「おばあちゃんの鐘馗(しょうき)さま」

安倍改憲ノー。戦争法と共謀罪廃止、野党は共闘。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

2018年8月22日

スポーツ界の“ドン”一掃できるか/政界地獄耳


★思えば「都議会にドンがいる」と議会運営を私物化させ、側近政治を慣例化し、伏魔殿のようになっていた都議会から“ドン”を一掃すると言ったのは、都知事・小池百合子。都議会にドンがいなくなったのか、どうなったのかを小池は説明しないが、そもそもはここからだったのではないか。東京五輪・パラリンピックを2年後に控え、今のスポーツ界はさまざまな形でドンを一掃しようとしている。

 ★それは伝統という名の慣習や慣例化した悪癖、環境、スタイルの場合もあるし、文字通り組織や団体を私物化する人物の場合もある。競技団体組織をわが物にする幹部のやりたい放題もあれば、監督やコーチ陣のお手盛り采配や差別、パワハラ、セクハラもあるだろう。恣意(しい)的な選手やコーチの登用、不可解な会計処理もあるかもしれない。スポーツ団体のすべてのウミを出し切ろうと、もがいている状態だろう。

 ★もう1つ、大学スポーツにもメスが入った。強権をふるう監督やコーチ、指導者の場当たり的で八つ当たりのような指導でも、チームや選手が力をつけてしまうと、その指導方法が成功への秘訣(ひけつ)とばかり、鉄拳制裁や理不尽なしごきになる場合がある。まさに戦後の体育が、軍事教練の延長にあったように。

 ★それを科学的にスポーツに昇華させようとする際、大学の伝統やOB、父母会などがその透明性を嫌い、大学の自治を理由に、外部に触れさせないようにする動きもある。ここにスポーツ庁や文科省が口を出そうとすると、政治の介入とみなして、外部の目にさらされないようにしてきた部活はなかっただろうか。アジア大会では、バスケットボール選手の買春にまで及んだ。あと2年で、日本のスポーツ界は生まれ変われるのか。(K)※敬称略

日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201808220000165.html

鹿児島で26日出馬表明 安倍首相“逃げ恥”日程にブーイング


2018年8月23日


石破氏との討論を避ける安倍首相(C)日刊ゲンダイ
拡大する
 安倍首相と石破茂元幹事長の事実上の一騎打ちとなった自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)の討論日程を巡り、両陣営が火花を散らしている。

 党総裁選挙管理委員会の遊説担当者が22日、討論会や街頭演説の日程を協議したのだが、極端な実施数の少なさに石破陣営が反発。物別れに終わった。

 圧倒的勝利で3選を目指す安倍首相は失点を抑えるため、石破氏との徹底討論を避けている。その意向が反映されたのか、選挙管理委で提示された日程素案は討論会2回、街頭演説3日程度。5人が立候補し、安倍首相と石破氏との決選投票までもつれ込んだ前々回2012年と比べると、その差は歴然だ。テレビの討論番組8回、党主催討論会1回、インターネット公開討論会1回、全国遊説16カ所をこなしていた。

 安倍首相がロシア極東のウラジオストクで開催される東方経済フォーラム(9月11〜13日)に出席するため、その外遊日程に配慮したものだというが、とってつけたような理由。「逃げるは恥だが役に立つ」選挙戦となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/235990/1

参考

http://www.asyura2.com/18/senkyo249/msg/562.html

安倍総理、本は一冊も読まないんですか? 

https://85280384.at.webry.info/201808/article_174.html

2018/08/22 15:58 半歩前へ

▼安倍総理、本は一冊も読まないんですか? 

 「総理、夏休みはゴルフと飲食だけですか? 本は一冊も読まないんですか? 人よりバカなんですから少しは勉強したらどうですか?」―。こんな質問をする記者はいないのだろうか?

 フェイスブックにそんな投稿があった。

 安倍晋三ほど本を読まない男は珍しい。何年か前に読んだと言って公表したのが右翼の百田尚樹と名乗る者が書いた戦争を美化した「永遠の0」だ。

 安倍晋三はことほど左様に知識や教養とは無縁な男だ。

 だから国会で野党から質問されても、質問の意味が分からず知っている言葉を並べて、それでオシマイ。

 志位和夫や山本太郎は、あっけにとられてしばらく開いた口がふさがらなかったくらいだ。

 安倍晋三とは対照的だったのが大平正芳元総理である。この人はこよなく書籍を愛する方だった。

 土曜日の午後など時間が空いた時は、虎の門書店に立ち寄り、自ら本棚を嬉しそうに物色した。

 30分ほどかけて数冊の書籍を買い求めた。その中には哲学書なども含まれていた。

 元総理は読み終えると、郷里の香川県に送り、日ごろ書籍に触れる機会が少ない青少年たちに読んでもらっていた。地元の人はこれを「大平文庫」と言った。

 こう書くと今の人は、「本はスマホで読める」「ほんはアマゾンで取り寄せられる」と言うかもしれない。が、あの当時はネットも、スマホもなかった時代だ。

 元総理は記者が問いかけると、「あー、うー」としばらく考え込んだ。総理のひと言がどれほど大事か熟知しているからである。常に熟考したのち言葉にした。誠に思慮深い総理だった。

 間違っても総理席からヤジを飛ばすような人ではなかった。

2018年8月23日(木)

主張

プルトニウム保有
核燃料サイクルから手を引け

 国の原子力委員会が、「プルトニウム保有量を減少させる」という、新たな「プルトニウム利用の基本的な考え方」を7月末決定しました。15年ぶりの改定です。

 核兵器の原料にもなるプルトニウムを大量にため込んでいる日本に対し、核不拡散の観点から国際的懸念が強まるもとで、「保有量減少」を言わざるを得なくなったものです。

 7月初めに閣議決定された「エネルギー基本計画」にも、アメリカの要求をうけて「プルトニウム保有量の削減に取り組む」と書き込まれました。

核弾頭6千発分に相当
 日本では、原発の使用済み核燃料に含まれるプルトニウムを取り出し再利用する核燃料サイクルの実現をめざしてきました。

 そのため、プルトニウムを核燃料とする高速増殖炉もんじゅの開発と再処理工場の建設をすすめつつ、使用済み核燃料の再処理を英仏に委託してプルトニウムをためてきました。

 ところが、もんじゅは、23年前のナトリウム漏れ火災事故を機に開発が頓挫し、2年前に廃炉が決定しました。

 代わりに、普通の原発でプルトニウムを核燃料とするプルサーマルを16〜18基で実施するとされましたが、事故・事件が相次ぐ核燃料サイクルに対して批判が高まり、実績は4基にとどまっています。

 日本は、「利用目的のないプルトニウム」は持たないとしつつ、実際には利用見通しが立たないまま、再処理をすすめプルトニウムをため続けてきました。

 現在、日本が国内外に保有するプルトニウムは、非核兵器国では桁違いに多く47トンを超えています。核弾頭6千発に相当する量です。

 プルトニウムの大量保有という異常な状態は、核燃料サイクルの破たんの結果です。ところが安倍晋三政権は、核燃料サイクルに固執し、プルサーマルを進めようとしています。プルトニウム削減を口実にしていますが、プルサーマル1基で消費できるプルトニウムは年間0・5トン程度であり、焼け石に水です。

 しかも、2021年竣工予定の再処理工場(青森県)が操業すれば、年間約7トンのプルトニウムがつくられます。原子力委員会の「基本的な考え方」は、「プルサーマルの着実な実施に必要な量だけ」再処理を実施するとしていますが、削減を掲げながらプルトニウムを生産するというのは、誰が見ても矛盾した方針です。再処理工場を動かさず、核燃料サイクルをあきらめるべきです。


しんぶん赤旗


しんぶん赤旗

【コラム】

筆洗

2018年8月23日

 悪い行いはいつも邪悪な心のみによって引き起こされるとは限らない。オーストリア生まれで、二つの世界大戦に翻弄(ほんろう)された作家ツバイクは、なぜ第一次大戦が起きたかについて、参戦した国には<動機さえも見出しえない>としつつ、こんな見方を示す

▼<力を持っているという感情は、つねに人間にも国家にも、その力を使用するか、もしくは濫用(らんよう)したいという気をおこさせるものである>(『昨日の世界』)。蓄えた軍事力や工業力の誘惑に駆られて大国はぶつかった。力は時に悪魔のささやきになる。そんな見方だろう

▼大戦に例えるのは大げさだろうが、悪への誘いが身近にある時代の訪れを懸念してしまう。愛知県の男子大学生が高性能爆薬を製造したなどとして、爆発物取締罰則違反などの疑いで逮捕された。十九歳の若さにも実際に爆発させていたことにも驚く

▼欧州でテロの道具になっているこの爆薬、ネットで製造方法を見られて、比較的簡単に作れるという。できるという思いが濫用の誘惑となったのではないか

▼米国ではトランプ政権が、3Dプリンターで銃をつくる情報に関し、ネット上の公開を認め、裁判所が公開一時差し止めを命じる事態になった

▼だれでもたやすく世界中の情報につながる時代だ。濫用の誘いに負ける人間は現れ続けるのではないか。その手の誘惑に人が弱いのは歴史にも例がある。

東京新聞

全3083ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事