休日の楽しみ

ワカサギ釣りが始まります

全体表示

[ リスト ]

船でマコガレイ釣りをしていて気付いたことがあった。
どうもマコガレイは赤に反応するようだと。
徐々に赤のミラクルビーズ・赤の針・赤い天秤・赤いオモリにしてみた。
イメージ 1
マコガレイはよく釣れるのだが、道南の知内沖は水温が上昇してくると、外道のフグが多い。
軸が短い針ではフグに、針を丸ごと食べられて、針だけが無くなった仕掛けが上がってくる場面が多かった。
形状記憶をハリスにしたり、ザイロンをハリスにしたが今一つだった。
釣り仲間から軸の長い針が良いとアドバイスされた。
イメージ 2
それで、現在は軸長のカレイイレグの赤い12〜13号の針を使っている。
比較的マコガレイの食いは良い。
問題はこの針は魚を外しにくい点だが、逆に針掛かりは良いと言えるかも。
イメージ 3
この仕掛けでは赤いオモリを使っているのだが、釣具店でオモリを見ると圧倒的に赤く着色されたオモリが多い。
やはり、昔からカレイ釣りには赤が有効だったようだ。
この仕掛けは、水温が低い時のマガレイ釣りでも活躍してくれるのだが、苫小牧周辺のように大型のカジカが多い釣り場では、マガレイよりも先にカジカが釣れてしまうのが悩みです。
イメージ 4
次の仕掛けは八雲のふた海屋さんのマガレイ仕掛けを参考にして作成した。
金色のビーズに金色のチヌ針4号を組み合わせています。
天秤は軽いものを釣具店で見つけたので、それを組み込んでいます。
イメージ 5
先日涌元漁港沖のマコガレイ釣りにも使ってみましたが、赤い仕掛けと遜色ないぐらいに釣れました。
少し潮が濁っているときに有効な気がします。
カジカが多いときのマガレイ釣りに試してみる予定です。
イメージ 6
この仕掛けに金色のオモリを組み合わせるのはやり過ぎかな。
ハリスは以前はホンテロンの4号を使っていましたが、最近はフロロの4号にしています。
ホンテロンのハリスが少し硬いようなきがします。
ハリスは上針が5cm・下針が7cmです。
モトスの号数は試行錯誤してみてください。
イメージ 7
画像では解りにくいですが、ビーズはモトスを8の字結びと、セキ掛けで止めています。
セキ掛けは瞬間接着剤で固定しています。
イメージ 8
カレイの仕掛けは毎年のように作り変えていますので、これが最終形式でないのですが、参考までにブログにアップしておきます。
 
宜しければポチッと応援お願いします

閉じる コメント(18)

月曜日にチカ釣りに行くかもです。

2014/11/20(木) 午後 5:14 COOPER 返信する

顔アイコン

初めまして う〜ん・・・釣りの世界も奥が深いですね。小さい頃伝馬船で海に出ていました。今は、釣りはしないのですが時々ブログに立ち寄らせてもらいます。

2014/11/20(木) 午後 5:22 [ 進撃の流木 ] 返信する

顔アイコン

凄いクオリティーに圧巻です。私は買ってきた物をそのまま使う事が多く、こんなのを見ると釣果に差が付くのは納得です。

2014/11/20(木) 午後 6:00 [ 夫婦釣り ] 返信する

顔アイコン

北遊人 さん こんばんわ〜

おとなしい仕掛けですね、こっちの投げの仕掛けは過激ですよ

でも、私はこのくらいが好きですね、
トラブル防止が釣果につながると思いますから、ナイスです!

最近はキスでもそうですが、
シンカーで興味を引くようにしています。

2014/11/20(木) 午後 6:23 [ - ] 返信する

> COOPERさん
そろそろチカ釣りも最盛期に入ってくるのでしようか。
爆釣を祈っております。

2014/11/20(木) 午後 6:23 北遊人 返信する

顔アイコン

> 進撃の流木さん
初めまして。
釣りも嵌ってしまうと、奥が深いですね。
山の中の育ちですので、小さい頃は馬橇と馬車車の世界でした。

2014/11/20(木) 午後 6:26 北遊人 返信する

> 夫婦釣りさん
仕掛けを作るのに部品を集めますが、買った方が安い場合もあります。
サビキ仕掛けも作って見たいのですが、中々ハードルが高いので難しそうでする

2014/11/20(木) 午後 8:02 北遊人 返信する

顔アイコン

> 投太郎さん
ハデハデの船カレイ仕掛けも持っていますが、最近は出番が全くなかったです。
派手目にすると外道がうるさかったです。
船のオモリの種類もかなりの種類と量を持っていますが、カレイ釣りで自信が持てるのは赤とパールホワイトぐらいでした。

2014/11/20(木) 午後 8:24 北遊人 返信する

顔アイコン

色々作るのと試すのは楽しいですよね
知り合い方とやる時もこれはボツだわとか これいけると思ったら
コッソリ使ってるとか・・・
毎回勉強して進化ですよね。

2014/11/20(木) 午後 9:41 道北のへぼ釣り師りゅうじん 返信する

顔アイコン

> 道北の釣り師りゅうじんさん
知り合いと情報交換しながら楽しめるが一番です。
意外性もありますので、時々知り合いに使ってもらいながらの試行錯誤です。
釣りの楽しさの一部でもありますね。

2014/11/20(木) 午後 10:08 北遊人 返信する

カレイ=アカは定着したようですね。
いろいろ仕掛けを試してみることは余裕の表れです。
同じ仕掛けで同じ釣りを繰り返していても良い時とダメなケースがあるように思います。
釣れなかった時に、どういう工夫をしたら良いのか考えることは大切なことですね。
自分は、釣行前に当然竿や仕掛けを点検していますが、まだ仕掛けの改良までには至っていません。
ただ魚を釣るだけではなく、どんな仕掛けが有効なのかを研究することは究極の釣道なのかも知れませんね。

2014/11/20(木) 午後 11:35 shuutan 返信する

アバター

おはようございます。

魚は生物学的には色盲だと言われますが、釣りの仕掛けやエサの色、ルアー、フライの色によって、やはり、釣果に差が出るように思います。

これは色による光の反射率や遮蔽率の関係なのか、はたまた、本当は魚に色が区別できるのか、不思議に思います。

2014/11/21(金) 午前 8:33 [ 聖いがぐり魚釣団 ] 返信する

顔アイコン

> shuutanさん
仕掛けの作り方にも色々な考え方があると思いますが、実際に釣り場に持ち込んでの試行錯誤が楽しいです。
あくまでも実践が裏づけにあります。
実釣のない仕掛けは、あまり信用しませんね。
釣れない時には仕掛けの確認が出来ないので、適度に釣れる時が望ましいですが、中々難しいです。

2014/11/21(金) 午後 2:44 北遊人 返信する

顔アイコン

> 聖いがぐり魚釣団さん
ある程度の水深になると魚は色の区別が出来ないとか、ある色は水深が深くなると見えないとか・・・
色々な説があるようですが、あくまでも実践・実釣で確認しながら仕掛けを改良しています。
理論の裏づけも大事なのでしようが、まずは釣って見る実践が優先するように思えます。

2014/11/21(金) 午後 2:49 北遊人 返信する

顔アイコン

自分で色々と工夫をした仕掛けで釣果が上がると嬉しさ倍増ですね。

2014/11/23(日) 午後 1:42 山女太郎 返信する

> 山女太郎さん
ともすれば、釣れない方向で仕掛けを作っている場合もありますので、注意しなければなりません。(爆)
この辺りは自作している場合におちいりやすい迷路でしようか。

2014/11/23(日) 午後 3:48 北遊人 返信する

友人に仕掛け作りのマニアがいます。
あれこれ作っては 試してくれとウチの船に置いて行きます(笑
自分の釣り方に仕掛けを合わせる人
仕掛けに合わせた釣り方をする人それぞれでしょうが 自分は前者なので結局いつもの仕掛けで落ち着きます(笑
状況によって替える部分と言えば モトスを記憶合金かより糸か…
位でしょうか。
特に目立った装飾も無い シンプルな仕掛けを好みます(*´ω`*)

2014/11/24(月) 午後 10:35 [ “sylphy”シルフィー ] 返信する

> “sylphy”シルフィーさん
紹介はしていませんが、目立つようなビーズを全く入れていない仕掛けも作成してあります。
形状記憶とより糸の仕掛けはほとんど出番がなくなっています。
モトスが単糸の仕掛けが今の私の仕掛けの特徴です。

2014/11/25(火) 午前 4:13 北遊人 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事