にはその処方箋がない。こうすれば絶対に抜けられるという魔法の杖など、ないのだ。あくまで本人の意志と自覚にかかっている。
絶対の処方箋などないが、依存状態から抜け出すときどんな感覚になるのか、一つにヒントになる本を紹介しよう。
イメージ 1
 
筆者の井形慶子さんは、エッセイストで、特にイギリスもののエッセイで人気がある。スピリチュアル系の専門家ではない。ではなぜ、こんな本を書いたのか。この本によると、ある編集者の勧めで書いたらしい。ある編集者から、何人かの占い師を紹介するから、そのときの体験を書いてほしいと持ちかけられる。井形さんは、他に様々な仕事をこなしながら、この占い師たちと電話で定期的に会話するようになる。最初は半信半疑だったが、次第に占い師たちの言葉に引き込まれるようになる。そして、いつの間に、自分の人生の選択を占い師たちの言葉に委ねるようになる。おそらく、中島知子もこうした状態に陥ってしまったのかもしれない。中島知子だけではない。誰にでも、こうした状態に陥ってしまう危険性を持っている。では、井形慶子さんは、どのようにしてこの状態を抜け出したのだろうか。
 
筆者が印象に残った個所をいくつか、紹介しよう。セミナー依存症から今抜け出そうとしている人たちにも、何か心に響くものがあるかもしれない。
 
P152、「夜にそびえる不安の塔」井形慶子著、講談社より
「これ以上3人の女性たちを求めてはいけない。これ以上彼女たちに頼ったら、私は降りかかってくるたくさんの出来事に立ち向かうことができなくなる」
 
井形さんは、3人の占い師たちに依存してしまった後の自分の姿がちゃんと見えている。
 
P176
「私自身、取材者としてサワダさんの意志をついで特別な女性たちに迫るのだという半面、その一方で、自分がどんどん見えないものの力に依存し、支配されていく恐怖を感じていたからだ」
 
井形さんは、自分は依存症に入り始めた時の感覚を自覚している。この自覚が、大切なのだ。この自覚こそが、自分を依存症から救える唯一のカギだ。
 
P280
「万葉さんが私にとって希望であり、平安であるのと同時に、悲しみや不安の根源になっていた理由がここにある。
そして、万葉さんはいつしか恐ろしい塔になっていた」
 
万葉さんとは、井形さんが取材対象としていた占い師の一人である。一人の占い師に心酔している心理を、見事に表現されている。ビジョンダイナミックスに通っている信者も、こんな心理ではないだろうか。栗原英彰・弘美に憧れる一方で、二人の言動にいちいち振り回される。すばらしい先生だと思っていたのに、目を疑うような言動を目にすることがある。うそだ、そんなはずない。この素晴らしい先生がこんなこと言うはずがない。必要以上に大きく落ち込み、それを否定してくれる材料を必死に探す。見たこと聞いたことを忘れようとする人もいるし、他のささいな出来事を大きく取り上げ、やっぱり素晴らしい先生なんだと思い込もうとする。本当は、ビジョン心理学マスタートレーナーといっても、そんなトレーナー資格など誰も知らない、ただの自称心理トレーナーなのに、それを認めようとしない。だから、気になって気になって仕方ないのだ。
 
井形さんは、エッセイストらしく、自分の体験をまっすぐに見つめ、執筆することで、占い師依存から立ち直った。その執筆過程は、苦しいものだったらしい。
 
P294
光に向かって進む時が一番きついのよ
 
この言葉で、井形さんはこの本を書きあげた。
セミナー依存から抜け出すのは、容易ではないかもしれない。けれど、その苦しさは、今、光に向かって進んでいる証拠なのだ。どうか皆さん、勇気を出して、セミナー依存から一日も早く立ち直ってください。

開く コメント(0)

2011年の暮れ、オウム真理教の元幹部で、全国に特別指名手配されていた平田信が出頭、逮捕された。そして年が明けてすぐに、平田容疑者を匿った罪で、オウム真理教の(元?)信者の斎藤明美が逮捕された。事件については、大々的に報道されているので、ここでは詳細は省く。
 
それにしても、この斎藤容疑者、もし報道されていることがすべて本当なら、なんという哀れな人生を送ってきたのだろう。32歳で逃亡生活に入り、それから17年間、平田容疑者を匿う生活を送っていた。逃げて、隠れて、働いて、貢いで、49歳までそんな生活を送り、女としての大事な時期をすべて逃亡生活に使ってしまった。
 
そうやって人生を台無しにしてしまった斎藤容疑者の生き方にについて、様々な人が見解を示している。検索するといろいろ出てくるので、読んでみるといいだろう。↓
 
 
斎藤容疑者は、自分の人生を犠牲にしてまで、何故、そこまで平田容疑者を匿ったのか。もちろん、第一の理由は、斎藤容疑者の平田容疑者への愛情だろう。それがなければ、17年間も夫婦同然の生活は送れない。また、オウム真理教による洗脳をあげてる人もいる。それもそうだろう。事件当初は、「自分たちは間違ってない」「麻原彰晃は正しい」と、その一心で逃亡をしていたに違いない。
 
だが、ここで問題なのは、それが17年間も続いたということである。17年も経てば、事件も風化して、人々の記憶から忘れ去られる。そして、本人の心にも変化が生じるのは、自然なことだ。オウム真理教なんかに入らず、普通の仕事をして、普通に生活していれば、やがては結婚し、普通の女の人生を送ることもできたはずだ。それをせずに、17年間も、斎藤容疑者が逃亡生活を続けた理由を、平田容疑者への愛情とオウム真理教による洗脳だけでは弱いような気がする。
 
ここからは、あくまで筆者の推測である。筆者の推測では、斎藤容疑者自身の中に、そのような哀れな人生を受け入れる要素があったのではないだろうか。
 
斎藤容疑者のような女性を、「奴隷タイプ」というのだという。「奴隷タイプ」の女性は、カルトに嵌りやすいという。
 
 
確かに、こういうタイプの女性は、ビジョンダイナミックスでも多く見かける。ビジョンダイナミックスには、いわゆる結婚できない、結婚したくても相手が見つからないアラフォー以上の女性が多く通っている。その多くは、「(栗原)英彰さんみたいな人と結婚したい」という。
 
栗原英彰は、筆者からみれば、いわゆる麻原彰晃のようなタイプではない。つまり、男としての魅力はないに等しいにもかかわらず、マインドコントロールの影響で女性を虜にしてしまう人ではない。筆者からみれば、普通のどこにでもいる平凡な男性である。女性は、ある団体やグループのリーダーをやっている男性に憧れを抱くことが多いので、栗原英彰の場合もそういうケースだと思う。
 
分からないのは、栗原弘美に対するビジョンダイナミックス受講生の称賛である。筆者のところに、TT(トレーナーズ・トレーニング)をやろうと思って、申込書を書いて、あとはお金を振り込むだけだったとき、栗原弘美に挨拶に行ったら、露骨に関心なさそうな顔をされた。それで、申し込みを取り消したと、体験談を書いてくれたメールが先日届いた。実は、筆者も似たような話をたくさん聞く。TTをやりたくて、オリジナルセミナーに参加したら、栗原弘美はセミナーに全く無関心で、お昼ごはんは何を食べるか、そればっかり考えていた、その姿を見て、TTをやるのをやめた、等等。つまり、栗原弘美の言動に、人間性に疑問符をかけたくなるようなことが多くみられるということだ。
 
人は、その行動、言葉の一つ一つに人間性がにじみ出るのものだ。冷静に、しっかりと栗原弘美その人を見ていれば、大金を投じてセミナーに参加し、尊敬に値するような人間かどうかすぐにわかるはずだ。だが、ビジョンダイナミックスの信者となってしまった人たちには、それが見えないらしい。なぜ見えないのか、筆者にはそれがわからないでいた。それが、「奴隷セルフ」というタイプの女性の集まりなら、なるほど思う。
 
さて、斎藤容疑者であるが、彼女がどのような生活環境で育ち、どのような経緯でオウム真理教に入ったのか、その詳細はほとんど報道されていないので、あまり立ち入った推測はできない。だが、一般論として、カルトに惹かれる人の多くは、仕事がなかったり、結婚生活に恵まれない人が多い。その理由は、人によって様々であるが、あまりぱっとしない人生を送ってきて、最後にカルトに行き着き、そこが最後の砦であり、最後の望みを賭けている人が多い。つまり、行き着いたカルトを否定してしまったら、もう行くところがないのでろう。
 
だからといって、そのカルト団体で、人生の問題が解決するわけではない。カルトが施す瞑想行為で、人生の問題を忘れているだけなのだ。問題は解決しなくても、カルトを信仰し続けている。
 
ビジョンダイナミックスでも、同じ状況である。ビジョンダイナミックスの受講者は、複雑な人生を送ってきた人が実に多い。結婚生活や家族に恵まれない人もたくさんいる。仕事にも恵まれず、ビジョンダイナミックスに通うようになってから仕事を見つけた人よりも、仕事を失う人のほうが多い。ビジョンダイナミックスに何年通っても、相手を見つけられずに、結婚できない人は山ほどいる。それでも、ビジョンダイナミックスに通い続けている。
 
きっと、不幸な人生を送ることに、慣れてしまっているのだ。どこかで、それが自分の人生だと諦めて、受け入れてしまっているのだ。
 
斎藤容疑者も、もしかしたら、そんな人間の一人だったのかもしれない。
報道によれば、斎藤容疑者は「それなりに幸せだった」と供述しているという。男に貢いで、偽名を使う逃亡生活が幸せだったとは、あまりに悲しい。
 
そんな悩める人々にとって、救いを求める場所がカルトしかないなんて、あまりに悲しすぎる。
https://philosophy.blogmura.com/←にほんブログ村 哲学・思想
https://philosophy.blogmura.com/newreligion/←にほんブログ村 新興宗教
https://philosophy.blogmura.com/spiritual/ ←にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

開く コメント(1)

(前回からの続き)
 
筆者の考えでは、問題は、自己啓発セミナーが教える過大な自分信仰である。例えば、栗原英明のビジョントレーニングで、自分の人生のビジョンを見たといって、無謀にも会社を辞めてしまった人がいた。その後、残念なことに、その人は人生の迷路にはまってしまい、今もセミナー放浪を続けている。
 
筆者からみれば、その人の選択は、ビジョントレーニングのせいというより、ビジョンダイナミックスで日々開かれる「分かち合い」での成功体験を聞いたことが会社を辞める動機になったのではないだろうか。「ビジョントレーニングを受けて、こんなビジョンを見て、それを実行したら、人生がこんなに成功しました!」というテンションの高いスピーチを聞いて、「自分も」と思ったのではないだろうか。マルチ商法でも、同じことが行われている。
 
また、別の例では、不倫の話がある。ビジョンダイナミックスの受講生の中に、不倫で悩んでいる人が多くいる。この人たちは、栗原弘美に不倫相談をよくするが、栗原弘美は「不倫をやめなさい」とは絶対に言わない。栗原弘美の個人的な体験によるものかもしれないが、不倫の相談者には必ず「百年待ってでも、相手を妻から奪え」と不倫を奨励する。相談者全員にである。
 
不倫は、相手や状況によると思うが、多くの場合は悲しい結末に終わる。不倫している人もそのことはよく分かっている。分かっているからこそ、こういうところに来て、相談しているのだ。そこへ、ビジョン心理学の権威とかいわれるトレーナーに、「百年待ってでも、相手を妻から奪え」と言われれば、その気になってしまうだろう。「手放せば」、「天に任せれば」、「コミットすれば」、相手は奥さんと別れて私のところに来てくれるかもしれない。そう信じて、何年も何年もセミナーに通い続けて人生の大切な時間を食いつぶしてしまうのだ。
 
多くの場合、人は分かっているのだ。なぜ、会社辞められないのか。それは、自分では分かっているのではないか。自分は、会社を離れて、一人で事業をやっていけるほどの才覚はないと。なぜ、不倫にこんなに悩むのか。本当は分かっているのだ。相手は別れてはくれないと。このままでは女としての時間を無駄に過ごすだけだと。だが、多くの人はなかなか踏ん切りがつけられない。当たり前だ。人間は、心を持っているからだ。だから、人は悩むのだ。
 
そこへ、自己啓発セミナーで「魂の仕事」とか「コミット」とか教えられ、もしかしたら、セミナーを受け続ければ、自分の願いがかなうのではないかと錯覚してしまうのだ。つまり、本当は「あひる」なのに、自分は「白鳥」ではないかと錯覚しまうのである。ここから、人生の迷路が始まる。迷路にハマればハマるほど、居心地のいいセミナーから抜けられない。セミナーの蟻地獄である。
 
先日、栗原弘美は、世田谷区の教育委員会で講演してきたと誇らしげに語っていた。講演会では、父兄120名の前で「LV10」について語ったという。「LV10」は、ライフダイナミックスで教えていた自己啓発セミナーの黄金律そのものである。そんなものを教育委員会で語ってきたのである。
 
自己啓発セミナーの増殖は、今日もまだまだ続く。ライフダイナミックスでセミナーを受けた人たちが、セミナーを続けている限り、「東大コーチ」や「ワンダーランド」のような新しい自己啓発セミナーの創設はこれからも続くであろう。

 
https://philosophy.blogmura.com/←にほんブログ村 哲学・思想
https://philosophy.blogmura.com/newreligion/←にほんブログ村 新興宗教
https://philosophy.blogmura.com/spiritual/ ←にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界

開く コメント(0)

タレントの山口もえが離婚した。報道によると、離婚のきっかけは、夫の尾関茂雄氏の逮捕だという。尾関氏の容疑は、無許可のキャバクラ経営という風俗営業法違反である。これには驚いた。山口もえと結婚した時、尾関氏は、IT業界の風雲児と紹介されていたはずだが、IT業界とは似ても似つかないキャバクラ経営で、逮捕された。
 
だがその一方で、尾関氏は、自己啓発セミナーにはまっていたという噂がある。尾関氏がはまっていたのは、「東大コーチ」という自己啓発セミナーである。
 
現在、「東大コーチ」のホームページは削除されたのか、表示できない。代表の影井秀氏の個人ブログはアクセスできるが、2007年6月を最後に更新が止まっている。
 
そのため、東大コーチという自己啓発セミナーがどういう流れのセミナーなのか筆者には分からない。もし、知っている人がいたら、是非知らせてほしい。
 
ただ、代表の影井氏も尾関氏もそれぞれ1980年代、1970年代生まれということから、ライフダイナミックスの直接の受講生ということはなさそうだ。では、どこでこの自己啓発セミナーを学んだのか。実は、ライフダイナミックスを直接知らない若い世代でも、自己啓発セミナーを知る機会はいくらでもある。
 
たとえば、ニューウェイズのワンダーランドの代表嶋村吉洋氏は、ワンダーランドを立ち上げる前は関西でマルチ商法の販売員をやっており、その時に、自己啓発セミナーをたくさん受けたという。栗原英明が、ニュースキンで、ビジョントレーニングを行っていたのと同じ構図である。よって、東大コーチの影井氏も、どこかで今も行われている自己啓発セミナーを受けたのかもしれない。
 
尾関氏は、今でもブログを更新している。
日々、菩薩の道
 
このブログを読んでみると、尾関氏が自己啓発セミナーに傾倒しているのがよくわかる。自己啓発セミナー用語が、次々と出てくる。「神」だとか、「金儲けのための仕事ではなく、魂を助ける仕事」だとか。。。 栗原英明が、セミナー中によく使う単語が次々と出てくる。
 
「魂を助ける仕事」をしていたはずなのに、尾関氏は風俗営業法違反で逮捕された。キャバクラ経営が、尾関氏の言う「魂の仕事」なのだろうか。
 
実は、自己啓発セミナーにはまったという有名人は、意外に多い。プロ野球の菊池雄星選手やタレントの青田典子も、自己啓発セミナーにはまったという噂がある。そして共通しているのが、本人たちは幸せでいるのかもしれないが、本業の方があまりぱっとしていない。第三者からみれば、人生が下り坂に向かっているように見えるのである。
 
実はこれは、ビジョンダイナミックスの受講生にも言えることである。多くの人がそれぞれ問題を抱えて、ビジョンダイナミックスのセミナーを受け始めるが、このセミナーを受けて問題を解決できた人は、ほんのわずかしかいない。大多数の人が、問題を解決できずに、何年も何年もセミナーに通い続けている。だが多くの受講生にとって、ビジョンダイナミックスの会員になっていることは居心地いいらしく、問題が解決できなくてもさほど気にならないらしい。これこそがまさしくカルトといわれる所以であり、多くの進行就航に共通している点である。
 
では、自己啓発セミナーの教えでは、なぜ人は人生の問題を解決できないのだろうか。ここからは、筆者の個人的な意見である。(次回へ続く)
 
https://philosophy.blogmura.com/←にほんブログ村 哲学・思想
https://philosophy.blogmura.com/newreligion/←にほんブログ村 新興宗教
https://philosophy.blogmura.com/spiritual/ ←にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界
 
 

開く コメント(0)

2011年3月11日、東関東大震災が起きた。地震とそれによって起きた大津波によって、東北地方は未曽有の大災害に見舞われた。この災害によって亡くなられた方々、そして被災した方々に心からお悔やみ申し上げます。
 
7月に入り、電力使用制限令が出された。この夏を乗り切るために、自動車業界をはじめとする産業界が節電対策を始めた。それと同時に、日本全体が今、復興への努力を始めた。そんなときに、この災害を自分たちの商機と捉えているかのようなセミナーが開催された。
 
仙台で、被災者をセミナーに招いたそうだ。
イメージ 1

大災害をチャンスととらえるカルト団体は、ビジョンダイナミックスだけではない。統一教会やその他のカルト団体も、災害を機に信者を増やす活動している。
 
リトル・ペブルが東北沖太平洋地震をネタに新預言を発表
 
 

また、カウンセラーと称して被災地に入り、被災者に「カウンセリング」を行っていたカルト団体がいたという報道もあった。
 
 
人の不幸に付け入り、信者を増やそうとするカルト団体は、ビジョンダイナミックスだけではない。残念なことに、思いがけない人生の悲しみ、別れ、曲がり角にさしかかった時、実に多くの人が、多くのカルト団体の網に引っ掛かり、人生の大切な時期を無駄に過ごしてしまっている。
 
ビジョンダイナミックスでは、こころのビタミン研究所というNPO法人を使って、同じことをしている。「喪失プログラム」といって、家族が亡くなった方に、ビジョン心理学のヒーリングセミナーを無料で受講できるプログラムを設けている。このヒーリングセミナー中に、集団瞑想ともいわれるジョイニングセッションをやらせて、悲しみの感情を解放させているのだそうだ。
 
 
こプログラムを受けて、信者になった人がどれくらいいるのか、筆者は正確なことは知らない。だが、受講した人は何人かいる。その方が、自己啓発セミナーだとは何も知らずに、ビジョンダイナミックスのセミナーを受けていたのかと思うと、心が大変痛む。
 
そして、今回の大震災も、こうしたカルトの餌食となっているのは、なんともやりきりない思いでいっぱいである。
 
https://philosophy.blogmura.com/←にほんブログ村 哲学・思想
https://philosophy.blogmura.com/newreligion/←にほんブログ村 新興宗教
https://philosophy.blogmura.com/spiritual/ ←にほんブログ村 スピリチュアル・精神世界
 

開く コメント(9)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事