私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

全体表示

[ リスト ]

若葉マークの学部長業

イメージ 1

実際に体験することになろうとは予想もしていませんでしたが、この4月から文学部長業をやっています。仮に「学部長体験イベント」などがあったとすれば、そしてそれに参加したとすれば、まず全力で拒否していたはずだと思います。

他大学の場合はどうか知りませんが、連日文字通りの雑務の山と対峙しなければなりません。4月と5月は週6日勤務(朝9時過ぎから夕方9時前後まで)でしたし、翌日曜日もイベント続きで休日とは無縁でした。そうやって雑務をこなし山をなんとか乗り越えたかと思えば、ただちに次の仕事が舞い込んできて、息をつく間がありません。

きっと世の中間管理職とはこういうことを指すのでしょうね。こなしていらっしゃる方々は本当に偉いと思います。

私と同世代の友人の多くも行政機関であったり会社組織であったりと、職種はさまざまですが、同じような中間管理職に就いていますので、そういう役回りが巡ってきたことを、それはそれで“良し”としなければならないのかもしれません。

しかし私の場合は考古学研究に邁進することでこの立場に居るはずだとの思いが強いものですから、研究に割く時間が取れない状態が日常化するという事態はけっこう深刻です。若葉マークゆえの焦燥感かと思うことにして、当面は辛抱するつもりですが、こうした日常が「痛い」のも確かです。

もちろん昨年度は学部長補佐でしたから、学部長業がいかに大変なのかについては充分に予想はついていたはずですし、広い部屋が与えられたことは喜ぶべきだと確かに思います。それにいつ電話が掛かってくるかわからないので、ゼミは学部長室でこなすことが多くなりました。これまでの倉庫かと思えるような狭偎研究室でのゼミに比べると、はるかに広いし椅子も心地よいし、ということで授業環境の変化を喜んでいるゼミ生もいるかもしれません。

明日も(正確には今日も)朝から打ち合わせと会議三昧で、開放されるのは夜の9時以降であることが目に見えています。

確かに外形上は優雅な立場だと思われるでしょうね。しかし実際に体験してみて思うのですが、世の評価と実態とは絶対に整合しないし、その不整合を目下体現している一人が私であるに違いないと踏んでもいます。まったく参りました。1日も早く、少なくともこの若葉マークモードからは気持ちのうえで卒業したいと切に願う昨今です。

なお写真は記事の内容とは無関係な、とある瀬戸内地方の大型前方後円墳くびれ部の状況です。ここまで遺りがよいと、築造時の様子がなんなく再現されることになります。こうした現地調査に飢えている昨今だといったほうが、より正確だと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事