幸せクリスチャンの信仰日記

この世で生きていく上で役立つ話ばかりです。

全体表示

[ リスト ]

‘宝を天に蓄えよ。地にある宝は、虫がつき、サビがつくであろう’(箴言)
 
 この頃、高齢者を狙った取り込み詐欺が多い。
 老後の命綱である年金や財産を、そのままそっくり奪い取られてしまうのだ。
 若者だと、まだやり直しもできるが、年配者だとそれも不可能であり、まさに悲劇である。
 
 詐欺の種類はいろいろある。
 報道番組によると、金目のないものを質屋(実際はやみ金)に質草としていれ、年金を担保の借金をさせたり、社債を購入させて大損をさせ、損した分を取り戻しましょうと甘言をかけ、手数料といって大金をせしめたり、またこの頃はATMを利用せず、兄弟の上司や友人を装って自宅までとりにきたりするという。
 被害にあった人のために‘#9110’のダイヤルまである。
 
 自分は騙されないと思っている人が、いちばん危ないという。
 まあ、私の家にも、しょっちゅうその類の電話がかかってくるのであるが、まるで昔からの幼馴染のような優しい物言いである。
「三和○○です。覚えてらっしゃいます? 以前、奥さんに『がんばりなさいな』という暖かい励ましの言葉をかけて頂いて。ご主人お元気ですか?」
 友人に飢えている人なら、ひっかかるかもしれない。
 
 やはり、65歳以上になると、淋しいのだろうか?
 話し相手がいないから、ぬくもりを欲しているのであろうか?
 
 私はやはり、宝は神と共にあると確信している。
 今までの人生から、什一返金、教会に通うことが、自分を守る道であると断言できる。
 
 そして今、クリスチャンらしく生きることが使命であろう。
 
 アーメン
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事