私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

私は現在、日本考古学協会理事の末席を汚しています。ご承知の方も多いと思いますが、去る5月におこなわれた総会の「報告」の場で、協会所蔵図書の寄贈先に反対の声が上がりました。総会の場ではそのまま収束し緊急動議の声などはあがらなかったものの、その後活発な署名活動が展開され、現在は「日本考古学協会蔵書の海外放出に反対する有志の会」(以下「海外放出反対会」)が立ち上がるとともに、彼らの要請に従って来月16日には臨時総会が開催される運びとなり、理事会案の可否が問われる事態にまで立ち至りました。

協会のHPに掲載されている7月30日付けの「反対有志」(「海外放出反対会」の前身)による「日本考古学協会理事会見解に対する私たちの意見」をご参照ください。要するに私は、この文書のなかで悪口雑言罵詈讒謗よろしく指弾されまくっている理事会側の当事者の一人です。ここまで口を極めて糾弾された以上、黙っているわけにはいきませんので、私個人の責任においてコメントを記すことにします。

まず不可思議なのは、7月30日付けの文章を糾弾されている側から読めば、現理事会への不信任決議案のほうが相応しいものと受け止められる内容であるのに、そうではなくて現実の要求は理事会案の白紙撤回にとどまることです。

とりわけ項目4の「議決に至る経緯についての重大な疑念」では、まるで前理事会がセインズベリー日本芸術研究所への寄贈をあらかじめ織り込み、そのような方向へ誘導したかのような疑念が表明されています。よくここまで詮索できるものだと感心してしまいますが、ともかく前理事会ないし現理事会側への重大な不信以外のなにものでもありません。

したがって、なぜ不信任決議でないのか、という不可思議さを前提にして、そこに無理矢理理屈をつけるとすれば、次のようになるのでしょう。つまり「海外放出反対会」は、5月に行われた総会決議の無効を要求するが、総会を仕切った前理事会の不信任案などは現時点では無意味であるため、今年度5月の総会決議を踏まえて粛々と手続きを進める姿勢を変えない現理事会の図書寄贈問題にかんする行動だけを規制する。しかしいっぽう、その他の諸々の理事業務は現理事会にお任せしますから、どうぞ従来どおりよろしくやってくださいね、ということになるのでしょう。
そのような提案だとしか理解できないのですが、もしそうだとすれば、現理事会のメンバーを相当馬鹿にした話しですね。7月30日付けの悪口雑言のありようをどうか顧みていただきたいものだと思います。開示された論調を素直に読めば、常識的には現理事会の解任ないし解散を叫ぶのが筋ではないでしょうか。

ちなみに現理事会はあくまでも5月の総会決議に拘束されています。そうでなくては理事会の暴走になりますから。その意味においても「反対有志」による文面は重大な問題を孕んでいます。

問題箇所を引用しますと「署名者数は最初に協会に提出した時点ですでに総会員数の1割を超えており、誰もが想到する臨時総会開催の要件を満たしている。しかし、私たちはここまであえてそれを求めることをしなかった。なぜなら、それによる協会内部の亀裂と学会としての求心力の低下を恐れるからである。また、マスコミなど協会外部に働きかけることも、思いとどまった。社会問題化する以前に理事会自らが謙虚にその原点に立ち返って欲しかったからである。また、理事会の自浄能力に期待したからでもある。だがこの『見解』に接してみて、私たちの自重、理事会に対する配慮や期待は、意味がなかったといわざるを得ない」(協会HP当該文書から)。

問題はこの引用文の後半の部分です。このような主張は、それこそ笑止千万ものだといえましょう。仮にも現理事会が、彼らが期待したという「自浄能力」なるものを発揮して、総会決議と矛盾する方向を模索しようものなら、それこそ理事会の横暴以外のなにものでもありません。学会運営の根幹を理解していらっしゃらないのはどちらでしょうか。

だからこそ、総会当日に記した私のブログでも「緊急動議」はありだったのに…と記述した次第です。もし緊急動議が提起され、それに応じた議決がなされれば、現在のような事態は回避できたはずなのです。それをせずに今になって声を上げる、というのも誠におかしな話しです。

さらに先の引用文の前半は、この時点では「脅し」の意味で挿入されている将来への懸念ですが、現在では、その後彼らが実際に行った行動の予言ともなりました。つまり現在の「海外放出反対会」は臨時総会の開催に持ち込んだことによって「協会内部の亀裂と学会としての求心力の低下」を主体的に導く途を選択し、「マスコミなど協会外部に働きかけ」を行ったことによって社会問題化を誘導した張本人にもなったわけです。それがどのような結果を招くのかについての自覚ないし期待を明記したうえで、です。恐れ入りました。

では今後はどうなるのでしょうか。あくまでも私個人の勝手な見立てですが、放出に反対した方々の行為は「日本考古学と文化・文化財保護行政に取り返しのつかない不利益をもたらした者として、末代まで広く記憶されるであろう」(協会HP当該文書から)側に立ったと推測いたします。もとより「広く記憶される」ことがあるか否かについては、保証の限りではありません。

お断りしておきますが、悪口雑言罵詈讒謗を投げかけられた側の当事者からは、この程度の応答があっても許容の範疇かと判断いたしました。ですから当該文書を執筆した面々にはご容赦いただくことにしましょう。

次に、7月30日付け文書に記された項目4の「議決に至る経緯についての重大な疑念」について、私が承知している範囲での事実関係を記しておきます。私が1期目の理事になった2008年度、就任直後に開かれた理事会で協会図書の寄贈問題が話し合われたとき、一括寄贈を前提とし、かつ今後も総会が開催されるごとに増加する図書類(この時点では今後も協会は図書の寄贈を受け続けることが前提だったように記憶しています)を、国内で受け入れる先などみあたらないであろうとの心証を抱いたのは事実です。現在の大学の図書館の状況を踏まえての心証です。

当然ながら、はたして具体的な受け入れ表明の事実があるのかどうか。この点についての質問が出され、担当理事から、セインズベリー日本芸術研究所からの打診があるとの報告を受けたのです。

その報告を受けて、ならば「積極的に海外への寄贈を進めるべきだ」と主張したのは私自身でした。日本の貴重な「文化財」を救済するためにこそ、との趣旨です。日本国内が図書の取り扱いにかんする構造的な<氷河期>に襲われている現在、それを国内だけで防御しようとしても所詮は無理があります。むしろ海外に拠点を移すことのほうが危険の分散になると考えたからです。幸い1遺跡の報告書は最低でも300部はありますし、学術雑誌類も数百部以上のストックがあるはずですから、そのうちの1冊を寄贈という形で海外に避難させることは、なによりの保険になると考えたからです。

日本の国内に置いていたのでは、現実の埋蔵文化財に対してですら廃棄が叫ばれている昨今ですし、報告書の「死蔵」状態もたびたび指摘される現実ですから、報告書が「焚書坑儒」の憂き目にあう可能性だって充分に考慮すべきでしょう。その一部をイギリスに避難させ、そこでの活用を実現させることで、50年後100年後に救われることを目論む方が文化財の保存に資するに違いない。そう考えた次第です。

このとき念頭にあった実例はマンローコレクションの環頭形石製品です。102年前にスコットランド博物館に避難されていなかったとしたら、それを贋作だと決めつけた当時の権威的日本人考古学者の元で、もみ消され抹消されていた可能性が大であったと推測します。そうした過去の歴史的事実を踏まえての発言でした(興味のある方は、北條芳隆2001「環頭形石製品の再評価」『日本考古学』第11号をご参照ください)。

しかし私の意見は、はなはだしい暴論だといって厳しい反対意見と糾弾に晒されました。それは予想に反して厳しいもので、たちどころに数名の前理事からの怒気を帯びた叱責および反論を受けたのです。要するに私一人を除く前理事会の方々の大多数は、そのとき、国内への寄贈を暗黙の大前提にしていたことを痛みと共に思い知らされた次第です。この事実について証言いたします。現在の「海外放出反対会」の中には、このときの理事会に出席なさっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。このやりとりを知らないかのような詮索ぶりを発揮されていますが、どうぞ裏を取ってみてください。

さらに私の意見への強い拒絶反応を受けて、このとき「寄贈先を国内に限定する旨の国籍条項を入れましょうか」との再提案も実際にありました。しかし受け入れ先が見あたらない可能性や、国籍条項を付すことによる閉鎖性を指摘する意見もだされ、議論は収拾が付かない雲行きになりました。そのため私は「現実に可能性の高い国外からの申し込みも充分に担保される形での募集を図りませんか」と申し上げた次第です。私が記憶している限り、前理事会での協議においてセインズベリー日本芸術研究所への誘導があったとしたら、上記の私の発言が最たるものでしょう。

その後、複数の理事の方々は国内の機関への働きかけを従来以上の危機感をもって模索したとも伝え聞いています。もちろん当時の総務理事を含めてです。それでも国内の機関で最終的に応募手続きに踏み込むところは皆無であった、というのが事実です。

さらに申し添えます。2009年10月に山形で開催された理事会の席上、申し込みの期限までに具体的な応募にまでこぎ着けたのはセインズベリー日本芸術研究所だけだった、という白井理事からの報告を受けたとき、理事会全体は非常に重苦しい雰囲気と沈黙に包まれました。菊池会長を始めとする総務理事の面々が苦渋の表情を浮かべていたことを鮮明に憶えています。

唯一の積極的推進発言をおこなったはずの私ですら、まさか本当に国内からの応募が一件もないことは予測していませんでしたので、この重い事実を前にして、一言も発言できませんでした。こうした事実関係については特に強調しておきたいと思います。

そのような次第ですので「反対有志」による7月30日付け文書の項目4「議決に至る経緯についての重大な疑念」は事実無根の詮索以外のなにものでもありません。海外放出への誘導があったとして責められるべき前理事がいるとすれば、おそらく私一人だけでしょう(続く)。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事