「おばあちゃんの鐘馗(しょうき)さま」

安倍改憲ノー。戦争法と共謀罪廃止、野党は共闘。

政治

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

豪雨災害時に乾杯で謝罪 西村官房副長官は誰に謝ったのか


2018年7月12日


誤解も何も“飲み会”だろう(西村康稔議員のツイッターより)

 いったい誰に謝罪しているのか?――記録的な豪雨による大災害発生が迫っていた5日夜、安倍首相らが出席して衆院赤坂宿舎で開かれた飲み会「赤坂自民亭」の写真をツイッターに投稿した西村康稔官房副長官。「和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を撮り放題!正に自由民主党党」(原文ママ)などと浮かれ、野党や国民から危機意識や責任感の欠如を批判する声が上がっていた。

 11日になってようやく被災地を訪れた安倍首相も、報道陣から初動対応の遅れを聞かれ、ムッとした表情だった。

 これに恐れをなして忖度したのか、西村氏は11日収録されたBS11番組収録で「多くの方に不快な思いをさせてしまい、おわびしたい」「大雨の被害が出ている最中に会合をやっているような誤解を与えた」などと謝罪した。

 これに対して、野党などから「西村氏はまるで国民が勝手に誤解したために、安倍首相をはじめ飲み会参加者に迷惑をかけたから謝罪しますと言っているようだ」と指摘する声が上がっている。

 何とかは死ななきゃ治らない?

日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/233191

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年7月12日(木)

災害発生時の宴会
安倍政権に批判広がる

 日本列島の西半分に甚大な被害を及ぼした西日本豪雨が発生した5日夜、安倍晋三首相はじめ閣僚、自民党国会議員が宴会に興じ、災害対策の初動が遅れたことに対し、世論の批判が高まっています。

 本紙は8日付で報じましたが、宴会は「赤坂自民亭」と名付けて開催。安倍首相のほか小野寺五典防衛相、上川陽子法相、西村康稔内閣官房副長官ら政権中枢に加え、自民党の岸田文雄政調会長、竹下亘総務会長ら党幹部も参加していました。

 5日午後2時、気象庁は緊急記者会見を開き、「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがある」とし、土砂災害や河川の氾濫などへの厳重警戒を呼びかけ。夜までに大阪など3府県20万人に避難勧告が出されていました。同時間帯、宴会の参加者からは「いいなあ自民党」(西村氏が宴会の様子をツイッターに投稿)などと不謹慎な発言が飛び出しました。

 政府内に官邸連絡室や防衛省災害対策連絡室などが設置されたのは翌6日午後。災害対策基本法に基づき安倍内閣が陣頭指揮をとる非常災害対策本部(安倍首相が設置)が開設されたのはようやく8日午前になってからでした。この時すでに、気象庁は広島、岡山など11府県に対し「数十年に一度の災害」を意味する大雨特別警報を出し、避難指示・勧告は863万人、死者・行方不明者は100人を超えていました。

 安倍首相は対策本部の初会合で「先手、先手で支援を行う」「救命救助は時間とのたたかいだ」などと発言しました。

 しかし最初の気象庁の警戒喚起から対策本部の設置までには60時間以上が経過しており、二十数府県にわたる深刻な災害の対策の初動として重大な遅れです。被害進行のさなかに酒宴で盛り上がるなど言語道断。人命軽視と危機管理意識の欠如と言わざるを得ません。

しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-07-12/2018071202_04_1.html

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

与野党接戦の新潟知事選 “意外な怪文書”が飛ぶ戦いの構図

2018年5月21日


大接戦の池田候補(左)と花角候補/(C)
拡大する
 与党VS野党の一騎打ちとなる新潟県知事選は、24日告示される。現時点ではまったくの互角だ。

 自民党が実施したとされる世論調査では、与党が推す花角英世氏(59)は41ポイント、野党候補の池田千賀子氏(57)は38ポイントと大接戦だという。

 与党も野党も、投票日の6月10日まで幹部を大量投入する予定だ。立憲民主党の枝野幸男代表は20日、新潟入りし、自民党の竹下亘総務会長は25日に駆けつける。与野党が総力を挙げているのは、安倍首相に対する審判となる選挙だからだ。

■自民が負ければ安倍3選は赤信号

「一騎打ちという構図もあって、この先マスコミは『安倍政権にイエスかノーかが争点』というスタンスで報道するでしょう。すでに野党は『モリカケ疑惑を抱える安倍政権に審判を下す選挙だ』と訴えています。投票日の6月10日は、国会が一番ガタガタする会期末(6月20日)前だけに与党サイドが敗北すれば、安倍首相は苦しくなるでしょう」(政治ジャーナリスト・泉宏氏)

日刊ゲンダイ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【動画】共産党志位委員長「安倍政権は対北政策の転換を」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229475

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年12月21日(木)

9党に79億円を支給
政党助成金 共産党受け取らず

 総務省は20日、今年最終分となる政党助成金79億4342万円(千円以下切り捨て、以下同じ)を日本共産党を除く9党に支給しました。自民党の受取額は全体の半分を占め、10月の総選挙で議席を得た希望の党と立憲民主党は初の受け取り。議席を失い政党要件を満たさなくなった日本のこころにも、要件を満たしていた期間に応じ「特定交付金」という名目の助成金が支給され、年支給総額は317億7368万円となりました。

 今年最終分の各党の受取額は、自民党43億8599万円▽民進党13億4583万円▽公明党7億5301万円▽希望の党5億348万円▽立憲民主党4億3709万円▽日本維新の会3億249万円▽社民党9629万円▽自由党7812万円。日本のこころの「特定交付金」は4109万円でした。

 総務省に受け取りを請求した政党に対し年4回に分けて支給される政党助成金の各党の年支給額は、1月1日現在の所属国会議員数と過去の国政選挙の得票数などを基準に決められますが、年内に国政選挙があった場合は再算定されます。その結果、今回4回目となる最終分を含めた各党の受取額で自民党は176億296万円と過去最高になりました。(表)

 日本共産党は、国民の税金を山分けする政党助成金は、憲法が保障する思想・信条の自由に違反する制度だとして一貫して受け取りを拒否し、その廃止を求めています。

しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-21/2017122102_01_1.html

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事