幸せクリスチャンの信仰日記

この世で生きていく上で役立つ話ばかりです。

全体表示

[ リスト ]

‘あなたは恵みによって命を与え、私の霊を守って下さいました’(ヨブ記10:12)
 
 私は、腸閉塞で手術入院していたが、一週間点滴を受け、食事を受け付けなかったせいか、かなり痩せた。
 やはり、痩せた方が階段の昇降が楽である。
 
 そして食べ物の好みも変わった。
 油物は控えるようにしている。
 その方が、なんだか優しい気分になれるから、陽だまりのような幸せを感じる。
 
 昨日から、皮つきごぼうを煎じて飲んでいる。
 ごぼうには、サポニンやイヌリンという成分が含まれており、サポニンは食欲抑制効果、イヌリンは食物繊維が含まれているという。
 深夜労働をしている人は、サポニン効果が薄れ、食欲過多や高血圧になるので、大豆も含め、サポニンのある食べ物を積極的にとった方がよい。
 
 人は誰でも肉体は衰え、若い頃は元気だった人も、五十歳を過ぎるころから病気に見舞われるケースが多いが、神は私の霊を守って下さった。
 入院中も同室の方に恵まれ、お互いをいたわりながら生活できたことに感謝する。
 
 自然の風景、四季の恵み、残念ながら、私はあまり触れるチャンスはないが、やはり、時代や年齢とは関係なく自然に優しい気持ちになれる。
 
 これも神が霊を守って下さっている証拠だろう。
 呪われた健康という言葉があるように、いくら身体が頑丈でも、霊が死んでいるといわゆるけだもの状態になり、悪事に利用される恐れがある。
 
 なんだか、霊が生れ変っていくようである。
 神と共に、天国行きに進んでいくような予感すらする。
 
 ハレルヤ
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事