休日の楽しみ

ワカサギ釣りが始まります

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

人気のある遊漁船なので、中々予約が入れられずに2週間前に予約を入れていた。
天候は最高の釣り日和で夜半には風がほとんど落ちた。
午後10時出船予定だったが9時20分ごろに湯の川漁港に到着すると、すでに半数の方が乗船していた。
左側ミヨシから2番目が空いていたので、狭いながらゆったりと座れたので道具を運んだ。
9時40分には全員が揃ったようで出船した。
さほど走らないで函館山沖の80mラインでシーアンカーを入れてからの流し釣り。

船が止まって合図があり180号のオモリで7本スッテの仕掛けを落とし込む。
スッテは誘ってから仕掛けを止めて待つと聞いていたので、75mで待っているとマイカが乗った。
2年ぶりのマイカ釣行なのでうれしさも格別だった。
夜はスッテ仕掛けが良いと聞いたので、評判が良かった白に赤い腹巻の夜光スッテと、赤いヘッドに緑の夜光スッテをアクセントに入れてみた。
予想に反して、赤と緑のスッテばかりにイカが乗った。
また、ネットで釣ったイカを袋詰めすると扱いやすいと聞いたので画像のような袋を取り寄せて、釣れたら袋詰めした。
イメージ 1
釣っているうちに、仕掛けを目的の棚まで入れて二三度誘いを入れてから置き竿にするとマイカが乗ってくれ、一杯目が乗ったら超スローで巻き上げると追い食いするのが解った。
追い食いしたら巻き上げ速度を早くして取り込んだ。
足元のプラスチックのザルにマイカを入れて海水と墨を吐かせてから袋詰めしていた。
イカの釣れる速度が速いので袋詰めが追い付かなくなり、時折サメがイカの足だけを残して食べられたり、カンナの部分まで持っていかれた。
この日は上層から30mまで30cmのマサバが多くて、時折スッテを飲み込んでしまっていた。
残酷ではあるが、口をはさみで切り開いてスッテを回収した。
持ち帰って味噌煮にして食べたマサバは脂が乗っており美味しかった。
14時になった時にかなり強い引きがあり、電動リールで無理やり巻き上げると仕掛けの真ん中から切れた。
サメであれば横に走るので、もたついていると隣の方とオマツリしてしまうので、この場合は無理をした。
既にクーラーに収まらないだけ釣っていたので、その時点で竿をたたみましたが、まだ午前2時でした。
この時点で70杯のマイカを釣っていた。
イメージ 2
結局午前4時で船は沖上りでしたので、竿を畳んでからは隣の釣り人と話をしながら釣れ具合を見ていたが、最後まで釣れ続いていた。
久しぶりにマイカ釣りを堪能した。
帰宅して、あちこちにマイカを配ってから午後までダウンしていた。

宜しければポチッと応援お願いします
イメージ 4


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事