ここから本文です
それいけ満員電車
引っ越します♬今までありがとうございました!!またね〜。

書庫こぼれ話

記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

先日、BSで放送されていた
世界のドキュメンタリー「独裁者の妻たち:デヴィ夫人」
という番組を見ました。

フランスの制作会社が
世界に悪名をとどろかせていた独裁者たちの妻
ということでの四人の女性の人生を紹介していたんですね。

ちょうどデヴィ夫人(インドネシア元大統領第3夫人)の回だったんだけど

ぃや〜、なんだかね。
この方
「夫による弾圧や虐殺はない。上からの民主主義だったの。」
と持論を展開させてたよ〜ですね。
(すべて英語でトーク♪)
番組内で華麗なる?彼女のセレブな人生が散々流れた後

最後に

イメージ 1
左からレーニン夫人

インドネシア元首相スカルノ第3夫人の
デヴィ夫人

フィリピン マルコス元大統領イメルダ夫人

ジンバブエのムガベ元大統領夫人

この四人の画像が映し出されて
男性の声でナレーションが流れたんですね。

「猛烈な女傑たちよ、その毒舌と大胆さを生かせば
 戦う女性の象徴となれたことでしょう。」

「残念ながら私はあなたがたのうちに、うぬぼれしか見ることができません。
 しかしレーニン夫人だけは違います。(2行くらい続く)」

そしてデヴィ夫人がアップになって対談の続きが流れたのね。

インタビュアーが「最後に」と前置きをして
「あなたはインドネシアのマザー・テレサだと思いますか?」と
質問すると

"Absolutely.  Absolutely." 「全くそのとおりです。」

と頷きながら二度も繰り返して
夫人のアップがフェイドアウトしたあとエンドロールが流れ始めました。

「は?マザー・テレサだと?何言ってんの????」って思いました
ごめんね、デヴィ夫人。

そもそも私のデヴィ夫人に関しての一番古い記憶って
小・中学生の頃?
たまにメディアで取り上げられているどこの国の人かよくわからん人
って程度のものでしたが
少なくとも、人気ハリウッド女優や、ミュージシャンのように
歓迎されている人ではない・・・ということはわかりました。

高校生の時に
遠藤周作氏のエッセイ本「ぐうたら人間学」で
デヴィ夫人との対談でのエピソードを読んだんですけどね

確かデヴィ夫人が
スカルノ元大統領の偉大なる??エピソードを話し出したところ
遠藤氏が
「それは、ホントのことですか?」って尋ねたんですって。

頷くデヴィ夫人に対して遠藤氏が
「あなたがホントの事を言っているのか、嘘をついているのか
 試させてほしい。」と言って夫人に質問するわけ。

「あなたはお風呂の中でオナラをしたことがありますか?」って

するとね、デヴィ夫人は小さい声で

「はい、いたしたことございます。」って答えたんだって。

夫人の正直な?答えに感動♪した遠藤氏は
それ以来
デヴィ夫人がメディアでたたかれる度に肩を持ちたくなったらしい
まぁ、それはそれでカワイらしいエピソードだとしようか。

最近はTVでも、いろいろ楽しいことしてくれるデヴィ夫人って感じだけど
今回の「独裁者の妻たち」での彼女の華麗なる自慢話を聞いて

やっぱりこの人は
プライドのやたら高い独裁者の妻ってことなのかな???

って腑に落ちちゃいました。
ま、途中から見ただけなんだけどね。

デヴィ夫人もまさかこのフランスのTV番組が
日本で再放送までされるとは思っていなかったのかな???

友だちが泊りに来て

久しぶりの投稿です。
皆さん、お元気ですか??(昨日まで9連勤・・・さすがに疲れた

イメージ 1
先月の30日に友人4人と大阪で食事をしました。
5人そろったのは本当に恐ろしく久しぶりで
(なんせ私が20代の頃に一緒に働いていた仲間ですからね
お互いの近況報告やらなんやらで盛り上がりました。

そのうちのK子とA子の二人(東京在住者)がうちに泊まったんですね。
以前もお知らせしましたが、
K子さんが来週、南米のとある国へ旅立ちます。

その国の日系移民の歴史を記録に残すために
日系人協会から依頼を受けて渡南米するんですね。

彼女は
以前も南米に10年ほど滞在しており、
その際に日系移民の方々を取材し、その証を本にしています。
その実績も評価されたんでしょうね。
彼女が出した本はNエイチKが日系移民を題材にしたドラマの制作時にも
参考にされていました。

南米で奴隷制度が廃止された頃
日系移民という名の奴隷に等しいような安価な労働力の輸出が
国の政策として行われました。
移住希望者にあらかじめ説明されていたのとは大きく異なる
過酷な土地での生活が待っていました。たとえ落胆しても帰ることはままなりません。
なんせそこは日本から遠くかけ離れた地球の反対側ですから。
移民の多くは東北出身者で、たとえ帰ったとしても自分の住む場所が
ないのが実情でした。
多くの一世の方々が現地で経験された苦労は筆舌に尽くしがたいもの
だったようです。
第二次世界大戦中は連合国側である国に住んでいたわけですしね。

私は
K子さんを通してでなければ
南米に暮らしている日系移民の方々のことを知る機会がなかっただろうなぁと
思います。

日系二世はもちろん、三世の方々も高齢化が進んでいることもあって
K子さんの仕事は急がねばなりません。
彼女の健康と仕事のことを祈っていきたいと思います。

今日
彼女にせんべつとカードを送りました。
そこに書き加えた私が好きな聖書の言葉を最後に。

メンタルの弱い?チキンハートの私がいつも励まされている言葉です。

  恐れるな。わたしはあなたとともにいる。
  たじろぐな。わたしがあなたの神だから。
  イザヤ書 41章10節

多様性を認め合う社会に合わせて
バービーもモデル体型だけじゃない多様なスタイル、肌、髪の色など
いろいろ出てきています。

みんな違ってみんなイイんです。
イメージ 1
美の基準はひとつだけじゃないし
みんなそれぞれ美しいんですもんね。

それは
バービーだけでなく
恋人であるケンも同じなワケで

よってイロイロなケンが
知らない間に世に出ていました。

イメージ 2
うん、
ケンもいっぱいですね♪
ステキです。

実はバービーの場合
ぽっちゃり系のバービーも
いるわけで
それに合わせているのか
ぽっちゃりケンも出ていました。

イメージ 3
はい、初めまして。
ケンの足元にあるバッグをちょっと見てみると
イメージ 4
う〜ん、炭酸飲料っぽいのと
BBQでもするのかソーセージなどあって
なんだか彼の食生活を小道具でも
表わしているところが実に細かい。

でもポテトチップなどジャンクフードがないところを見ると
彼も健康に気をつけているのでしょう。

和食中心の生活にすると健康にもっといいよ、ケン!
今度、ケンを回転寿司のお店にでも誘ってみようかと思います


画像を思いっきりお借りしてしまいました

消えるブログ

イメージ 2
「消えたホームページ」というタイトルの記事をアップしたのは先月の頭でした。
サービスが終了したために二度と検索できない私のHPのことを記事にしたわけです。
その際、文末に

  yahoo! ブログさんは大丈夫ですよね??

と冗談で言ったのに本当にサービスが終了することになるなんて
びっくりしました!
これぞ寝耳に水、青天の霹靂ですよ。

しかも新しいブログサービスへは
記事本文データを移行できてもコメント欄は移行できない
とかいうじゃありませんか!
記事を見に来てくださっている皆さんとのコミュニケーションが楽しかったのに
その思い出が消えてしまうなんて悲しすぎます
コメント欄があって初めて記事の成立だと思っているので残念でなりません。

でも移行期限はいずれ来ますもんね。
皆さまはどうされますか〜??


さて、
今月、東京在住の友人二人が遊びに来ます。
部署こそ違いましたが、かつて同じ会社で一緒に働いていました。
夫と私の共通の友人でもあります。

いい機会だから
断捨離というかKONMARIしながら部屋を片付けているんですね。
かなり捨てたし、売れるものは売っております。
今度の週末には出張買取業者が来るので、
古いTVやいくつかの電化製品、
買ったけどあまり身に着けていないモノを出す予定です。
お陰様で部屋はスッキリしてきています。
ついでに模様替えもしたので友人たちを迎えるのにイイ感じになりそうです。

イメージ 1
実はその友人の一人が来月、海外に移住するんです。
もう滅多に会えないような遠い国に行ってしまうんです。
なので、うちに滞在してもらう間は楽しい時間になるよう工夫して
いっぱい、いっぱい話そうと思います。

でも別れるときに泣いてしまいそう

消えたホームページ

イメージ 2
何かと話題の阿部寛氏の公式サイトです。
ホームページってところが最高ですね♪
ご本人も気に入っているとか。

かくいう私も
かつてホームページを作成しておりました。

タイトルは「それいけ満員電車」
はい、このブログと同じタイトルですね。

2004年だったかな?
通勤満員電車という非日常空間を、どうせなら笑ってしまえ!
という高い志?で作ったHPでした。
満員電車なんか「それいけ!」とでも言わなきゃ乗れませんからね。

そこで
作成のためにIBMのホームページ・ビルダーを買いました。
ワクワクしながらとりかかりましたよ。

当時のHPビルダーには、こちらのブログのようなテンプレートがなかったため
何もかも一から作らなければならなかったんですね。
でも「はじめての方でも作れる!」という宣伝文句を信じて
試行錯誤しつつも世界への発信を目指して取り組んだワケです。

ページの構成はどうしようか?
文字はどのフォントにしようか?
イラストのページも作っちゃおうかな?

など考えるのも楽しく、果ては掲示板(BBS)のページまで加えちゃって
今、思えばかなり頑張ってました。
しかもダイヤルアップ接続で。
イメージ 1
まぁ、さすがにダイヤルアップには途中で限界を感じて
ADSLを飛び越えて光回線にしました。
私のHPを応援してくれていたドラマーのおっちゃんが

「ダイヤルアップから光回線にしたってのは
人力車から新幹線並みに変わったって感じだな!
 よかったな!」

と喜んでくれましたっけ。

さて、そんな思い入れたっぷりのHPでしたが
ある日、消えてしまいました

プロバイダーだかなんだかのサービスが終了しちゃったんですね。
きっと終了のお知らせは何か月も前からメールで送られてきていたんでしょうねぇ。
でもそのメールアドレスはほぼチェックしていなかったので
ある日、久しぶりに検索したら、なくなっていたんですね・・・

このPCにはホームページビルダーをインストールしていないし、
URLがわからないからインターネット・アーカイブでも見つからなかったしで
私のネット人生創世記第二章を共に歩んできたHPは永遠に消えてしまったのでした。

子どもらの小さい時の記事もあったのになぁ。
残念でなりません。

Yahoo!ブログさんは大丈夫ですよね??

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事