「おばあちゃんの鐘馗(しょうき)さま」

安倍改憲ノー。戦争法と共謀罪廃止、野党は共闘。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2018年9月7日(金)

沖縄統一地方選大激戦
共産党「21人全員当選を」

 沖縄県知事選(13日告示、30日投票)の前哨戦となる統一地方選は6日、市町村議選の投票が集中する9日の投票日まで3日を切り、「3日攻防」といわれる最終盤に突入しました。

 日本共産党は「オール沖縄」勢力の躍進を目指し、5市9町村議選で21人(1候補の支援を含む)が議席に挑戦。どの市町村議選も一票を争う大激戦・大接戦となっています。

 定数30に36人が立候補する大激戦の沖縄市では日本共産党の、イケハラ秀明(75)、前宮みつこ(66)、チバあやこ(49)の各候補=いずれも現=が同日市内を巡り支持を訴えました。

 仁比そうへい参院議員や嘉陽宗儀県議の応援を受けた2期目を目指すチバ候補は、3議席による議案提案権で広げた子ども医療費無料制度など子育て支援のいっそうの拡充を訴え。「知事選で玉城デニー候補を勝たせ辺野古新基地を止め、子どもたちに平和な暮らしを」と気迫を込めました。


しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-07/2018090701_04_1.html

「怯え震えて待て! 公明党・遠山 清彦!」ー
【翁長氏後継・玉城デニー氏がネットの「デマ」を名誉毀損で刑事告訴「事実無根のデマには毅然と対応する必要がある」 同じ遠山なら金さんと反対の公明党の遠山だ】
 怯え震えて待て! 公明党・遠山 清彦。
 汚い手を使うのは安倍自民党だけかと思っていたが、公明党の低能な議員がいのだ。その議員は
公明党・遠山 清彦である。
イメージ

 こんなデタラメを創作してYou Tubeの動画まで作成し、TwitterやFacebookで、「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)」と「ネトウヨ」らが拡散ていた。 完全なる選挙の妨害でもある。

 玉城デニー氏と小沢一郎氏がネットの「デマ」を名誉毀損で刑事告訴「事実無根のデマには毅然と対応する必要がある」としている。当然だ。
イメージ


動画を見れば明らかに、違和感を感じる内容であり、ウソであることが直ぐにわかる。幼稚な創作動画だが、選挙民には左右する動画である
 那覇署へ刑事告訴の手続きに入った。
那覇署は「個別の告訴の取り扱いにいては回答できない」としているが、今なら削除されずに残っている。今のうちに見て欲しい!!
まずは、名誉毀損などデマに当たる最初の公明党衆議院議員Twitterの投稿をーー。

イメージ


◆遠山清彦@kiyohiko_toyama 
玉城デニー氏の地元(沖縄3区内、宜野座村)にある、小沢一郎自由党党首所有の超豪華別荘。「老後の生活のため」のようだが、沖縄とこういう関わりしかない人に相談して、知事選へ立候補を決めた玉城デニー氏は、知事になった後もこの人に色々相談するのだろう。絶対阻止する。
https://twitter.com/kiyohiko_toy…/status/1038636089404141568 
【玉城デニー 沖縄県知事選挙】 玉城デニー氏と豪華別荘の関係!

https://youtu.be/xTr3fftxpQA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
概要: なんだか、古びた草ボウボウの誰も使っていないような別荘のような建物が出てきて、その玄関に、玉城デニー氏と小沢一郎氏のポスターが貼ってあり、その前のビーチも小沢氏が「老後の生活のため」所有してるとしているというような内容だが、あのビーチを個人所有すること自体、出来ることではないのは誰にでもわかる話だ。
イメージ

イメージ

イメージ

バカバカしいし、幼稚的すぎる、作り話しだと直ぐにわかる動画が・・。
 しかし、こんなのが拡散されて、沖縄県民の有権者が見れば「自由党は酷いなあ」と思うかもしれない。
 
完全なる選挙妨害であり、名誉毀損である。

この投稿へのネットの反応ーー。
●Erscheinung42@Erscheinung35
玉城デニーのネットデマに対する刑事告訴の方針は実に正しいと思うな。ほんとこういうのが野放しにされすぎだし,それをいいことに特定の勢力がデマを流しまくってるわけで。
そういえばあちこちで火炎瓶がどうとか言われてる人はどうして刑事告訴しないんでしょうね 
#ケチって火焔瓶
イメージ


●暁のうた@hitomaroaka
ヤクザを使って政敵のデマを流す安倍さんですから、玉城デニーさんのデマを流すくらいわけないでしょう。モリカケといい安倍さんはほんとに信用ができません。早く辞めてもらいたいです。嘘と言い訳と国税使い込みパリピ男、安倍総理の顔もみたくない
#ケチって火焔瓶
イメージ

●香山リカ@rkayama
「事実無根のデマには毅然と対応する必要がある。今後とも誹謗ひぼう中傷に対しては迅速に対応したい」当然だ。
ネットの「デマ」、名誉毀損で刑事告訴へ 翁長氏後継・玉城デニー氏
 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/312968 … @theokinawatimesから

同じ遠山なら金さんと反対の公明党の遠山である。
こんなデタラメな事を・・。
こんなやつが国会議員である。
公明党は恥ずかしくないのか。創価学会はこんなやつを応援していいのか? 
公式ホームページ。創価学会は池田大作(いけだだいさく)名誉会長とともに、「わが郷土の発展と平和を願い、平和・文化・教育の発展」とあるが、大きく矛盾している。
日蓮和尚も泣いているはずである。
イメージ


あまりにも、幼稚的で頭のラベルが低い。呆れてしまう。税金の無駄だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ネットの「デマ」、名誉毀損で刑事告訴へ 翁長氏後継・玉城デニー氏】 沖縄タイムス 2018年9月11日 05:00
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/312968
イメージ
 30日投開票の沖縄県知事選に立候補を表明している玉城デニーさん(58)は10日、インターネット上を中心に自身に関する事実誤認のデマが拡散しているとして、名誉毀損(きそん)の疑いで那覇署へ刑事告訴の手続きに入った。署は「個別の告訴の取り扱いにいては回答できない」としている。

 代理人の弁護士は「正式な告訴の受理に向けて署と協議していく」とし、デマの内容については明らかにしていない。

 また、告訴の理由について「有権者に正しい選択をしていただくためには、事実無根のデマには毅然(きぜん)と対応する必要がある。今後とも誹謗(ひぼう)中傷に対しては迅速に対応したい」と話した。 

転載元転載元: 山と土と樹を好きな漁師 ー「佐々木公哉のブログ」

2018年9月8日(土)

主張
自民党総裁選告示
改憲争点にする首相の異常


 自民党総裁選が告示され、予想通り、3選を狙う安倍晋三首相(現総裁)と、石破茂・元同党幹事長が立候補を届け出ました。北海道の地震の影響で選挙活動は当面自粛ですが、20日の投票に向けた一騎打ちの選挙です。総裁選は自民党内の問題とはいえ、首相選びに直結する選挙です。とりわけ今回は、安倍氏が直前から自衛隊を憲法に書き込むなどの改憲の意向をむき出しにしており、石破氏との間でも改憲が争点の一つになっています。総裁選勝利で弾みをつけ、改憲策動を進めようという安倍氏の姿勢は危険で異常です。

安倍氏の際立つ前のめり
 「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出する」(8月12日、事実上の総裁選出馬表明をした地元・山口での講演会で)

 「(来年の参院選前に改憲の国民投票を行う)基本的に考え方は全く同じだ」(8月27日、安倍氏支持の自民党麻生派の申し入れに)

 「国会議員が(改憲の)発議を怠り、国民に権利を行使させないことは『国民に対する責任放棄だ』とのそしりを免れない」(3日付「産経」インタビューで)

 総裁選を前に、安倍氏の改憲発言は異常の極みです。内閣総理大臣として行った自衛隊幹部の会合でも、自衛隊員が「誇りをもって任務を全うできる環境を整える」ことが「政治家の責任」とまで言い出しました(3日)。首相に求められる憲法尊重擁護義務への配慮などみじんもありません。

 安倍氏は北海道で地震が起きた当日放送されたインターネットテレビのインタビュー(事前収録)でも、「平和安全法制は成立させた。次はいよいよ自衛隊の正当性を明確にすべきだ」と主張しました。総裁選の公約でも「憲法を改正し、新しい時代を切り拓(ひら)く」と改憲を掲げます。石破氏も根っからの改憲論者ですが、その石破氏が「スケジュール感ありきでやるものではない」というほど、安倍氏の前のめり姿勢は際立っています。

 安倍氏が改憲を持ち出しているのは、国民の間で改憲が問題になっているのでも、総裁選で改憲が焦点になっているからでもなく、ただただ自らの執念のためです。安倍氏は先の通常国会で改憲案の発議を企てたものの、国会ではほとんど議論もされず、実行できませんでした。世論調査で「次の首相に期待するもの」との問いに、上位の回答は年金・医療や景気対策で、「憲法改正」はわずか4%にすぎません(「毎日」3日付)。改憲を争点に持ち出し、総裁選で加速させようというのは、「改憲第一」の政治の私物化です。

 安倍氏が、国会で改憲案を発議しないことを「責任放棄」だとか「サボタージュ」などと言って攻撃しているのは、国会そのものを自らのゆがんだ意思に従わせようというものであり、議会制民主主義の破壊です。民主主義や立憲主義に真っ向挑戦するものです。

「戦争する国」を許さぬ
 安倍氏が目指す改憲の内容は、憲法に自衛隊を書き込み、憲法9条の「戦力不保持」や「交戦権否認」を空文化し、自衛隊が海外でアメリカの行う戦争に無制限で参加できるようにする道です。

 「戦争する国」に道を開くこうした改憲に、総裁選で弾みをつけ強行しようという安倍氏の思惑は許されません。安倍改憲阻止の世論と運動を強めるときです。


しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-08/2018090801_05_1.html


毒ガスと液状化と地盤沈下×地震による甚大な被害
火を見るより明らかだ!

築地市場の豊洲移転を中止せよ!

ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−・ー・−・−・−・−・−・−・−・−・−

豊洲市場で10メートルのひび割れ=開場へ影響なし−東京都


10月に移転する豊洲市場で地盤沈下により発生したひび割れ=9日、東京都江東区(東京都提供)

 東京都は11日、築地市場(中央区)から移転する豊洲市場(江東区)の敷地で幅約10メートル、段差約5センチのひび割れが見つかったと発表した。10月11日に予定されている開場への影響はないという。

マグロ競り見学、9月15日で終了=豊洲移転準備で−東京・築地市場

 ひび割れは、市場西側の建物部分と外の舗装部分の境にあるトラックの荷下ろし場で見つかった。建物周辺に施した盛り土部分の地盤が水分などを失い、徐々に沈下したという。都は「一定の時間が経過することで沈下は収束する」と説明。今後は開場までに補修し、定期的に点検する。(2018/09/11-20:46)

転載元転載元: 今 言論・表現の自由があぶない!

2018年9月11日(火)

主張
自民党総裁選論戦
アベノミクスの破綻説明せよ

 北海道地震で「自粛」していた自民党の総裁選の活動が再開され、安倍晋三現総裁(首相)と石破茂元幹事長が行った候補者所見の発表演説会や共同記者会見を聞きました。首相選びに直結する選挙として、看過できないのは安倍氏の改憲への前のめり姿勢とともに、経済政策「アベノミクス」への手放しの賛美です。政権復帰以来の6年間で「まっとうな経済を取り戻すことができた」と言いました。大企業や大資産家は潤っても国民の暮らしが悪化する経済がまっとうなのか。首相に求められるのは経済政策破綻への説明です。

国民の所得・消費に触れず
 安倍氏が所見発表の演説会などで経済政策の成果として持ち出すのは、求職者に対する求人数の割合を示す有効求人倍率が上昇したなど、自分に都合の良い数字ばかりです。有効求人倍率は上昇しても、増えた求人は主に賃金の安い非正規の労働者で、非正規労働者の比率は安倍政権復帰前の2012年平均の35・2%から昨年の平均は37・3%に上昇しています。安心して働ける雇用を破壊して、経済の改善とは言えません。

 安倍氏の演説には国民の所得や消費がどうなったのかの説明は一切ありません。これまで繰り返し批判されてきたように、「アベノミクス」は円安や株高で企業や大資産家のもうけを増やしましたが、ほとんどは株主への配当や内部留保などになり、労働者の所得にも家計の消費にも回っていません。財務省の最近の発表では、大企業(資本金10億円以上)の17年度の内部留保は前年度より22兆円も増え425兆円を超えました。12年度に比べると1・28倍です。

 これに対し賃金は伸び悩み、消費税などの増税もあって、2人以上世帯の家計の実質可処分所得は12年平均の44万5497円が17年には43万2253円に減少していると、指摘されています(「東京」6日付)。「アベノミクス」の下で格差が拡大しているとの批判に、安倍氏も「格差に光を当てていく」とは言い、拡大の事実は否定できませんでした。

 安倍首相が政権に復帰して始めた「アベノミクス」は、金融緩和、財政拡大、規制緩和などの「成長戦略」が柱です。金融は緩和しても、使い道がなければ内部留保に回るだけです。日本銀行が「デフレ脱却」の目標にした消費者物価の2%上昇はいつまでたっても実現せず、財政赤字は増える一方です。「待機児ゼロ」「介護離職ゼロ」などどんなに看板を架け替えてもどれ一つ目標は実現せず、「アベノミクス」は今や総破綻です。首相に求められるのは、都合の悪い数字には目をつむって一方的に“手柄”を語るのではなく、政策の破綻を率直に認め、失政を招いたことへの反省です。

消費税の増税には固執
 安倍氏は口を開けば「道半ば」と言いますが、6年もたって成果が目に見えない政策は失敗でしかありません。総裁選が再開された日に発表された今年4〜6月期の国内総生産(GDP、改定値)でも増えているのは企業の設備投資などで、個人消費は速報値から据え置きです。

 安倍氏は記者会見で消費税は来年10月から「予定通り引き上げていきたい」と明しました。暮らしを顧みない「アベノミクス」を中止させることが不可欠です。

しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-11/2018091101_05_1.html

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事