私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

件の蔵書寄贈問題に関わる意見表明を先日一旦終了しましたが、その後メール等で数件のお尋ねをいただきました。その中には、仮にも理事会案が否決され、協会所蔵図書の寄贈先が白紙に戻されることになった場合、この問題に関わる今後の日本考古学協会員の金銭面での負担はどうなるのか、もっと明確に示して欲しいとの強い要望がありました。

仰せの通りです。たしかに会員の皆さんにとって、もっとも知りたい問題はここでしょう。そこで現在公開されている資料から関係部分を拾い出しつつ、私のわかる範囲での試算を紹介します。

まず本年3月22・23日に市川考古博物館からナガオ倉庫へ図書を搬出した、その搬出に関わった経費については「覚書」に沿って全額セインズベリー日本芸術研究所が負担しております(協会会報?鷂170、21頁L7参照)。それが白紙に戻されることになるわけですから、その払い戻しを求められるのは必定です。

輸送費がいったいいくらかかったのかは不明ですが、私の自宅での書籍の運送費を念頭におけば、最低でも150万円ぐらいはかかったでしょうね。それに当日は先方の職員が日本に派遣され立ち会っています。それに関わる渡航費と滞在費の払い戻しも道義上は想定しておかなければなりません。

次に本年4月以降の蔵書仮保管庫代ですが、現在は「覚書」に沿って寄贈先のセインズベリー日本芸術研究所が負担しています。本年11月にお断りして日本考古学協会の負担に戻すとなると、とりあえず56,684冊の保管費用として、今年度は997,920円を追加計上しなければなりません(協会会報?鷂170、22頁L33参照)。これらを合わせると概算で250万円から300万円、というところでしょうか。

しかし頭の痛いのはここから先です。本年4月以降、セインズベリー日本芸術研究所は日本において寄贈図書の目録(ないしカタログ)作成準備を進めています。これも「覚書」に則った対応で、研究所の職員をイギリスから派遣して、また日本人の臨時雇用を前提としての作業に着手し始めたようです。こうした目録作成準備や作業にかかった経費がどれほどかは見当もつきません。あなただったら、どの程度を見積もりますか? 

もちろん「覚書」を締結するにあたってイギリスからお越し頂いた役員や担当者の渡航費用も念頭に置く必要がありますね。本件も日本考古学協会側の都合でキャンセルとなれば、相応の補填を求められるはずだからです。

仮定上の話しですが、もしあなたが先方の担当者であったとしたらどうします?日本考古学協会を相手に損害倍賞請求の訴訟を起こすはずですよね。いままでの経費が全部キャンセルとなり泡と消えるわけですから。

あるいは訴訟にいたらなくても、相応の損害を補填する道義上の義務を日本考古学協会側は負うわけですから、こちらとしても応分の出費は覚悟したうえで先方にお詫び申し上げなければなりません。

仮に2名の一般職員の往復渡航費(エコノミー往復割引利用)に日本での滞在費、目録作成準備関連経費(学生の臨時雇用2名8時間勤務20日間)だけを想定し、1ヶ月を費やしたとすれば、科研費の費目計算式を乱暴に当てはめてみた場合ですが、これだけで180〜200万円ほどの計算になりますね。

先の250〜300万円を加算してみますと、要するに今年度だけで、私のごく雑駁でかつ先方からの請求額を最低に見積もった計算でも、430〜480万円をセインズベリー日本芸術研究所への損失補填および倉庫代として今年度中に支払わなくてはならないことになります。

これだけで年間の全事業経費の1割強を占める計算になります。目録作成準備が軌道に乗り始めていたとすれば、その分だけ先の金額の掛け算になります。仮に訴訟となれば、もちろんその間は支払う必要はないでしょう。しかし断言できますが、訴訟となれば必ず負けます。ですから訴訟に関わった経費を上乗せした負担を被ることも覚悟しなければなりません。

さて賠償金をどうやって支払うか、ですね。もちろん現理事会に瑕疵はないものと私は確信しています。にもかかわらず会員総意のもとで理事会の判断が覆されることを想定するわけですから、当然全会員に応分の負担をお願いするのが筋です。基金の切り崩しと若干の会費増でしょうか。

さらにこれだけでは終わりません。「海外放出反対会」の要求を見ますと、寄贈要項に国籍条項を入れ直してセインズベリー日本芸術研究所を予め不適格とし、国内限定公募をやり直すという、単なる出直し公募だけでは済まないのです。

実はここからが大事な部分なのですが、実効性のある国内限定再公募を行う場合には「海外放出反対会」も明言するとおり「『一括寄贈』についても改めて検討する余地がある」(会告<資料2>下から3行目)わけです。そうしない限り現行の寄贈要項のまま出直し公募をおこなったとしても、応募先は国内では見つからないのです(つまり、彼らもそのところは充分に知っているのです。だからこの一文が挿入されているものと捉えるべきで、ここは非常に重要な文言なのです)。そしてこの一文が示唆するのは、2009年度の総会決定事項にまで遡及して、その白紙撤回と修正が必要であること、それを意味するのです。

早稲田大学での総会決定にまで遡って白紙撤回する手続きですから、当たり前のことですが現理事会は面食らいますね。慎重にも慎重を重ねての手続きを余儀なくされることになります。ですから再度方向性が確定するまでには相応の時間を要するのです。最速でこのような手続きをし直す場合を以下に想定してみましょう。

2011年度総会で要項の修正動議を諮り、承認された場合には2011年度に再公募を実施。2012年度総会で寄贈先の承認を経て2012年度中に寄贈手続きとなる。という手順でしょうか。最低でも3年間は時計の針を逆戻りさせなければならないのです。仮に私たち現理事が次回の臨時総会で全員解任されて理事選挙がやり直され、「海外放出反対会」のメンバー主導の理事会が立ち上がって早急に手続きをし直したとしても、ですよ。新理事会の独断ででも事を進めない限り、2011年度内には絶対に決着がつきません。

となると、です。貸し倉庫代は最低でも来年度分と再来年度分は必要になります。今後997,920円×2年度分で、概算200万円は図書の貸倉庫代として計上しなおさなければなりません。

最低でも以上のような、余分な出費を今後私たち日本考古学協会員は覚悟しなければならないわけです。「とりあえず日本国内に留めおくことで結集しませんか」との標語があるようですが、この標語が意味するところは、金銭面での多額の損失を誘導することなのです。

さて、ここまでは単純に金額の問題でした。もう一つの時間の問題についても触れておきましょう。「海外放出反対会」のメンバーの中には、現在の寄贈予定図書の目録さえ整ってないことに憤慨し、日本考古学協会の怠慢さを糾弾する方がいます。日本考古学協会独自で文献資料センターを開設せよ、との声もあります。

後者については声を上げているご当人でさえ実現性を信じていない夢物語でしょうから無視して差し支えないものとしても、前者の声、つまり、蔵書の目録ぐらい日本考古学協会で作りましょうよ、との要望が採択された場合はどうでしょう。

その目録づくりに関わる経費負担と、それに要する時間待ちを、会員のみなさんにお願いしなければなりません。大規模な図書館でも2年くらいはかかる作業です。それを協会側でおこなったとして、国内に限定されるであろうところの新たな寄贈先で寄贈図書の利用が可能になるのは、最速でも5・6年は先になるものと予測しておく必要があります。だとすれば2015年度ですよ。そのとき、あなたはどこでどうしていますか?

そのいっぽう、現行のセインズベリー日本芸術研究所に丸投げお任せ状態のまま、ただ待っていさえすれば、2年先、つまり2012年度には蔵書の目録がほぼ揃うのです。日本文と英文で、です。日本の研究者には最大限のサービスが約束された上で、です。すべて現行の寄贈要項(2009年度総会決定事項)に沿って、それを実現すべく先方は現実に動き始めてくれているのです。

さてどちらが損得勘定の上で現実的でしょうか。日本考古学協会員にとって望ましいのでしょうか。こうした部分を充分にご考慮いただき、是非とも賢明なご判断を、と切に願うところです。

閉じる コメント(14)

顔アイコン

議会と衝突ですよね。
まだまだ日本はこうですからねえ。

2010/9/30(木) 午前 3:29 [ saku449 ]

顔アイコン

そのような衝突にならないことを切に願っています。異例の臨時総会ですから、理事会案が可決されたとしても、学会としての今後の運営にはしこりが残るでしょうが。

2010/9/30(木) 午前 11:02 [ flyingman ]

顔アイコン

周囲を見ていると否決される可能性もかなりありますね。
極端にいうと、私は本がどこに行こうとどうでも良くて、それがどうデジタル化され、ネットにのってみんなが利用できるようになるか、ということに関心があります。だからこそイギリスに行くほうが良いと思っていました。
したがって、否決された場合の協会の惨状はともかく、そのあとどこかの行政の倉庫で報告書が腐っていくのでは困る、どうやったら情報共有できていくのか、それが反対だけ上手な連中に可能なのか、そこが問題だと感じています。

2010/9/30(木) 午後 9:14 [ 岡安光彦 ]

顔アイコン

北條さま、ご無沙汰しております。私もこの事案について、拙い私的な思考をブログ上にて公開しています。北條さんの本日のエントリーのような効果とコストとリスクのシミュレーションがこの案件の思考には不可避と感じています。

2010/9/30(木) 午後 11:01 [ 溝口孝司 ]

顔アイコン

お二人ともご無沙汰しています。ご指摘のとおりかもしれません。ごく近しい方のなかにも署名に賛同だという方がいて唖然とさせられました。

問題は事後処理のシナリオを描けないことです。
溝口さま、時折ブログを拝読しています。どうかkado君をよろしく。

2010/10/1(金) 午前 9:04 [ flyingman ]

顔アイコン

私はこの問題でもっと大きく考えることが必要です。今から7500年前私の住む九州は鹿児島の巨大火山の爆発でほぼ全滅状態になりました。これがもし現在の日本で起きたら日本の歴史的遺産はどれだけ保存出来るか疑問です。恐らく被害総額は大東亜戦争の10倍以上の被害が出ます。その時は何時起きるかはわかりません。しかし日本は専門家によれば3000年に1回の確率で起こるそうです。
これからは真剣に日本の貴重な遺産を海外保管することを検討するべきです。

2010/10/17(日) 午後 9:41 [ yur*usu*a*sar* ]

顔アイコン

コメントいただき、ありがとうございます。イギリスに避難させる途は絶望的に閉ざされたと考えたほうがよいでしょう。さらに、巨大火山が生じて現在の住民が死滅したら、そこの文化財が残ることになんら意味はない、とのご意見が多数かと思い知らされたところです。

さらに客観的にみた場合に検討すべき問題は、日本考古学協会所蔵図書を最優先で避難させるに足るだけの蔵書かどうかです。コレクションとしての唯一性を主張される面々の論理は「経緯の特殊性」です。協会ににとって、しかも協会が生きている間にだけ通用する価値感なのです。つまり人類史上の文化遺産としての普遍的価値は度外視。要するに普遍性への問いかけは無価値であることを表明しているのですから、そのようなコレクションが客観的な基準にどこまで耐えられるかどうか。今になって不安を覚えます。

2010/10/17(日) 午後 11:34 [ flyingman ]

顔アイコン

ご覧になった方もおられるかと思いますが、さきほどNHKテレビのニュース解説で、毛利和雄さんがこの問題を取り上げて解説しておられました。
私は一アマチュアに過ぎませんが、10/16の総会で否決されたのは驚きでした。このように金銭感覚のない人達に我々の納めた税金を今後一円たりとも使って欲しくない、というのが私の気持ちです。

2010/10/19(火) 午後 2:26 [ どんたく ]

顔アイコン

誠に申し訳ありません。臨時総会については理事会の説明不足と会員への情報提示が不十分であったと、結果責任を受け止めております。今回の問題で世間様をお騒がせする事態になりましたこと。5月の決議事項があのような形で覆った事実について、誠に申しわけなく思います。とはいえ、投票くださった会員の半数近い賛同を得られた事実も、また重いと受け止めています。日本考古学協会の会員のすべてが金銭感覚に疎いわけではない、というところをお汲みとりください。

2010/10/19(火) 午後 3:10 [ flyingman ]

顔アイコン

flyingman さん、
> 日本考古学協会の会員のすべてが金銭感覚に疎いわけではない、というところをお汲みとりください。

はい。そのことはよく承知しているつもりです。
今回の蔵書寄贈に反対している方々の中には、アマチュアの私でも名前を知っているような有名な方々もおられるようですが、こういう方々もこのような金銭感覚の持ち主だったのかと驚いているところです。

2010/10/19(火) 午後 6:41 [ どんたく ]

顔アイコン

金銭感覚よりも報告書への愛着が勝った結果だと思います。確かに報告書の刊行のために自腹を切ってやりくりした世代からみれば、今回の理事会決定は「寝耳に水」だったと思います。会報で逐一条件や手続きの順序はお知らせしたはずなのに、海外に放出される結果になるとは予想だにせず。というところでしょう。さらに世代の問題もあるかと。高齢でも悠々自適の先生方に加え、「会費2万円にすべきだ」とまで言明される方々があちらのリーダーでしたから。相応の収入が保証されている世代だとお見受けします。

理事会は金銭面の問題をも加味した上での選択だったのですが、金銭負担を度外視してでも国内に留めおくべきだ、との主張が勝ったのですから、どうしようもなく。その意味では、たしかに感覚の差です。

理事会も苦渋の選択を強いられたわけですが、その選択が、ここまでの反発を受けるとは予想できなかった私たち理事会側にも、当然落ち度があったといわざるをえません。陳謝です。

2010/10/19(火) 午後 11:06 [ flyingman ]

顔アイコン

10/19(火)午後にNHKテレビのニュース解説で考古学協会蔵書寄贈問題が取り上げられたということを昨日申しあげましたが、その放送内容が下記のブログに掲載されていることが判りましたので、ご紹介します。

“ NHK解説委員室 ブログ ”
で検索してみてください。

2010年10月19日 (火)
スタジオパーク 「揺れる日本考古学協会」

というのがあります。
関心のある方はご覧下さい。

2010/10/20(水) 午後 2:29 [ どんたく ]

顔アイコン

古来日本には、「嘘をつくのは恥」、「約束を破るのは恥」という「恥を知る」という文化があったと思います。

今回考古学協会で起きた問題では、「文化財」というモノだけにこだわり、「恥を知る」という心の文化を忘れているのではなかろうかという思いがいたします。

協会の内輪では色々揉めたにしても、外に対しては「信義を重んずる」ということを基本にし、「さすが日本は『恥を知る』国である」と賞賛されるような振る舞いをしていただきたい、というのが私の思いです。

2010/10/20(水) 午後 3:00 [ どんたく ]

顔アイコン

嘘をついた、というより会員を謀ったのは理事会であるとの認識が蔓延しましたので、署名活動と臨時総会開催請求があり、このたびの開催となった次第です。ですから多数の会員から理事会に向けて「恥を知れ!」との猛攻撃があるものと予測し、相応の覚悟で理事会側は臨んだのに、本番では閑古鳥が鳴いていたものですから、開かせといて来ない、という無責任さに対し「恥を知れ~」と独り吠えているわけです。それとて負け犬の遠吠え。決して誉められたものではありません。

2010/10/20(水) 午後 11:18 [ flyingman ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事