ハワイ旅行 半世紀前の思い出(最終章)

[エッセイ 495] ハワイ旅行 半世紀前の思い出(最終章)  ハワイ島では、キラウエア火山の火口近くで、噴火の様子を直接見物することができた。普段は爆発的な噴火はなく、溶岩は粘りけがあるので飛び散ることもない。観光客は、すぐ近くで見物することができた。その火山の活動が、いま活発になり、流れ出した溶岩で下流部は大変なことになっていると聞く。  そのハワイ島にも、昔は路線バスが走っていたそうだ。ただ、モータリゼーションの波に飲まれて、客がどんどん減り、ついには廃止に追い込まれたという。当時の私たちにはまだ信じられない現象だった。しかし、その後の日本はその足どりをそのままたどっている。わがふる里でも、モータリゼーションと人口減少のダブルパンチを受けて、路線バスは減便を続け、いまや廃止寸前である。  オアフ島のすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事