yeongranjpのブログ

MMORPG レッドストーンを主としたブログです

全体表示

[ リスト ]

レッドストーン新経験値テーブル作成法


RS新経験値テーブル作成法(暫定)
表計算ソフトを使用したRS新経験値テーブルです
この経験値テーブルは公式の経験値で、一般に言われる経験値とは1行ずれます
暫定はLv872以降で異なる可能性が有ります(現在未確認)


縦列をレベルとし、横にレベル・基本・付加・増加・経験値・累計とします
1行目の項目はレベル・基本・付加・増加・経験値・累計
2行目(レベル1)は、1(レベル)、他は空白
3行目(レベル2)は、=A2+1(レベル) =ROUND((A2)/SQRT(A2);0)*40(基本) 
=IF(B2<>B3;(A3+1)*20;0)(付加) 130(増加・固定値) 250(経験値・固定値) 
=F2+E3(累計)
4行目(レベル3)は、=D3+B4+C4(増加) =E3+D4(経験値)。他は3行目をコピペ

5行目(レベル4)以降は4行目(レベル3)をコピペ。Lv829まで

ここまで正しく入力が出来れ居れば、4行目(レベル3)の値は、3400170420670


831行目(Lv830)変更点(付加の名称がおかしいのはスルー)

=A831*(A831-829)^2(基本) =C830+B831(付加) =D830+C831+1160(増加)

以下同じ式をLv900までコピペ

暫定は増加の定数がLv872から1200の可能性有り。有ればLv900の累計で18万程度増える


・以下は解説。

=ROUND((A2)/SQRT(A2);0)*40(基本)

基本数値は前のレベルを前のレベルの平方根で割る。それの端数を切り捨て40を掛ける

参考までにSQRTは平方根、ROUNDは小数点以下(;の後が0場合)切捨て

=IF(B2<>B3;(A3+1)*20;0)(付加)

付加は基本数値に変化が無ければ発生しない。基本数値に変化が有れば、次のレベルに20を掛ける

=D3+B4+C4(増加)

増加は前の増加に基本と付加を加える

=E3+D4(経験値)

経験値は前の経験値に増加を加える

=F2+E3(累計)

累計は前の累計に経験値を加える


=A831*(A831-829)^2(基本)

レベル8301とし、レベル毎にそれに1を加えた数値を2乗し該当レベルを掛ける

例を挙げればLv8301Lv8312Lv8323、を2乗し、該当レベルを掛ける

=C830+B831(付加)

付加(付加の名称はおかしいが)前の付加に基本を加える

=D830+C831+1160(増加)

増加は前の増加に付加と定数1160を加える。但し1160の定数はLv872より1200かも知れない。これは旧基本がLv871まで1160Lv872から1200になる為であり、変化に対応するならば、Lv872以降の定数を1200に変えるか、表を大幅に変えなければならない(前記では旧基本を消している為)。つまりLv872以降は不明であるが、どちらにしても大差は無くLv900で約18万の違いを生じる。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事