「おばあちゃんの鐘馗(しょうき)さま」

安倍改憲ノー。戦争法と共謀罪廃止、野党は共闘。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2018年9月19日(水)

内閣のうそを暴く
野党が合同ヒアリング
加計学園問題

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり野党は18日、国会内で合同ヒアリングを開きました。日本共産党の田村智子参院議員は、2015年8月に内閣府の藤原豊・地方創生推進室次長(当時)が愛媛県今治市に出張した目的について「獣医学部新設のための視察ではないのか」と追及。内閣府側は「国家戦略特区に関する意見交換だ」とごまかしをつづけました。

 田村氏をはじめ野党側は、藤原氏が出張で愛媛県、今治市、加計学園関係者らと同学園の用地視察を行ったことに触れて、「実態としては獣医学部の新設が目的だったとしかいいようがない」と指摘しました。内閣府の担当者は「調査では確認していない」と、学園側との学部新設の協議を否定。野党は改めて調査報告をするよう強く求めました。

 野党側は、加計孝太郎学園理事長が安倍晋三首相と同年2月に面会したことを明記する愛媛県の文書を否定したことについて「加計氏は理由を述べていない」と強調。文科省に対し、加計氏に当日の日程を公表することを求めるよう要請しました。野党は引きつづき同氏の説明責任を追及していくことを確認しました。

経済産業省内部文書
 経済産業省が、政治家ら省内外の人物と折衝したときに作る公文書について、内部文書で“個別の発言の記録は不要”と指示していた問題で、同省は18日、文書の内容を修正しない考えを示しました。国会内で行われた野党合同ヒアリングで答えました。

 同省は前回の野党合同ヒアリング(4日)で、内部文書の扱いを「検討したい」と表明していましたが、今回は「公文書管理の運用に問題は生じていない」として、野党の求めた修正に応じませんでした。方針が世耕弘成経産相の判断であることも事実上、認めました。

 出席した野党議員は「行政の意思決定過程などを『合理的に後付け・検証できるよう』に記録の作成を求める公文書管理法や行政文書管理に関するガイドラインの趣旨に反する」「森友・加計問題にこりて、公文書管理が大幅に後退した」などと批判し、重ねて修正を求めました。

 内閣府は、内部文書に記された“個別の発言の記録は不要”というガイドラインの解釈は政府全体の解釈かと問われ、「それが独り歩きしているとしたら、われわれの解釈との関係では、どうかと思う」と疑問を呈しました。


しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-19/2018091902_02_1.html

2018年9月19日(水)

「自民は恐怖政治」
農水相圧力発言で玉木氏
 国民民主党の玉木雄一郎代表は18日の記者会見で、自民党総裁選で石破派の斎藤健農林水産相が安倍晋三首相の陣営から辞任圧力をかけられたと発言したことに関し、「多様な言論をたたかわせる党内民主主義が失われ、自民党はいま恐怖政治に陥っているのではないか」と述べました。
 玉木氏は「何か言えば外される、干される党になり、自由民主党から自由がなくなっている」とも指摘しました。


しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-19/2018091902_03_1.html

2018年9月19日

農相は辞表書いて矜持見せては/政界地獄耳

★農相・斎藤健が安倍陣営から「安倍応援団の1人から『石破さんを応援するんだったら辞表を書いてからやれ』と言われた」と語った問題。首相・安倍晋三は「そんなことはしていない」と否定しながらも「決して脅しとかではないと思う。自由に闊達(かったつ)に、みんな一生懸命応援したらいい」「昔はもっと激しかった。そこでひるんではならない。それでもなおという勇気が必要だ」と、そんなものは序の口だとの考えを示した。

★それに呼応するように党幹事長・二階俊博は「どんな選挙でも、日を追うごとに過熱する。そういう中での発言だろうから、党として改めて取り上げる必要はない」とえこひいきのような援護射撃をした。安倍陣営選対事務総長・甘利明は「斎藤さんもあんなことうじうじ言ったら斎藤健の価値が下がる。歯牙にもかけるなと」と発言。安倍応援団が「気にするな」ということ自体が既におかしな構図だとは思わないのだろうか。

★無論、安倍陣営が問題にしないとしても有権者がこの物腰や言い分を「感じ悪い」と感じるだろう。首相は17日のテレビ討論で「加計さんは、いずれ利害関係者になる可能性があった。まずかったという気持ちはあるか」と問われると「利害関係があったから親しくするというのではなくて、元々の友人」とかわし、「学生時代の友達でも、金融庁幹部とメガバンクの頭取はゴルフをしてはいけない」と問われると、「ゴルフに偏見を持っておられると思う。いまオリンピックの種目になっている。ゴルフが駄目でテニスはいいのか、将棋はいいのか」と子供のようなへ理屈で応じた。

★だが、公務員倫理規程でも「遊技またはゴルフ」とゴルフは唯一禁止されている。首相だけれども友達付き合いも大事というならば、首相をお辞めになって遊べばいい。首相は権力はあるが、けじめがないと言わざるを得ない。斎藤は政治家の矜持(きょうじ)として堂々と辞表を書いたらどうか。その方がずっと筋が通っている。(K)※敬称略

日刊スポーツ

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事