Yukihisa Fujita Mystery World

藤田幸久ミステリー創作の世界(背景とエピソード紹介):英国が好きな人必見

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ロンドン・ウェストミンスター橋(ビッグ・ベン近く)のたもとに馬2頭立ての戦車を操る女性戦闘士の銅像があります。この銅像は古代歴史上の女戦士ブーディッカの銅像です。

ブーディッカ(Boudicca)(生年不詳 紀元61年没?)は、現在の英国東ブリタニア、ノーフォーク地域を治めていたケルト人イケニ族の女王だった。夫プラスタグス王の死に乗じて王国を侵略し、彼女と娘たちを辱めたローマ帝国軍に対し大規模な反乱を起こしたヒロインとして知られている。

60年から61年頃、ガイウス・スエトニウス・パウリヌス総督率いる軍がウェールズ北部のモナ島で戦闘に従事していた機に乗じ、ブーディッカはイケニ族やトリノヴァンテス族らを率いて反乱を起こし、トリノヴァンテスの拠点だったカムロダナム(現在のコルチェスター)奪回や各地のローマ帝国植民地を次々に攻略し、クィントゥス・ペティリウス・ケリアリスが率いたローマ軍第9軍団ヒスパナを打ち負かした。さらにブーディッカ軍は市制が敷かれてわずか20年のロンディニウム(現在のロンドン)を破壊し尽くし、さらにはヴェルラミウム(現在のセント・オールバンズ)にも攻め入り数万人もの人々を殺戮した。当時のローマ皇帝ネロは軍の撤退を決断したが、最終的にブーディッカはワトリング街道の戦いでスエトニウスの戦略の前に敗れた。

これらの出来事は歴史学者タキトゥスによって書きとめられていた。一時は忘れられていたこの歴史書はルネッサンス時代に再発見され、ヴィクトリア朝の時代には当時の女王ヴィクトリア(勝利を意味する)と同じ意味を有する名を持つ伝説の女王としてブーディッカの伝記は広く知れ渡った。

ミステリー「マルコム・ブラウンの遺産」の舞台のひとつになっているコルチェスターを主人公コージとナツコは訪れます。案内役をかってくれたフレッド・ブラウンがコルチェスターの歴史を説明してくれます。こんな場面があります。

「コルチェスターは、エセックス州のコルン川に沿って拓かれた現在人口16万人ほどの町です。しかし、ローマ帝国が当時のイギリスを侵略したときの最初の拠点として歴史的にもよく知られています」
「ローマの歴史家タキトゥスが書き残しているのですよね」
「コージ、よく知っていますね。その通りです。タキトゥスのおかげで当時のコルチェスターの様子がたくさん分かっています。
この地域は、ローカル種族のイケニ族の支配下にあり、コルチェスターの地は当時カムロダナムと呼ばれ、彼らの首都だったのです。ローマ帝国が紀元43年にイギリスを侵略したとき、首都カムロダナムの攻略を最優先課題のひとつに掲げました。すばやく地元の守備隊を鎮圧して、要塞を築きました。周りのローカル種族の反抗もたいしたことがないと考え、紀元49年には、要塞を主に引退した兵士と家族が住むローマ市民の居住区としたのです。ローマ皇帝を記念して植民都市クローディア(ローマ帝国領ブリタニカ地方の)と名づけました。その後ローマ人は、リンカーン、グロースター、ヨークに植民都市を築いていますが、コルチェスターが最初だったのです。
紀元54年にローマ皇帝クラウディウスが死んだのを機会に、植民都市クローディアの人々は、亡くなった皇帝を追憶崇拝するためにクラウディウスの寺院を造りました。寺院建設のために地元のイギリス人の人々に課税して、また建設のために奴隷として多くの人を徴用しました。さらに、地元の人々に寺院を崇拝することを強要しました。これが、地元の人々の間にローマ人に対する憎しみのシンボルを作る結果になったのです。
紀元60年に、イケニ族の王プラスタガスは、跡継ぎの息子がいないまま死にました。ローマ人は、女王であるブーデッッカを相続人として認めることを拒否して、逆に彼女を襲ったのです。ブーデッッカとイケニ族は、もうひとつの種族トリノヴァンテスと同盟を作り、ローマ人一般市民の町となっていたコルチェスターを攻撃しました。人々は最後に残っていた大きな建物に避難しました。皮肉なことに、それが憎しみの対象だったクラウディウスの寺院だったのです。ここで中に閉じこもった人々は虐殺され、寺院は焼き払われました。
ブーディッカは、自信過剰になり、セント・オールバンズとロンドンにいるローマ人を攻略するために進軍します。しかし、敗れてしまいます。ローマ人は、コルチェスターに戻り、町の周りに防御の壁を建設しました。このローマの壁は3分の2は今日まで残っています。城の前の広場を囲む壁はその一部です。ローマ人のコルチェスター支配は、その後400年以上続きました。多いときには2万人以上のローマ人が、城壁の中で暮らしていたといわれています」
「今残っているコルチェスター城は、ローマ人が建設したものではないのですか?」
「違います。ノルマン人の建設なのです。…ローマ人の支配が終わったあとフランスからノルマン人が到来する1066年までの歴史はほとんど知られていません。記録がないのです。コルチェスターに移住したノルマン人は、港と市場をスカンジナビアからの侵入に対して守るために石の城を建設し始めました。バイキングの侵略に対抗するためです。この城はイギリスで建設された最初の石城のひとつです。これが今残っているコルチェスター城で、なんとクラウディウスの寺院の廃墟の上に建設されているのです。」

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

この前はどうもありがとうございました。

また、コメントを残しに来てください。 削除

2008/4/29(火) 午後 1:28 [ みさき ] 返信する

顔アイコン

いつも
すごく内容の濃いブログですね、
とても勉強になります。

ヨカッタラ、こちらの方にも遊びに来てくださいね。 削除

2008/4/29(火) 午後 4:53 [ 山本かおる ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事