ここから本文です
それいけ満員電車
引っ越します♬今までありがとうございました!!またね〜。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

昨日、なんとはなしに私が小学1年生だった頃に
夢中になって読んでいた絵本を取り出してみました。
 
イメージ 1
フランスのピエール・プロブスト氏の作品
カロリーヌとそのお友だちシリーズです。
イメージ 3
お友だち
っていっても
動物たちなんですけどね。

一緒にみんなが遊んでいるのを見るだけで楽しかったわけです。

以前も記事にしたことがある大好きな絵本ですが、
今回あることを発見をしたのです。
カロリーヌが手を振っている画像の右上の監修を何気なく読んだんですけどね

「あれ??」って思ったんです。

イメージ 2
(三番目の 村岡花子氏)

村岡花子??
なんか聞いたことあるような??え〜と確か????
で、お名前を検索をすると

お〜っっ!!!やっぱり!
「赤毛のアン」の翻訳者であり、児童文学者でもある方です!

日本に、「赤毛のアン」を紹介してくれて
朝ドラ「花子とアン」のヒロイン(吉高由里子主演ね)にもなった
あの村岡花子氏でした〜!!(朝ドラヒロインのモデルってことで覚えてたんだけどね

「赤毛のアン」に出逢う前の、もっと小さいころに
村岡氏が関わった作品を読んでたんだなぁと思うと、ちょっと嬉しかった。

ちなみに
監修の他のお二方も調べてみました。

浜田廣介氏はハマダ・ヒロスケと読むようで・・・
え?てことは?
なんと?? ひろすけ童話のひろすけ の廣介さんでした!!
浜田廣介氏は「泣いた赤鬼」「りゅうの目のなみだ」の作者でした。
あ、あかん。すでに涙が!!
泣いた赤鬼はヤバイっしょ!

とまぁ、大御所が監修されていたんですね〜。

さて
カロリーヌが収録されている小学館の「世界の童話」シリーズですが
イメージ 4(全50巻くらいかな?)今や絶版なんですね。

でも
小学館さん!そんなこといってないでぜひ再版してください
少なくとも私は買いますよ〜

10年くらい前に、ダメもとで小学館に電話して
このシリーズの在庫の有無、再版の予定を聞いたのですが、しばらく保留のあと、
在庫も再版の予定もなしとのご返答いただきました。
お忙しいのに在庫を調べに行っていただき本当にありがとうございましたね〜。

尚、波多野勤子氏は児童心理学者だそうです。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事