私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

表題は東北大学で来週開催される空間史学研究会の国際シンポジウムです。奈良女の小路田さんつながりでお知り合いになった日本思想史の佐藤弘夫先生の紹介により、私もこのシンポジウムに出席して話をさせていただくことになりました。

私の報告内容は、といえば、業界筋でもっぱらオカルト考古学扱いされている、たとえば坐東朝西の空間設計の話や、黄泉国は山中だ、といった趣旨のものですが、他のお二方は海外からのご参加。どのようなシンポジウムになるのか、非常に楽しみです。

プログラムの概要は下記のとおりです。

空間史学研究会 第4回シンポジウム 冥界の深度と意匠――死後世界のコスモロジーとその諸相をめぐって

Depth and Design of the Otherworld: Studies on Cosmologies and Other Aspects After Death

主催:空間史学研究会
共催:東北大学大学院文学研究科、東北大学大学院工学研究科都市・建築学専攻空間文化史学分野

開催趣旨:死後の世界とは一体どのようなものであろうか。古今東西において、人々はこの不可視の世界を多彩に想像し続けてきた。仏が居住する清浄な「浄土」、地下の泉を語源の一つとする「黄泉」、永遠の安息が得られる「天国」などはその適例であろう。宗教や思想、組織や集団、時代や地域の別により、じつに多くの死後世界が生み出され、語り継がれてきたのである。
 興味深いことに、各様の死後世界は、地上や地下などさまざまな「深度」に具体的な空間として定位され、しばしば事々物々の「意匠」を纏ってきた。では、これらの空間は、どのようなコスモロジーや制度に接続し、「深度」と「意匠」が選択されたのであろうか。
 本国際シンポジウムでは、死後の世界に刻み込まれた社会と文化の記憶を、古今東西の具体的な空間の諸相をもとに解きほぐしてみたい。

講演題目・講師:
1.仏教伝来以前の他界観とランドスケープ
 ――日本列島初期水稲農耕民社会と巨大前方後円墳の場合
  北條芳隆(東海大学・考古学)
2.新彊の舎利埋納と空間
  冉万里(ラン ワンリ)(西北大学・考古学)
3.リビア・サプラタ遺跡の墓廟とフェニキア=カルタゴ人の死後世界
  Benedetta Bessi(ベネデッタ ベッシ)(ローマ・ジョン・カボット大学・考古学)

コメント
  佐藤弘夫[東北大学・日本思想史]
  長岡龍作[東北大学・東洋日本美術史]
  芳賀京子[東北大学・西洋美術史]
通訳
  芳賀満 [東北大学・考古学]
司会
  野村俊一[東北大学・日本建築史]

開催日時:3月19日(水) 13:00
開催場所:東北大学 川内南キャンパス文学部第一教室(文教大教室)

・本シンポジウムは平成26年度東北大学大学院文学研究科長裁量経費に基づいています。
・終了後、18:00より懇親会を開催予定です(文系食堂内ルポー)
・ 通訳あり

私が今回のシンポジウムにお誘いを受けて、強く惹かれたことのひとつが、考古学では使わない語彙が軽妙に駆使されていることです。「冥界の深度」とか「意匠」とかの表現を、考古学ではなかなか使えませんし、思いつきません。さすが美術史や建築史畑の方々だな、と感心させられますし、今度使ってみようかな、とも考えはじめています。そして強い印象を抱いたふたつめがポスターのデザインと色味です。語彙といい、デザインのセンスといい、どちらも、とても素敵ですし、垢抜けしていて羨ましいですね。

ちなみにポスターの背景上段の写真は、奈良県唐古・鍵遺跡から撮影した春分の日の出です。龍王山520mピークからの日の出となるのです。ようするにこの遺跡から数百年間にわたって見つづけられた春分・秋分の日の出の情景が、のちに大和東南部古墳群の中心軸線を規定することになったと考えられるのです。暦の起点は冬至の日の出で、三輪山が指標だったでしょうが、春分と秋分は暦の中間点ですから、中心軸線にはふさわしかったのでしょう。

東の山が選ばれる理由は、こういうところにあったのだ、と確信させられたときに撮影したものです。

このシンポジウムでのプレゼンが、私にとって今年度最後の発表になります。とはいえ今週末には茨城県のひたちなか市での市民向け講演会ですので、気が抜けません。そうはいっても、どちらも最近考え始めたテーマに直結した内容ですから、楽しませていただいていることには代わりありませんし、お呼びいただいて光栄です。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事