☆☆My Best & EXILE & PV☆☆

三代目JSB「Go my way」 Now On Sale!TOPをCheck!

全体表示

[ リスト ]

 いつまで“オレ様”でいるつもりなのか。

 織田裕二(39)が映画「踊る大捜査線パート3」への出演を拒否しているという。

「踊る」は織田が主人公の刑事役を演じた大ヒットシリーズだが、共演の柳葉敏郎との確執が問題になり、続編製作は不可能といわれていた。

 それでも、製作のフジテレビが「パート3」の企画を立ち上げ、織田と柳葉が歩み寄りをみせたことでプロジェクトは進んでいたのだが……。

「ここにきて織田が“やっぱりやりたくない”と言い始めているそうです。織田はプライドが高くて気難しいから、過去のヒット作に頼りたくない気持ちがある。12月に公開される主演映画『椿三十郎』がダメだったらやってもいいと漏らしているとか。今のところ『パート3』の製作は暗礁に乗り上げています」(マスコミ関係者)

 だが、織田はそんな余裕をかましている場合ではない。

 織田が3年ぶりに主演した4月ドラマ「冗談じゃない!」(TBS)は平均視聴率13.4%と低調だった。織田がライバル視していた木村拓哉主演の「華麗なる一族」は平均24.4%で、足元にも及ばなかった。

 また、織田は今月25日に大阪で開幕する「世界陸上」(TBS)の総合司会を務めるが、これも苦戦が予想されている。

「独占中継するTBSは9日間で総放送時間100時間という異例のシフトを敷き、最高視聴率30%超を目標にするほど力が入っている。しかし、大会のチケット販売は苦戦していて、51万枚用意された前売りチケットは4割程度しかさばけていません。視聴率も厳しいでしょう」(テレビ関係者)

 映画「椿三十郎」は織田にとって初めての時代劇。しかも、かつて黒沢明監督と三船敏郎がコンビを組んだ名作のリメークだけに、評価のハードルは高い。

 四の五の言わず、織田は「踊る」に復帰した方がいいのではないか。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

世界陸上は視聴率的には大当たりで合格ライン、しかもTBSは億という収入を上げたそうですよ。「踊る」を安易にやらない織田裕二に私は賛成です。いかりやさん亡き後、同じモチベーションで作品を作る事が難しいと思うし、逆に何作も続編を作って面白くない作品にはして欲しくないです。織田裕二が俺様なのではなく、「踊る」という作品を大事にしてるんだと思います。「椿三十郎」の映画も、世界の黒沢監督と三船さんの作品。森田監督から切望された役とはいえ、もの凄いプレッシャーと戦いながらの撮影だったようです。織田裕二はリスクがあっても臆せず新しい事、人がやらない事にどんどん挑戦する役者なんです。だから、20年もの長い間飽きさせないで、第一線を歩み続ける事ができるんだと思います。

2007/9/16(日) 午後 9:04 [ whi*e1*c*lor* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事