私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

新学期が始まって以降も表題の問題への見解を長々と書き連ねてきました。妻からは「長すぎる文章は誰も読まないよ」との真に的確な忠告を受け、実家の母からも、私の激昂ぶりを気遣う電話を受けました。仰せのとおり、そんな暇はないことを自覚し、この問題への言及を収束させることにします。

手短に、を心がけて…。

私は協会所蔵図書の寄贈にあたり、応募要項に国籍条項を示すことなく開かれた公募を実施した日本考古学協会の賢明さを讃えます。さらに国内から一件も応募がなかった事実を前にしても、公正を期し、2009年度第75回総会決定事項に沿った手続きを、遅滞なく進めた前理事会の葛藤と苦悩を共有しました。私はこの間の経緯に立ち会えたことを誇りに思います。
                                           以上

閉じる コメント(6)

顔アイコン

お気遣いをしてくれるお母様がご健在なのですね。
すばらしい!
で、文章を短くします。
先生の、立場と考えを理解します。
以上です。先生の誇りは共有できると信じています。

2010/10/1(金) 午後 9:47 [ つかま ]

顔アイコン

お心遣いと励ましのお言葉をいただき、誠にありがとうございます。
とはいえ、最近寄せられる情報やご意見によれば、私などは協会自体から除名されるべき筆頭候補だとの声もあるらしいと聞きました。反対論者の理事会側へ向けられた怒りは強く、かつ増幅されているようです。

いわく「見方を変えれば旧石器ねつ造問題より重大で背信的な暴挙」への積極的加担者なのだそうです。こうまで言われると、やはり辛いですね。

長野県で独り暮らしをしている母は元気です。時にブログをみては、息子の家庭の様子を見守ってくれています。

2010/10/2(土) 午前 2:04 [ flyingman ]

顔アイコン

日本考古学協会の会員の1人として理事会の案を支持します。理由は以下の通りです。
1.会員の貴重な会費と時間を、これ以上浪費してほしくありません。
有限な会員と有限な会費から成る日本考古学協会に出来ることもまた有限です。第一に取り組むべきことは、研究の推進と考古学を志す人が安心して打ち込める体制、目に見えな仕組みの構築とそれへ向けて提言・議論することと考えます。若い人が、過労でなくなったり、辞職したり、自殺しないような仕組みが求められていると考えます。
2.韓国考古学会では図書を収集・保管していませんが、研究の推進に支障はありませんし、埋蔵文化財の保存や調査体制の問題などに真剣に取り組んでいます。
3.私は今回の理事会の案は、危機を好機に変えると考えます。

2010/10/5(火) 午後 1:17 [ 武末純一 ]

顔アイコン

ご無沙汰しております。武末先生からも建設的なコメントをいただきましたこと、真に恐縮です。と同時に、現実的なところを見据えるべきだ、との勇気づけられるご意見の表明には深く感謝申し上げます。

とはいえ、関東方面ではこうはいきません。居住地は近いのに、理事会側と反対有志の会に属する会員との間の情報共有がうまくゆかないことが原因なのでしょうか。臨時総会が近づいた現在、私の周辺では、風当たりが強まるばかりです。

なによりも恐怖を感じるのは、今回の騒動から距離をおく会員や現状追認でもよいと考える方々が決議行使書を送付しないで済ます事態です。この点、反対有志の会の側は積極的でしょうから、組織の一般的構図そのものの基本法則において理事会側は既に不利な立場にあることです。会員の総意を問うわけですから、是非とも総会欠席の場合には決議行使書を投函していただくよう、お願いしたいところです。先生の周辺の会員の方々にも、お声掛けいただければ助かります。

2010/10/5(火) 午後 11:59 [ flyingman ]

顔アイコン

北條様、拙ブログにおける私の公開思考につきコメントをいただき、ありがとうございます。私も、臨時総会まで、日本考古学協会会員の一人として、思考という形での意見表明をつづけます。

2010/10/6(水) 午前 1:24 [ 溝口孝司 ]

顔アイコン

溝口孝司さま、コメントありがとうございます。相変わらずの独特な語り口に懐かしさを憶えましたが、今回の記事は非常によく整理されていて、私のような超俗物で苛立ちを隠せない心理状態の者にもわかりやすく、助かりました。若い世代の方々には、むしろ溝口さんの冷静な語りの方が通じるものと思います。

なお妻に叱られながら真夜中にアップした10月6日付けの記事についても、差し支えなければ是非お取り上げください。

2010/10/6(水) 午前 2:52 [ flyingman ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事