Hiro ism

今日(10/3)の記事が777個目でしたw

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Happy Birthday John Lennon

イメージ 1
 
今日はジョン・レノン73回目のバースデイ
 
Happy Birthday  John

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

ソニーとパナソニック

ソニー「はじめに顧客ありき」でなく「はじめに技術ありき」

NEWS ポストセブン 10月9日(水)16時5分配信
 
 デジタルカメラも軽量化、高機能化がすすむなか、ソニーが発表したワイヤレスカメラの一種、通称「レンズだけカメラ」の「DSC-QX10」と「DSC-QX100」について、大前研一氏が解説する。

 * * *
 ソニーが先日発表した新商品が、スマホと組み合わせる「レンズだけカメラ(レンズ型デジタルスチルカメラ)」だ。高級コンパクトデジタルカメラ並みの高画質が売りのモデルと光学10倍ズームのモデルがある。

 しかし、カメラはすでにスマホに搭載されているわけで、それよりも高画質や高倍率ズームにするために接続するレンズ型カメラという発想が、私にはよくわからない。カメラに高性能を求めるユーザーは一眼レフや高級コンデジを買うだろう。そこまで高いレベルは求めないが、もっときれいな写真をスマホで撮りたいというユーザー向けなら、今あるスマホのカメラ性能を向上させればよい。

 現にソニーのXperia「Z1」やアップルのiPhone「5s」は、撮像素子(イメージセンサー)を大型化し、レンズも明るくすることで画質を最新のコンデジに匹敵するレベルに向上している。となると、レンズ型カメラのニーズがどこにあるのか、邪魔なレンズ型の物体をわざわざ持ち歩く人がどういう人なのか、ますますわからなくなる。

 これまでスマホになかった機能―たとえばプロジェクターになったり、プリンターやファクスとつながったりする機能―をスマホに付加できるような商品であればともかく、中途半端に大きなレンズ型カメラをスマホにくっつけるという発想は非常にプアだと思う。どういうお客さんに、どういうTPOで使ってもらいたいと考えているのか、私には理解できない。

 結局、今のソニーは「はじめに顧客ありき」の“カスタマー・イン”ではなく、「はじめに技術ありき」の“プロダクト・アウト”の会社なのである。

※週刊ポスト2013年10月18日号
 


パナソニック、「プラズマ完全撤退」報道にコメント

ITmedia ニュース 10月9日(水)12時11分配信
 
 パナソニックは10月9日、同社がプラズマディスプレイパネル(PDP)生産から完全撤退すると伝えた一部報道について「当社が公表したものではない」とするコメントを発表した。「PDPの事業戦略についてはさまざまな検討をしているが、現在決定した事実はない」としている。

 同日付けの日本経済新聞が電子版など各紙が、同社が2013年度末をめどにPDP生産を停止する方針を固めたと伝えた。生産拠点の尼崎工場(兵庫県尼崎市)は売却する方針だと報じている。
 


 
 
 
まずはソニー
 
この会社は今ではベンチャーの「ベ」の字もない会社だが、昔から「顧客重視」というCSは存在しない
分かりやすい一例としてあれだけ売れた8ミリビデオ「ハンディカム」
多くの国民が8ミリムービーで可愛い我が子撮影したはず
そのテープを見たいけど、もう見れない
細々とテープの提供は続けているが、残っているテープを再生しようにも機器がもうない
家もそうで、引き出しの中に8エイトのテープが捨てるに捨てられず眠っている
他のメディアと違い子供の成長の記録はかけがいのないもの
が、高画質化でDVテープ〜DVD〜HDD&メモリータイプへの移行とともに
家族の思い出もバッサリ切り捨ててしまった
これを「技術優先、顧客不在」と言わずして何と言うのか?
 
この記事のスマホの餓鬼のオモチャがどうこうと言うのとは次元が違う
 
イメージ 2
 
故・盛田会長はこの自社の体たらくをどう思っているだろう?
 
 
 
パナソニックのプラズマ
 
撤退するのが遅い
そもそも勝敗は何年も前に決していたと思う
プラズマの利点とは? 
動画の安定感、高コントラスト、大画面のコストの安さ・・・・だった
だが液晶も猛追
動画性能が飛躍的にアップし、コントラストも大幅に改善、大画面の価格もプラズマを凌駕していた
 
プラズマのデメリット
電気を喰う、パネルが熱くなる。特に少し前のモデルは異常に熱を持つ
夏などはテレビを見ながら電気ストーブを点けているようなもの
そして最大のマイナスポイントは「小型」が作れない
初期のころソニーが32型を作っていたがそれ以下のサイズは何処からも出なかった(作れなかった?)
松下製は37型が最小モデルだった
売れ線の32型がないのでは結果は見えていた
 
イメージ 1
 
そして何よりの敗北は地デジ化を読み違えたこと
パナソニックのお偉方はいつまでもテレビがバカ売れするとでも思ったのか??
エコポイント&地デジ化で買い替えが終われば市場は間違いなく激しく萎む
地デジ化がなければ買い替える必要のないブラウン管テレビも全部買い換えたのだから
なのにあんな馬鹿でかい尼崎のパネル工場を作った
素人目には全く必要なかったと思う
これはシャープの堺のコンビナートにも言えることだが
自分で自分の首を締めたのだ
ほんの1〜2年先が見えない日本の家電
韓国のサムソンに大差をつけられても当然か
 
ここらあたりが日本の家電メーカーの稚拙なところだろう
「大人の自動車メーカー」と大きく違うところだと思う
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

台風24号から変わった温帯低気圧の影響で、北陸地方と東北日本海側では、9日夜にかけて暴風や高波に警戒が必要だ。

 低気圧が能登沖の日本海を東北東に進んでいて、9日夜には東北地方を通過して、次第に三陸沖で弱まる見込みとなっている。ただ、北陸地方と東北日本海側では、9日夜までは沿岸と海上を中心に風が非常に強く吹き、海ではしける見込み。

 予想される最大瞬間風速は、海上で30から35メートル、陸上で25から30メートル、予想される波の高さは、4メートルから5メートルとなっている。

イメージ 1
 
風速32mで気温も32度
久々に台風の威力を感じる風が吹いた
が、雨は風が強い間は1滴も降らず・・・変なの〜
今は風も止み小雨が降ってるが・・・
 
この地は台風が通る事があっても風とかあまり吹かない
だが、24号はモロに直撃
 明日は台風一過の快晴の予報

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 3
イメージ 2
イメージ 1
 
全て見てのとおりパナのダンゴ3兄弟?
ぽ〜たぶるCDであります
3点ともオークションで衝動買い
 
① SL−CT500 970円
② SL−CT590 310円
③ SL−CT490 千円オーバーの1280円!!
 
① MP3再生対応 駆動電源はAC、単三電池  元箱、リモコン、外付け乾電池BOX、ACアダプタ
② 駆動電源はAC、ガム電池  ガム電池、元箱、リモコン、外付け乾電池BOX、ACアダプタ
③ 駆動電源はAC、単四電  駆動電源はAC、単三電池  元箱、リモコン、外付け乾電池BOX、ACアダプタ
 
どれも普通にサクサク再生出来ます
見た目は可愛いデザインや色使いで目を惹く
が・・・流石に普及モデル (悪く言えば「安物」w)
音は・・・・・・
 
なので既に引き出しの肥やしになりつつありる
まさに衝動買い
安物買いの銭失い(汗
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事