私的な考古学

丹沢山麓で考古学を学ぶ学生諸君との対話

日常

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

若葉マークの学部長業

イメージ 1

実際に体験することになろうとは予想もしていませんでしたが、この4月から文学部長業をやっています。仮に「学部長体験イベント」などがあったとすれば、そしてそれに参加したとすれば、まず全力で拒否していたはずだと思います。

他大学の場合はどうか知りませんが、連日文字通りの雑務の山と対峙しなければなりません。4月と5月は週6日勤務(朝9時過ぎから夕方9時前後まで)でしたし、翌日曜日もイベント続きで休日とは無縁でした。そうやって雑務をこなし山をなんとか乗り越えたかと思えば、ただちに次の仕事が舞い込んできて、息をつく間がありません。

きっと世の中間管理職とはこういうことを指すのでしょうね。こなしていらっしゃる方々は本当に偉いと思います。

私と同世代の友人の多くも行政機関であったり会社組織であったりと、職種はさまざまですが、同じような中間管理職に就いていますので、そういう役回りが巡ってきたことを、それはそれで“良し”としなければならないのかもしれません。

しかし私の場合は考古学研究に邁進することでこの立場に居るはずだとの思いが強いものですから、研究に割く時間が取れない状態が日常化するという事態はけっこう深刻です。若葉マークゆえの焦燥感かと思うことにして、当面は辛抱するつもりですが、こうした日常が「痛い」のも確かです。

もちろん昨年度は学部長補佐でしたから、学部長業がいかに大変なのかについては充分に予想はついていたはずですし、広い部屋が与えられたことは喜ぶべきだと確かに思います。それにいつ電話が掛かってくるかわからないので、ゼミは学部長室でこなすことが多くなりました。これまでの倉庫かと思えるような狭偎研究室でのゼミに比べると、はるかに広いし椅子も心地よいし、ということで授業環境の変化を喜んでいるゼミ生もいるかもしれません。

明日も(正確には今日も)朝から打ち合わせと会議三昧で、開放されるのは夜の9時以降であることが目に見えています。

確かに外形上は優雅な立場だと思われるでしょうね。しかし実際に体験してみて思うのですが、世の評価と実態とは絶対に整合しないし、その不整合を目下体現している一人が私であるに違いないと踏んでもいます。まったく参りました。1日も早く、少なくともこの若葉マークモードからは気持ちのうえで卒業したいと切に願う昨今です。

なお写真は記事の内容とは無関係な、とある瀬戸内地方の大型前方後円墳くびれ部の状況です。ここまで遺りがよいと、築造時の様子がなんなく再現されることになります。こうした現地調査に飢えている昨今だといったほうが、より正確だと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014年度の卒業式

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

翌日から調査出張を入れていたため、記事のアップが前後してしまいました。3月24日には本年度の文学研究科の学位授与式があり、S本君に博士(文学)が、H君に修士(文学)の学位が授与されました。おめでとう。

また、翌25日には学部の卒業式がありました。現学部長からよく見ておくように、と言われ、私も初めて体育館で開催された本番の卒業式に参列しました。4年前には震災の影響もあって、入学式をおこなえなかった学年ですので、他学部の同級生と一同に会する機会は卒業式だけという状態で、気の毒に思います。スケールの大きさを実感するには良い機会かと思いました。

その後の証書授与は、例年どおり14号館で挙行しました。私が学年の担任でもあったことから、23名の卒業生に証書を授与させていただきました。皆さん、卒業おめでとう。

謝恩会では、例年どおり「考古学エレジー」を歌わせていただきました。この歌を私に教えてくれた吉留さんも今は亡く、私自身も歳を食ってしまったことに、少しばかりの“悲哀感”と諦観を込めて、です。

そして私自身も4月からは、考古学専攻を半ば卒業したかのような状況になります。研究室はそのままですが、廊下の斜め向こうにもうひとつの執務室があり、当面はそこの住人となることに。学部全体の世話焼き役を命ぜられました。卒業生や修了生諸君と同様に、私にとっても節目となりそうです。

そんなこともあって、無理矢理、徳之島出張に向かったというわけですが、予想外の収穫だったものですから、気持ちは若返っています。雑務に埋没せずに今回のテーマは絶対にモノにしてやる!と意気込んでもいます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

季節の変わり目に

イメージ 1

田舎の母が「この季節は嫌いだ」と常々口にしています。もう23年も前になりますが、弟が死んだのが3月5日でしたから、看病の末にその甲斐もなく身内を亡くした悲しみが、梅が咲くこの季節を嫌いにさせたのだと思います。

再び、なぜか弟の死んだ日のことが思いおこされます。あの時はちょうど徳島で前期古墳の測量調査をおこなっていて、地権者さんのお宅から電話だと呼び出しがあり、出てみれば妻の声で、弟の死を知らされました。学生も居たので夕方までは現場を止めるわけにもいかず、妻は一足先に東京に向かい、私は仕事を終えてから東京に、そして長野に、と…。

不思議です。吉留秀敏さんが亡くなられたのも3月5日でした。2年前のことです。そして昨日、再び九州から訃報が届いて驚かされました。田中良之先生が亡くなられたとのこと。お二人とも少し早すぎませんか。

大分県上ノ原横穴墓群の発掘調査のさいに、吉留秀敏さんのお宅でご一緒したのが最初でしたよね。当時は医学部解剖学講座の助手というお立場で、「お前の師匠である近藤義郎先生の若かりし頃と同じ身分たい!」とおっしゃられたことをよく覚えています。

確かにあのときは横穴墓内の埋葬骨の観察にお越しでしたから、さすが骨の専門家なんだと感心しながら脇で見ていました。魚料理もお好きでしたから、吉留邸の居候だった私は、数日間滞在なさった田中先生に煮魚のコツを教えられました。そんなことも思い出されます。

その後は偶然のいたずらでしょうか。私自身も3年間でしたが医学部第1解剖学講座の助手を経験することになりました。もちろん、田中先生とのあまりの落差に幾分恥ずかしい思いをしています。私の場合は、比較するならむしろ師匠側でしょうか。医学部の仕事などとは無縁の考古学だけでしたから。

15年前に、当時はまだ若かった3人で本を書くことになり、その事前の打ち合わせで九州にお邪魔したさいにも、励ましてくださいました。まだ充分に応えられていませんのに、残念です。

明日は日帰りで博多に出向きます。きっと吉留さんのときの悲しさを思い出しながら、となるでしょうね。母の言うように私もまた、この季節が嫌いになりそうです。

開く コメント(0)

年末の集中講義

イメージ 1

イメージ 2

先週は愛媛大学での集中講義に行って来ました。愛大の専攻生も博物館学の集中と重なってしまったようで時間の配分が大変だったようですが、23日午後から26日午前までの15コマのうち、出席可能なコマを受講していただきました。

正規の受講生と、研究生や院生には全時間お付き合いいただきましたが、どうだったでしょうか。私の最新の研究成果を披露することになりましたので、困惑の度を深めたのか、あるいはその逆か、ニュートラルには聴きがたい内容だったかと思います。

また忘年会を兼ねた歓迎会には下條信行先生までもがお越し下さり、恐縮致しました。何分にも12年前までは同じ四国に在住していたこともあって、古巣のごく脇に帰って来たような錯覚さえ覚えました。それも手伝って、2次会では村上恭通さんと唄って踊って叫びまくって、と、かつてのノリではしゃぎましたので、翌日の講義は声が出ない状態。完全に声帯が潰れていました。

ともかく私の話を聞いていただいた皆さんや、呼んでいただいた村上恭通さんに感謝します。2014年の師走も、締め括りは講義で終えることになりました。

記事を書いてから写真を探しましたが、まともな写真は忘年会での集合写真のみで、唯一使えそうなものは2次会で谷若さんと合流したときの1カットだけ。他は完全にブレブレでした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全く!何してるんだか

イメージ 1

イメージ 2

 と、夕食後にはこのところ毎晩イラストレータに向かう妻に呆れ顔でつぶやかれています。

マッサン効果の余韻でしょうか。冷ややかな妻の視線を気にはしつつも、我が家に備蓄されたウィスキーの「品評」を小茄子川君と二人で開催した際の選考結果がこうなりました。定番のアイラモルトは(ピート臭の強さゆえに、あまりにもクセが強いため)今回の選考対象からは外すことにして、という前提条件付きですが、小茄子川君のお母さんが私の誕生日に送ってくださったニッカのシングルモルト「宮城峡12年」(現在は品薄状態で貴重!)がどこまで美味いかを試すことにしたのです。

前列の左が最上位で、右が最下位となりました。結果は堂々の一位。

「宮城峡12年」は、さすがに旨い酒です。二人の評は「グレンリベット18年」に全然負けていない、との結論となりました。後者のボトルは、じつは今月末に愛媛大学に集中講義でお邪魔する際の手土産のつもりで買っておいたものですが、他のボトル共々、つい事の成り行きで開封してしまいました(田崎さんと村上君には別の酒を用意します。あしからず)。

ただし今回の「品評会」で学んだことがあります。ショットグラスでチビチビと飲み比べてみても、5・6杯目からは舌がしびれてきて、どれも似たような味わいに感じられてしまう、違いがわからなくなる、という事実です。

その結果「スーパーニッカ」と「響12年」の違いがわからないし、値段では1/2程度の前者の方が旨く感じられる、という、そんな次第となりました。サントリーよりニッカを贔屓しているわけでもないのですが、ようするに二人ともウィスキーの味を語る資格などないってことです。

ただ意外だったのは比較的好きだったはずの「オールドパー」がもっと下位に沈んだことです。返す返すも意外でした。ちなみに最下位の「teacher's」は 燻製用に買い足したもので、前任者は「ブラックニッカ・リッチブレンド」でした。

マッサンもようやく本筋に戻ったようで、少しは視聴率も回復するかもしれませんね。

開く コメント(0)

全70ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事