〜集団ストーカー被害記録〜

集団ストーカーの18年間を振り返りながら過去を整理して集団ストーカーについて考えてみたいと思います!

全体表示

[ リスト ]

昨日、韓国の女優チェ・ジンシルさんが自殺したというニュースがありました。
とても好印象の女優さんだったように思いますが、
離婚した元夫が元日本プロ野球巨人軍の趙投手だったと自殺の記事で知りました。

ところで、去年の11月のブログ『韓国もイルミナティ化』の中でも
韓国の女優さんの自殺が多いという事について取り上げたのですが、
昨日のチェ・ジンシルさんの自殺?を事前に察知でもしていたかのように、
GYAOではこの女優さん主演のドラマ『あなた、そして私』が
9月12日から、58話一挙まとめて放送されています。〔現在も放送中〕
このドラマは去年分割して無料放送していた際にすでに鑑賞済みだったのですが、
最高視聴率58.8%、韓国ドラマ歴代10位以内にベストインしているだけあって
なかなか面白ですしこの女優さんも好演技でなかなかよかったのですが、
私が興味を持ったのは、このドラマの制作がちょうど1997年のアジア通貨危機の時代で、
ドラマの中でもIFMという言葉が頻繁に出てくるということです。
以前にも書きましたが通貨危機の際に韓国は米IMF〔イルミナティの機関〕の監視下に置かれ、
韓国の企業も、ほとんどアメリカ資本に買い叩かれたということがありました。
その際、かなりの50歳以上の人がリストラの憂き目に遭ったというのを本で読んだことがあります。
このドラマの中でも、まさしく、リストラ、給料減額、ボーナス返上等
当時の厳しい韓国企業の状況を垣間見ることができます。
とにかく頻繁に『IMFが・・』という言葉が出ています。

又、この通貨危機を境に韓国は韓流ブームや急速なIT化等の目覚しい発展とあわせて、
自殺者数もこの後10年で3倍以上に増加するというまさしく光と影を地でいったような感があります。
ところで昨今もサブプライム問題に端を発した通貨危機が叫ばれ、
噂によれば、韓国も日本以上にアメリカの影響を受けており、
近いうちにデフォルトにより、もう一度IMFの監視下に入るのではという噂もあります。
なにかこのタイミング〔通貨危機・主演女優の自殺?〕でのGYAOのドラマ一挙放送の演出は、
仕組まれたものではと思わずにはおれません。

ところで韓国は日本以上に宗教が盛んな国ということ情報を聞いたことがあります。
これは私の妄想に過ぎませんが、
他の韓国ドラマの中でも宗教〔カルト〕が盛んな国というのを感じることがあります。
まずドラマの中での普通にはありえない人物設定〔偶然とは思えない出会い〕が甚だしいし、
やたらと当たる占い士が出てきたり、
夢占いが盛んで特に胎夢はあたる確立が高いようですが、
これらは全てカルトが作り出す必然と言えないこともありません。
つまり宗教というものはもともと支配の道具でしかないと私は思っているのですが、
そのカルトの下部組織を使って諜報活動をさせている結果、
このような必然を作り出して
支配者=神を演出しているのではないかと思います。

ところで、支配者にとってカルト洗脳組織というのは本当に利用価値があるのではないかと思います。
今年6月に韓国でアメリカ産牛肉の輸入解禁に反対する8万人規模の抗議集会がありましたが、
無宗教が多い日本であれだけの人数を集めるのは容易ではないように思います。
まさしくカルトの効用と言えないこともありません。
とにかくこの洗脳組織力を使えば
無名の人物を政治家に祀り上げたり、偽のヒーロを捏造できるだけでなく、
あるときは善人を極悪人に仕立て上げることも可能ですし、
本をベストセラーにしたり、映画館の動員数を増やすことや
世論を誘導することも容易なのではないかと思います。
そしで簡単に支配者の思惑通りの虚構の世界を作り挙げることができます。
又今回の様な通貨危機等政情不安時にはカルトを使った『魔女狩り』ならぬ
『煩い者のつるし上げ』で支配者たちの無能力を転嫁したり
民衆の不満の矛先を転嫁することができます。

ところで、韓国でも創価学会等カルトが盛んだという情報もあります。
韓国の女優チェ・ジンシルさんの死亡も、大金が動く芸能界を考えると、
結局は利権がらみだと私は思いますし、
お金中心のカルト宗教の蔓延と世の中の格差社会〔弱肉強食社会〕が進めば、
このように人間の命さえも金に容易におき換えられるということがあり得るのではないかと思います。

ところで、数日前に偶然見た深夜のバラエティ番組で日本在住外国人の映像が出ていたのですが、
日本がまさしく多国籍化している現状が読み取れます。
その映像ではたしか神宮だったと思いますが、
あのあたり〔信濃町近く〕は創価学会の町という噂もあります。
もしかしてイルミナティの手先、創価学会等カルトには
外国人を受け入れるシンジケートがあるのではと疑わずにはおれません。
今後、格差社会が急激な中国や韓国から、
自由競争から取り残された反日思想の若者が大量に日本へ流れてきて、
カルトの受け入れで、カルトに洗脳されるということがあれば、
益々集団ストーカーを含めたカルトの犯罪は増え続け、
日本の無秩序化は進んでいくのではないかと危惧します。

ところで余談ですが、以前にも書きましたがフリーメーソン系カルトというのは
仄めかしという手法をよくやります。
秋葉原の事件の数日前から秋葉原〔アキバ〕を特集した番組をやっていたり、
川田アナウンサーの自殺?の前日の最期の担当コーナーが『自殺の名所青樹が原の特集』だったり、
神戸池田小学校の児童殺傷事件の数日前にNHKで池田という名前がつく学校の特集をやっていたり
という情報も見たことがあります。
又ロンドン地下鉄テロの前日にテロを想定した訓練をしていたという情報もあります。
今回の自殺した韓国の女優チェ・ジンシルさん出演の最後のドラマが
『最期のスキャンダル』という名前だったとのことですが、
この女優さんの自殺?をめぐる借金問題や友人男優の自殺等、一連の騒動を見る限り、
まさしく『そのまま』で
この自殺?にもやっぱりカルトの陰謀めいたものを感じます。
とにかくご冥福をお祈りします。

閉じる コメント(1)

映画など特によくそう感じますね。洋画の方に多いです。しかしいくら悪の思惑で送信操作しても被害者に免疫ついて進化し続けている者もいるでしょう。戦いは果てしないものになってきてるようですが、まだまだこれからだろうと思います。

2008/10/3(金) 午後 7:50 [ お誕生日 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事