「おばあちゃんの鐘馗(しょうき)さま」

安倍改憲ノー。戦争法と共謀罪廃止、野党は共闘。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2018年8月30日(木)

首相の政策ビラに「改憲」
小池書記局長「許さない」

 日本共産党の小池晃書記局長は29日、東京都台東区で開かれた宗教人との懇談で、安倍晋三首相(自民党総裁)が9月の総裁選に向けて党所属国会議員に配った政策ビラが「憲法を改正し、新しい時代を切り拓(ひら)く」としていることについて「これを許すわけにはいかない」と厳しく批判しました。

 小池氏は、政策ビラが「自衛隊の明記、教育無償化など先の衆院選で公約した4項目につき、次の国会に自民党としての憲法改正案を提出できるよう、党を挙げて取り組み、早期の発議を目指す」と記していることを紹介。「先の総選挙でも参院選でも首相は憲法を語っていない。身内の総裁選になったら(改憲を)堂々と掲げ、これで首相が勝ったら『信任を得た』などと言って、国会と国民に押し付けてくるつもりだ。これを許すわけにはいかない」と批判しました。

 また小池氏は、自民党総裁選をめぐって石破茂元幹事長のスローガン「正直、公正」に対し自民党内から「首相への個人攻撃だ」と上がっていることに言及。「正直、公正は民主主義の基本ルールだ。これを『個人攻撃だ』と言うのは、つまり『安倍首相がウソつきでえこひいきな人間だ』と自民党が認識しているということだ。『スローガンを取り下げろ』と言うのは、『ウソつきでえこひいきのままでいい』と言っているようなものだ」と述べました。

安倍首相が28日までに配布した政策ビラは「責任、実行。平成のその先の時代へ」と題し、改憲のほか、(1)経済成長(2)社会保障改革(3)地方創生・国土強靱(きょうじん)化(4)地球儀俯瞰(ふかん)外交―を挙げています。

2018年8月30日(木)

米最大州、核禁条約を支持
カリフォルニア州議会 先制使用放棄も決議

 【フェニックス(米アリゾナ州)=池田晋】米カリフォルニア州議会上院(定数40)は28日、核兵器禁止条約を支持し、核軍縮を国家安全保障の最重点項目にするよう求める上下両院合同決議を賛成多数で採択しました。下院(定数80)は20日に採択。全米最大3954万人の人口を擁する同州が、州議会レベルで同条約に支持表明した最初の州となりました。

 決議は、現米政権が進める1兆ドル(約111兆円)規模の核兵器近代化計画が惨劇の危険性を高めるだけでなく、地球規模の軍拡競争を加熱させるものだと指摘。これに代わる対案が122カ国の賛成で採択された禁止条約だとし、先制使用政策や大統領単独での核発射命令権限を放棄することにより、政府に対し核戦争阻止の先頭に立つことも求めています。

 決議は、サンタバーバラ選出のリモン州下院議員(民主党)が提案。同地に拠点を置く平和団体「核時代平和財団」は「カリフォルニア州が核軍縮を支持する上で巨大な一歩を踏み出し、この重要な課題で同州を最前線に置くものだ」と歓迎の声明を出しました。
 州議会上院は同日、大統領の核発射権限を制約する法的措置を速やかに取るよう連邦議会に求める別の両院合同決議も採択しました。


しんぶん赤旗

日刊ゲンダイDIGITAL 政治・社会 政治ニュース 記事
安倍応援団は大慌て 政策「石破ビジョン」予想外の高評価


2018年8月30日


アベノミクスの失敗も解説(C)日刊ゲンダイ

「これはヤバイ」――と安倍応援団が慌てている。石破茂氏が発表した政策「日本創生戦略―石破ビジョン」に対する評価が予想外に高いからだ。専門家が「アベノミクス」と比較したら、「石破ビジョン」に軍配が上がる可能性が高い。なんとしても政策論争は避けようと、安倍応援団は策をめぐらしているという。

 石破茂氏が27日に発表した総裁選の公約「石破ビジョン」は、<地方創生の実現><人を幸福にする福祉社会の実現>など5項目からなるもの。

 経済政策の柱は、<中小企業と地方の成長力の引き上げ>と<社会保障制度改革>の2つだ。会見では「大企業だけでなく、中小企業や地方経済の潜在力を可能な限り伸ばし、経済成長の中心とする」「国民が信頼できる社会保障制度を確立し、安定的な消費を喚起する」と訴えた。



■アベノミクスの失敗も解説
123 次へ >>

日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236408

2018年8月29日(水)

きょうの潮流

 夏休みが終わり、2学期が始まる時期です。友達に会うのが楽しみな子がいる一方、学校に行くのがつらいと苦しんでいる子たちがいます

▼中学校でいじめを受けた20代の女性は「8月後半になると体調が悪くなった。親にも相談できず逃げ場がなかったけど、保健の先生が親身に話を聞いてくれて救われた」と振り返ります。相談しやすい関係を作り、思いに寄り添うことの大切さを教えられます

▼学校の人間関係、勉強、いじめ…。悩みを抱える子にとって新学期は、さらなる苦しみの始まりです。政府の「自殺対策白書」によると、18歳以下の自殺は9月1日とその前後が突出して多くなっています

▼そうした中、子どもの居場所になろうとする動きが広がっています。東京・三鷹市立図書館は「つらい気持ちを抱えているきみへ」という企画展示を開催中。「友達とうまくいかない」などの悩みに寄り添った本を集め「図書館で待っているよ」と呼びかけています

▼以前話を聞いた30代の男性は「学校に行けなかったとき、図書館に通いました。おとなが『学校は?』などと声をかけず、そっと見守ってくれたからこそ今の僕があると感謝しています」と話していました

▼死にたくなるほどつらいなら、学校に行かなくてもいいよ。他にいろんな選択肢があるから、将来を心配する必要はないよ―。そんなふうに自信をもって子どもに言えるように、学校や社会の環境を改善することが不可欠です。なによりも大切な子どもの命を守るために。


しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-29/2018082901_06_0.html

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事