十一月の風

[風を感じ、ときを想う日記](877)11/15 十一月の風  今月の「ゆうゆう通信」には、巻頭の挨拶として次のような小文を載せた。  ・・・今月の15日は七五三参りの日です。女子は3歳と7歳の2回、男子は5歳になると、その成長を祝って大人っぽい晴れ着に身を包んで神社にお参りするのが習わしです。  七五三参りは平安時代に起源をもち、現在のような形に整えられたのは江戸時代といわれています。女児の3歳のお祝いは「髪置(かみおき)の儀」、5歳の男子のそれは「袴着(ちゃこ)の儀」、そして女子の7歳のお祝いは「帯解(おびとき)の儀」といいます。  3歳の女児は肩上げした着物に朱赤のちゃんちゃんこ、5歳の男子は羽織に袴、7歳の女子は着物に祝い帯というのが伝統的な盛装です。そして、お供には千歳飴が定番です。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事