C&M style in ROY'S

ROY'S (cafe)と古道具屋CHAPMAN CLASSICS &M(グリーン・お花屋)のblogです。

新谷小学校14年間を振り返って。

元旦の投稿以来で、ごめんなさい。facebook、気軽に投稿出来てしまって、長文を書くのを怠ってしまっています。
イメージ 1


さて、明日はいよいよ、次男くんの小学校卒業式。
長女の入学から数えるとなんと14年間も大洲市立新谷小学校に通いました!!
14年の間に佐川先生、向井先生、宇都宮先生、岡田先生と4人の校長先生をお送りしました。担任の先生は、延べ19人。先生の数だけの家庭訪問。運動会、学芸会、参観日、親子ふれあい活動、役員会などなど、数えきれない学校通いと思い出がいっぱい過ぎて、、、
明日、卒業してしまう。とおもうと、胸がしめつけられ、目の奥が熱くなってきます。

次男くんは、3番目の子らしく、上2人が「子どもらしくてかわいい子。」とどの先生からも言っていただいたのとは、ちょっと違っていました。

幼稚園時代を話さない、要配慮児として過ごした彼は、毎日登校を嫌がりました。兄が6年の時に1年生だったので、なんとか兄について学校へ行きましたが、2年になるとT(兄)がおらんからと言って困らせました。
3年の時は、ナイフを2丁持ったクマや刺されて血が噴き出した人の絵を描いて懇談で「この絵が入選したのですが、ナイフは魚に、血だらけの人は消してもらいました・・・」との説明がありました。

4年では、サッカーの初遠征のとき、行くのを嫌がって私の足を蹴って抵抗しました(が、ここで行かなければ後も絶対行かないだろうと思い)、八幡浜港までバスの後を付いて行き、30分間、「自分で、遠征に行くと言ったんだから、責任を持ちなさい。行きたく無い理由をママに分かるように説明しなさい。」と話し合い、納得してフェリーに乗ったという、一生忘れない出来事がありました。

5年のときは、クラブの時間に、色鉛筆をボキボキに折ったのが先生にみつかって、夜電話を頂きました。先生は「S(次男)くんは、どうしてやったか覚えていないと言っています」と、この行動がモノではなく友達に向かったら困る・・・という内容のお話をされました。でも私は息子に「どんな行動も理由がある。覚えて無いなんか無い!!」と大きな紙に、折った時の教室の様子や友達、先生の居た様子を描かせ、その再体験で、何が嫌だったか、何がむかつくのかを、文章で表現させました。どんどんでてくる彼の不満は、先生の一言だったり、サッカーのコーチの指導や友達との関係でした。

6年生になると、すごく落ち着きました。なにより学校が楽しいと言い、サッカーがおもしろいと言い始めました。一緒に青森への強行2人旅で、お互いが頼りにしあって、2人の距離が近づいたのを感じました。運動会では、騎馬戦のリーダーになっていたし、学芸会では、1ヶ月の間、家でミュージカルの歌を歌い続け、親もすっかり台詞まで覚えるほど!!本当に楽しい時間でした。
イメージ 2

サッカーの監督が教えてくださいました。「本当にどーなるかと思いよった。全くしゃべらんし、近寄ったら逃げるし。でもなー、今では話を聞いて、意見までゆうんよ。ここまで、伸びる思わんかったよ。なー、おかあさん!!」

子育てが終わる訳ではないけれど、明日の卒業は、一区切りです。
泣くかな〜私。。。今から泣きそう!!です。

ちゃんと向き合ってきたら、中学校は楽勝です。お友達と仲間と伸びて行くから。

卒業おめでとう!!



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事