完覇! 超記録!!

カンパを中心に自転車についての小ネタです。 モバイルPCネタも少々あり。

全体表示

[ リスト ]

ピナレロ オペラの改造箇所その2を披露する前に、以前紹介しました、
究極のチューブラータイヤの市販バージョンを入手出来ましたので、
あらためて紹介させていただきます!

以前の記事はこちら↓
https://blogs.yahoo.co.jp/yh4415jp/13936484.html

SOYOシームレスロードCR

CRとはConfortRacingの略で、文字通り快適なレーシング
タイヤです。発起人である私自身が命名しました!

乗り心地はおそらく世界一!

「そんな事断言できるの???」とおっしゃる方が殆どでしょうが、
このタイヤを製品化するために、沢山のライバルタイヤに試乗しました。
クレメンクリテリウムセタ、チャレンジクリテリウム、ヴェロフレックス
クリテリウム、ビットリアコルサEVO−CXとCX LITE、
デダトレオリンピコ、コンチネンタルグランプリ4000、FMBコットン
TEC、同ソワエ…

名だたる決戦用チューブラータイヤをテストした結果に基づいて、
シームレスロードCRの快適性はピカ一と言わせていただきます!!

天然素材を使用し一本一本手作りされておりますので、お値段の方も
世界一になっちゃいました… 1本26,250円(税込み)

定価507,000円のカンパボラ2に装着した場合、タイヤ価格との
比率は10.36%、定価13,183円のシマノWH−R500にビットリア
ZAFFIRO僑押ぃ械隠葦漾淵船紂璽峭み)を装着すると比率は35%
この比較現実的ではないと思いますが、世界一を自負するタイヤですので、
世界一のホイールと組み合わせれば、そんなには高くないかも知れません。

さて、到着したパッケージを開けて見ましょう。


イメージ 1

専用のダンボールケースに入って来ました!


イメージ 2

一本ずつ、丁重に布製のカバーが装着されています。


イメージ 3

「おぉ〜!」製品版のロゴマーク「カッコイイ!!」
カラーが白と赤なのは日本の国旗の色を意識しているのでしょうネ!!


イメージ 4

何と!専用の穴無しリムに装着した状態で出荷されています!!
何故ここまでコストをかけるのか…

実はこのタイヤ、シームレス構造を採用しているため、裏側に縫い目が
ありません。

それがしなやかで快適な走行感を実現している訳ですが、反面欠点でも
あり、折りたむと変なクセがつきやすいのです。
競輪用のシームレスは折りたたんだ状態でパッケージされており、装着の
際に縦振れが発生し易く修正に苦労する場合が多々あります。

元の状態がそんなに振れている訳ではありませんので、私の提案通り
リムに装着した状態をキープして出荷されているのでした。
専用のパッケージを作るより既存のリムを利用した方が、コストダウン
出来たようですね!

これで装着はバッチリかと思います。


イメージ 5

先ほどタイヤを覆っていた布製カバー、白い方は市販品「タイヤぱんつ」、
黄色っぽい方がこのCR専用品です。


イメージ 6

プロトタイプ靴離屮薀奪バージョンと並べてみました!
最終テストはあの「キング師」の元で行われ、トレッドとフラップを強化し
市販に至ったと聞きました。


イメージ 7

プロトタイプ靴離好ンサイドバージョンも加えて撮影です!

汚れやすい!と言う理由でブラックバージョンが市販されましたが、
オーダーメイドでスキンサイドを入手する事が可能です。
クラシックロードにはやはりスキンサイドは不可欠ですよねぇ!!
先程も言いましたように天然素材を用いた手作り品ですので、
製造後の熟成に最低2ヶ月程度を要します。
オーダーされる場合は3ヶ月程期間を見て下さいネ!

発売と同時に購入すべきでしたが、何せプロトモデルがノントラブル
なものでして…
220gの軽量タイヤに重量級の私が乗っても大丈夫です。
耐久テストも兼ねていますので、気遣いなく、むしろ乱暴に扱っても
まったく問題はありません。
ホント、素晴しいタイヤだと思います。

でも一番困るのは、一度使うと止められなくなる事でしょうか…

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

う〜〜ん、タイヤでしたか...

以前記事にアップされてたから、もしやとは思ったのですが・・・

先にがーみん云っちゃったからなぁ〜〜

リムにはまった状態で出荷されたタイヤは、自分のお初です!
(リムは、あとで穴あけしてくれるんでしょうか^0^)

2009/8/13(木) 午前 4:27 [ - ] 返信する

凄い発送方法ですね〜〜!
出荷するために、リムにはめる作業も相当な物でしょう。
機械ではめ込んでいるのでしょうか? それとも手作業?

こんなにいいタイヤなら、ビード付フラップが待ち遠しくなりますね 。
このCRには、重くなるからダメですね・・・

2009/8/13(木) 午前 6:52 Shiningmoon 返信する

顔アイコン

dolphine214take様
まだ2箇所ありますよ〜☆

リムの穴あけは注文の際、穴の開いたリムを
指定出来ると思いますヨ!
確認しときます!!

2009/8/13(木) 午前 7:40 [ 完覇超記録 ] 返信する

顔アイコン

Shiningmoon様
このタイヤ、競輪用も含めて手作業で作られています。
驚くほど正確に黙々と、まるで機械のように作業して
おられるのです!!

残念ですが、ビート付フラップはもう生産出来ないそうで、
仮に作るとしても、全てゼロから準備せねばならず、
膨大なコストが・・・

まだ装着していませんが、市販品の改良型フラップも
かなり良いと聞きました。
(装着したらレポートします!)

2009/8/13(木) 午前 7:47 [ 完覇超記録 ] 返信する

顔アイコン

圧巻ですね〜!!!
今の時代に、ここまでして最高のチューブラを開発、販売しようというSOYOさんの心意気に敬服いたします。
製品のレベルだけでなく発送から梱包まで何から何まで考え尽くされているのですね。素晴らしい。
リムに嵌めてあるということはユーザーがリムに嵌める時に一部に無理な力をかけてタイヤにダメージを与える心配もありませんね。

カンパボラなどの高級ホイールを持っている人にはぜひ、バンバン使ってSOYOさんの心意気に答えてほしいものですね〜。
タイヤの耐摩耗性(寿命)はどのくらいのレベルでしょうか?

2009/8/13(木) 午前 9:35 [ コルサ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは!
気になりますね!でも、ちょっと高いです・・・
でも、欲しかったりして(笑)
チューブラーの取り付け1回しかした事ないですが、
初心者にも嵌められますかね??

2009/8/13(木) 午後 8:19 [ ride a bicycle ] 返信する

顔アイコン

コルサ様
耐久性の件、あくまでも競技用タイヤと言う事で、
判断をお願い致します。

プロトタイプ2は昨年の2月からテスト走行を開始し、
1回あたり20km程走って、現在は600km程度。
わざと道の荒れた所や、砂利の上を走ったりして
トレッドは荒れ初めていますが、まだまだ行けそうです。

プロトタイプ3はちょうど1年ぐらい、こちらも500km半ばを
越えました。同じく、荒っぽい乗り方をしていますが、
今だにトラブルは有りません。

超軽量タイヤでもあり、100km程度の距離なら5レース
ぐらいは使えそうだと思います。

なにより乗りゴゴチを体感していただきたいです!!

2009/8/13(木) 午後 9:23 [ 完覇超記録 ] 返信する

顔アイコン

ride a bicycle様
リムテープを使えば、初心者でも比較的簡単に貼れると思います。

リムセメントならば速乾性のヤツより、SOYOトラック用の
白いヤツの方が貼りやすいです。

一番大切なのは、最初に空気を入れ過ぎない事です!
入れ過ぎると、はめ合いがキツクなりバルブと反対側を
必要以上に伸ばさなければならず、縦ブレが発生してしまいます!

製品に丁重な図解入りの解説書がいますので、それに従えば
大丈夫だと思います。

もしご購入の際はご連絡下さい!!

2009/8/13(木) 午後 9:32 [ 完覇超記録 ] 返信する

顔アイコン

ほ、欲しい・・・最近になってひさびさにチューブラーを使い初めて(ヴェロフレックス・クリテリウム)改めてチューブラーの良さを知ってしまった。しかし、こっち(アメリカ)で販売している所を見つけましたが、1本$499.99!買えません・・・やはり輸送料が掛かるんですかね?日本に帰るまでお預けです。詳しいインプレを待ってます。

2009/8/14(金) 午後 1:25 [ blu*bak*100* ] 返信する

顔アイコン

blu*bak*100*様
はるばるコメントありがとうございます!

アメリカへも出荷したと言う話聞いております!
しかし1本499.99ドルになるとは…
19日迄遠征しておりますので、装着は月末に
なりますが、レポートさせていただきます!!

2009/8/14(金) 午後 9:03 [ 完覇超記録 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事