これは、野澤武史さんのラグビー上達プログラムです。

このプログラムを試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

野澤武史は170cmと小柄な体ながら慶應伝統の「魂のタックル」で相手を倒し、ファンを魅了したラガーマン。現在は慶応義塾大学ラグビー部ヘッドコーチとして、後進の指導をしています。

たとえラグビー未経験でも、皆さんの指導によって今まで1回戦敗退が当たり前だったチームが、勝ち星を増やしていき、強豪校に勝利するのです!そのために、野澤武史が現役時代から指導者として、今まで培ってきたノウハウを皆さんにご紹介致します。

タックルが苦手だから、人の走ってこない方へ移動してしてしまう。当たってもかてないから、ボールが回ってこないところにわざとポジショニングしてしまう。もし、こんな経験のある方にはこのDVDは大きな手助けとなるはずです

このDVDで紹介するのは、実践する人によって効果の早さは変わりますが、初心者でも、どなたにも結果を出せるスキルアップ方法です。

ラグビーの戦術、戦略は突き詰めれば個と個とがぶつかり合う局面に帰結します。そこで相手に一歩食い込めるのか、それとも食い込まれるのかのせめぎ合いが、ひいては勝敗に直結するスポーツです。このDVDは、そうした局面にフォーカスを当て、いかに局面の勝負に勝つかを追求したものでラグビーのプレーを分解し、起こりうる様々なシチュエーションで対面に勝つ「コツ」を中心に紹介しています。

味方はどこにいる?横、後ろ、近く、遠く?そして相手はどこにいる?どこにだって自由自在にパスができるように、いろいろな種類のパスの練習法をお教えします。

オフェンスでの当たりやディフェンスでのタックルといったコンタクトプレー。そこで自分の力を100%相手に伝えるためには、どうすればいいのか?また相手の力をうまく逃がすには、どうすればいいのか指導します。

ラグビーでは、ボールの継続、ボールキャリアスキルが重要になってきます。具体的な練習方法を含めてコツをお教えします。アンブレラディフェンスでの動きのコツも解説します。これを見て、自分のプレーに活かしてください。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、決して頭がパニックになることはありません。各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

野澤武史が接した日本代表選手たちも、普段の個人練習で取り入れている練習方法で男女や年齢はもちろん、体力に自信のない方でも簡単に上達できる方法です。仕事や学校が忙しく時間があまり取れない方でも、少しずつ実践していくことにより、上達できるようになります。


>> 野澤武史【ラグビー上達革命】のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事